旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



今週の野外活動、先週に続き立山 -2013.11.24(日)

室堂平をゆく -2013.11.23(土)
                          快晴ほぼ無風な中、では行きましょう  2013.11.23(土)

先週に続き立山にスキーに出かけました。 今週は、富山の他に、大阪から4名、愛知から2名の方々も来ておられ、みくりが池温泉一泊二日と云う豪華版です(^^)  

ひょんなとこで、すずちゃんも日帰りながら立山に行くかもな情報入り、初日だけ同行。
日帰りすずちゃん -131123(土)

まずは宿に荷を置き身軽に。
まずは山小屋受付済ませる -131123

今日の立子ちゃん。
見た目静かで落ちついてる様ですが前日まで続いた降雪であちこち雪崩の巣です。
今日の立子ちゃん -131123(土)

なので、行き先を室堂山(標高2668m)としました。  室堂山、国見岳方面。
室堂平より室堂山、国見岳方面 -131123(土)

雪に閉ざされたみくりが池。 
雪に閉ざされたみくりが池-2013.11.23(土)

観光はここまでにしてビーコンチェックし斜面に入ります。
では斜面に入りますか -131123(土)

で、室堂山山頂(^^)・・・標高2668m。 そして、お決まりな北アルプスの絶景拝む。
室堂山からお決まりですが -131123(土)

シール外しバックル締めて滑走準備。
室堂山、滑走準備中 -131123(土)

緩やかな斜面ひと滑りし絶景眺めながら途中休憩。
ドロップ前休憩中1-131123(土)
ドロップ前休憩中2-131123(土)
只今休憩中なり -131123(土)

と、みいさんまっちゃん提供、ボジョレーヌーボー。
今年のヌーボー、ふくよかで芳醇なる逸品、すばらしい味でした。
ボジョレー・ヌーボー2013 -131123(土)


と、目の前ほぼ真っ逆さまに見える急斜面スキー登行してくるつわもの登場。 おっとご近所の村上くんでした。 それも今日3本めやと(@_@;)  ん~あっぱれ、すばらしい身体能力。
ご近所村上くん1-131123(土)
ご近所村上くん2-131123(土)


で、適度なふっかふかいただき、宿に戻りました。 ひとっ風呂浴びさっぱり。
程なく立山の夕暮れがやってきました。
立山の夕暮れ時1-131123(土)

静かで好きな時間です。
立山の夕暮れ時2-131123(土)



夕げが始まりました。
みくりが池温泉、楽しい夕げ1-131123(土)

みくりが池温泉、楽しい夕げ2-131123(土)

部屋に戻り懇親はつづきます(*^_^*) 楽しく愉快なみなさん、ありがとうございました。
楽しい仲間たち-131123(土)
愉快な仲間たち -131123(土)




同日私たちと同じ山スキーヤーが、僕らの目の前の真砂岳で発生した雪崩に遭い、残念ながら7名命を落されました。 リスクの無い登山などありませんし、雪山取分け山スキーというのはハイリスクな世界です。 が、それと引き換えにその先には殊の外すばらしい世界が待っているのも感ずるところです(やってる者にしか分かりませんが)。 しかしながら、事実こうして大惨事が起きてしまった以上、ご本人ならびにご家族の方々の心中を思いますと言葉がありません。 同志として、心よりお悔やみ申し上げますと共にご冥福をお祈りいたします。 合掌。 

また、私に対しまして各方面よりご心配いただきました。 誠にありがとうございました。


今週の野外活動、スキー始動・立山 -2013.11.17(日)

今日の立山 -2013.11.17(日)
                                       今日の立山  2013.11.17(日)

どーもうちで道具あれこれ準備してみても実際現場でどーなん?って思うので、とりあえず行ってみるかなな山スキー・シーズンインであります。 現場は立山、単独行・・・つか行けば人は一杯います^^;  兼用靴に自分の足型慣らしながらシールつけて登り、シールに金具にストックの状態、そして装備に忘れはないか等々あれこれ確認です。 好天味方につけ天空のまったり散歩とも言います(*^_^*)

雪煙あげる立子ちゃん、、、何かヤなことでもあったの?^^;
雪煙上げる立山 -131117(日)
雪煙上げる立山2 -131117(日)

若いもんらもがんばって登っています。 ガンバです。
みんながんばって登るのだ-131117(日)

と、自分シャドー。 雪が積もるとがぜん元気になりますちゃ(*^^)v
雪積もりてうれし(^^) -131117(日)


室堂山(標高2668m)からお決まりの山岳風景。 ここからの眺めは北アの横綱級、すばらしい。
室堂山より北ア -131117(日)

