旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



山崎豊子が亡くなった -2013.9.30(月)



山崎豊子が亡くなった。 氏の作品はどれも所謂社会派、それもブレの無い毅然とした体を成しており、惹きつけられるものが多い。 この不毛地帯は、私の父も4年間シベリアに抑留されてたので・・・父は料理上手で生き延び、日本に帰ることができました・・・興味深く観ました。 感動をありがとうございました。

トム・ウェイツの低く野太い乾いたエンディングの歌声は、舞台である極寒のシベリアに合っていたと思います。 と、こんなこと書いてると、自衛隊で神戸にいる次男坊は今頃どうしているのだろうと思ってしまいます・・・子には親の心配不要な訳ですが、異性より気を遣うのが子供です(^^ゞ





sara散歩、飛騨卯の花街道 -2013.9.29(日)

道の駅「桜の郷 荘川」 -2013.9.29(日)
                                 道の駅 「桜の郷 荘川」    2013.9.29(日)
                          好天に誘われ、多くの老若男女でにぎわっていました。

今日も良い天気でした。 立山室堂では紅葉が始まったと言ってますが山岳地帯の紅葉には一週間早い。 そして山には雨が降っても,つか吹雪いても出かけますが、バイクはそこまでモチ上がりません。 ならばと好天に背中押され、今日は兄貴・・・戸籍上は妹のだんなですが5つ上なので^^;・・・と一年ぶりにバイク一緒に走らせました。 雨が多く雪が降り積もる北陸ではバイク乗る機会は思ったより少ないのです(カブで買い物や雑用こなすいわばプロなお父さんやお母さん方は別ですが)。

コースはざっくり言うと、砺波まで行き156号南下、ひるがの高原まで、のち北上。 飛騨・卯の花街道経由360号線楽しみ猪谷で41に入り黒部に帰ったのであります。 比較的高地ゆえさっぱり涼しく、天気良くとても気持ち良かったです。

僕のsaraちゃんと兄ぃのハーレー 
兄ぃのソフティルとsara-130929(日)

バイクというマシンつメカって男心くすぐりますし、今日は秋晴れの中走ってると、幾度か金木犀の香りがしてきました。 バイクだと車より少し余計に季節を感じれること、そして歩いたり自転車に比べ、行動範囲がぐっと広がります。 ただ、兄ぃと同意見なのですが、徒党を組んでの大音量撒き散らしの集団バイクツーはいただけません。 単独若しくは2,3台程度までで静かにゆっくり走りたいものです・・・大人じゃん(*^^)v、おじじとも言います( 一一)

と、お楽しみなお昼。 今日は道の駅荘川のお食事処「おうか」で新蕎麦いただきました。「月夜の化かしあい」と言うネーミングとそのmenu写真に惹かれ頼んでみました。 新そばと云うこともありますが。 おっと!これが期待以上に、蕎麦の香りに味が良く驚きました。品が良くそして器もなかなかグッド。 スタッフとサービスはそっけないですが、味は良かったです(^^) ここには温泉も併設されてるので、車中泊し一晩旅の疲れ癒すのにもなかなか良さそうでした。 機会があったら真冬に車で寄ってみるのも乙かなと思いました。
おうかmenu -13.9.29(日) menuの画が怪しげだった^^; -130929
   月夜の化かしあい -130929

山間部のタイトなアップダウンコーナーはsaraちゃんのオフロードバイクの得意とするところですが、ゆったりしたロードに高速道路(今回は往き五箇山から高鷲まで使用)は、さすが兄ぃの大排気量ハーレーダビッドソン、余裕も余裕、低めで腹に響く心地良いエグゾーストノイズにその存在感、殊の外すばらしかった。 

家に無事帰り洗濯機回し風呂に入りさっぱり。 モーラステープも貼ったし、あー疲れたけれど心地良い。 さて一杯ぐびっと飲るとしよう(#^.^#) 


本日の走行距離 370.6km  燃費 40.0km/ℓ


所用こなしputiドライブ -2013.9.28(土)

先々週まで3週御天道様に見放された週末でしたが、先週今週とすばらしい秋晴れが続きます。 今日もあーなんちゅーいい天気け~!な日でした!(^^)!  日頃できない所用こつこつ午前中片づけ、午後からイングリッド、メロディの3人でランチ兼ねputiドライブ・・・ホントにちょっとだけですが^^;

海の駅にて-130928(土)
                               海の駅 蜃気楼(魚津市)にて   2013.9.28(土)

あまちゃんロスで寂しそうな家内が娘と潮騒のメモリーズもどき ^^;
潮騒のメモリーズ(娘母)-130928(土)
ここの加積りんごソフト、なかなかイケます(^^)


長男次男が家を離れた今、わが家は3匹の猫含め僕以外は全員女性。 少数勢力で寂しいが、そしてこの様な平和な日々がいつまでも続くとは思えないが、家族とのんびり過ごした心休まる午後のひとときでした。 

友の母逝く -2013.9.26(木)

中・高と一緒で、四十代半ばから山を共にしてる友人のお母様の訃報が昨日入った。 
明日の葬式に出れないので今日通夜に行って来ました。 

僕が知らない生前のお母様の様子が映像で流れ、終わりに喪主である友人が在りし日の母を語った。 生きてくってことはそりゃ~人様に言えない様な大変なこともあります。 だって好むと好まないに係わらず、喜怒哀楽がちゃ~んと次々にやってくるってのが人生ってヤツの相場ですから。 晩年は