風強く体感温度低く寒いので、さっさとシール剥がし、では今シーズン初滑り。 ん~がちゃんとかかと入れ板走らせる瞬間、もうたまんないっす(*^^)v  で、凹凸こなし急斜面に入る所で振り返ると、天女が舞い下りるかのごとき彩雲が現れました。 思わず釘づけになり見入りました。 神々しかった。
彩雲現る-2013.11.17(日)

まだ岩は埋まりきってなく目に見えるものに見えないもの、あれこれ地雷がおいでおいでと待ち構えていました。 一度激しくイッちまいましたです、あーあ( 一一)  とは言え、板は走った。 一本ではありますが快適滑降楽しめました。
こんなとこも結構ありました -131117(日)

で、風を避け安全地帯にて休憩。 ぽかぽかとはいかないが、然程寒くもなく一級の山岳地帯に身をおき、ゆっくりしました。 あーちあわせ~!(^^)!
ターミナル見下ろし休憩 -131117(日)

今日の滑走面。 自分が滑ったのはもう少し右側ですが。
今日の滑走面,もう少し右ですが -131117(日)

室堂ターミナルのバス乗り場にリセッシュがあった。 この時期スキー登山者が多いとは言え観光客もおられます。 今日の僕は汗ばむことすらなかったですが、登山者って一般的に汗臭いもんね、中高年男性は特に( 一一)  ありがたい(*^_^*)
室堂の駅にリセッシュがあった -131117(日)


今日は天候崩れるとの予報だったので(山は特にそういうこと先取りだし)、12時台のバスで早々に下がりました。 温泉浸からず(帰宅し入浴しましたが) ガソリン入れ車洗って帰宅してもまだ3時前。 天気は案外持った、そして試してガッテン・あれこれ確認できた。 反省点としては、日帰りスキー登山として火口以外フル装備したつもりで出かけたのですが、リーシュ忘れました。 気をつけなきゃです。 板つけて山登りそして滑って下がる、スキー登山ってまーよーはそれだけなんですが、文字や口では語れないいいもんがあるわけ。 あーおらが立山に遊んでもらった半日でした。


燕岳初冬(標高2763m) ・・・2013.11.10(日)
  
  燕岳山頂にて -2013.11.9(土)
            燕岳山頂(標高2763m) 槍ヶ岳をバックに   2013.11.9(土)

初冬の燕岳に出かけました。 この山この処カイザーベルク穂高から登山口まで12㌔歩いての12月ってのが2度続いてたのですが、久しぶりに中房温泉まで車を入れての山行…らくち~ん(^^)  そして今回は天候にも恵まれ9年ぶりに山頂に至ることができました。 同行あやこ。 

少しでも長く山旅に浸りたく、金曜夜に道の駅白馬まで車進めプチ宴会、のち車中泊。 朝ぼっとしながら1/3残るアプローチ車走らせ中房温泉登山口へ。そして登山開始。 今シーズン初めて雪を踏み、キンと締まった空気とても気持ち良かったです。 

合戦小屋からはほぼ雪道になりました。
合戦小屋 -2013.11.9(土)

と、燕山荘が見えてきた。
燕山荘が見えてきた -2013.11.9(土)

槍ヶ岳も見えてきた。寒冷前線迫り天候悪化が近いからか、峰々が大きく間近に感じた。
槍も見えてきた -2013.11.9(土)

日陰一部凍っている中、燕山荘に到着。
燕山荘到着 -2013.11.9(土)


受付済ませ荷物置いて、山頂に向かいました。 すぐそこに見えるが30分ほどかかる。
で、山頂に至り、まずは、で乾杯です(^^)
燕岳山頂、まずは乾杯 -2013.11.9(土)

あやこに、山頂表示に、向う正面に立山・剱岳が見えていた。
"とやまもん” は何処行っても、ついつい立山剱を探してしまう^^;
あやこ、燕岳山頂、立山・剱 -2013.11.9(土)

ことば要らない絶景、飽きない山岳風景が飛び込んくる。や~良い日だった。
燕岳山頂付近より -2013.11.9(土)


テン場の様子、そして燕岳山頂。
テン場の様子 -2013.11.9(土)


山頂から戻ってもまだ2時過ぎだったか?
遅い昼メシ、、、早い一杯(^^)
遅い昼メシ早めの一杯(^^) -2013.11.9(土)
 
で、ひと眠りしてから夕食いただきました。
夕食 -2013.11.9(土)

好物の杏仁豆腐。美味しかった(*^_^*)
好物な杏仁豆腐 -2013.11.9(土)

夕食を共にした方々。 若者二人とは消灯近くまで呑み話しし翌日は一緒に下山。
夕食共にしたメンバー -2013.11.9(土)

下山前にケーキセットいただく。僕はモンブラン。 山で過ごす時間は、いい。
コーヒーケーキセット 2013.11.10(日)

ではそろそろ行きますか。
出立前に -2013.11.10(日)

燕山荘にて-2013.11.10

下山は雪からしっかりな雨の中となりました。

下がって登山口の風呂でさっぱりし、同行の若者二方を穂高の駅まで送り、白馬まで北上し、林檎舎で蕎麦をいただいて帰黒の途に就きました。
白馬・林檎舎 -2013.11.10(日)


久しぶりに車中泊含めれば2泊3日旅の中に身をおいた。 あ~いい山旅だった。


タイヤ交換しました -2013.11.6(水)

タイヤ交換 -2013.11.6(水).

仕事から帰りスッタドレスタイヤに交換しました。 例年ですとこの時期北アルプスでは標高2000m超えなければ雪を見ることはないのですが、登山口へのアプローチ、日陰の峠道などで凍結してることがあり、このタイヤ換えもこの時期の山屋の風物詩、転ばぬ先の杖的登山装備なのであります。因みに去年は11/1、そして明日は立冬、暦の上では冬です。

と、余談ですが、タイヤ交換し横のスタンドへエアーチェックに行ったら、これまで売っていたはごろもが消えていた。あ~ショック~(-.-)


白鳥山(1286.9m) -2013.11.3(日)

白鳥山-131103
                                     白鳥小屋にて    2013.11.3(日)

久しぶりに白鳥山を歩いてきました。ルートは最もスタンダードな栂海新道上、坂田峠からのピストン。 メンバーはhシェフにたまちゃんにあやこと云う黒部のもん4人。 現場の様子備忘録。


坂田峠手前の駐車場(標高600m)に車停め、そろそろ行きましょう。
周辺には、やわらかな紅葉が広がっていた。
白鳥1-131103

いきなりの急登・金時坂の洗礼受けながら登行開始。
白鳥2-131103

白鳥3-131103

金時の頭で一本立て、のちシキワリで水補給し、落葉たっぷり緩やかで優しい登山道にいざなわれながら山頂に向かいました。 ん~ 秋山JOYだ~(^^)
白鳥4-131103

白鳥5-131103


白鳥山頂小屋に着きました。
山頂白鳥小屋着1-131103

白鳥6-131103


歩くこと山の中に居ること、是即ちこの上なき喜びなれど、ランチ休憩もやっぱ楽しみです(*^_^*)  各々が持ち寄ったもの広げて休憩です。 と、やはりhシェフの調理は殊の外楽しみ。 今日はシェフ特製お好み焼きでした。 以下メイキング。

シェフの料理ショーの始まり始まり~!(^^)!
ショーの始まり始まり~-131103

      たまちゃんも注射器調理グッズに持ち替えお手伝い。
      たまちゃん先生もお手伝い1-131103         

メイキング1-131103 メイキング2-131103 

メイキング3-131103 メイキング4-131103 

メイキング5-131103 たまちゃん先生もお手伝い2-131103 

              完成-131103
              ふっくら柔らかくそして優しい味で美味しかったよ(*^_^*)
              シェフ今回も、んまいもんたんとごちになりました、
              食材に調理器具にと、重いのに皆の為にありがとう。

あやこ提供三岳。芋焼酎にしては癖のないとても品の良い味わいにうっとり(*^_^*)さんきゅう。
三岳-131103


白鳥7-131103


こうして至福の時は流れ、ではそろそろ帰りましょう。
白鳥8-131103

近年は山スキーのフィールドとして入ることの多い白鳥山ですが(・2010年3月 ・2011年2月)、以前より通い慣れたこの山に久しぶりに秋に入った。落ち着いた山歩きに身も心も喜んだ。下山と同時に雨が降って来た。なんとか天気持った、ラッキー(^^)  雨の中車走らせ、たから温泉でさっぱりし帰黒。 みんな、さんきゅう。


今宵の晩酌 -2013.11.2(土)

娘のれんこんで一杯 -131102

2泊3日の出張から帰り、あらあら片づけ&洗濯終え、今宵娘メロディ作・れんこんアテに芋焼酎で一杯です(^^)  イングリッドはふ~ん(-.-)な感想でしたが、結構イケるよこれ(*^^)v  そして寒くなってくると芋焼酎恋しくなります。 香りが良いです。 と、つれづれに思うのが、性格が似てれば食べ物の好みまで、父と娘って似てるってこと(*^_^*) 息子たちより確かによく似てます。 そんな、身と心解き放たれる夜であります。 でもって、あー今年ももう2ヶ月切ったんだと溜め息ひとつな夜です。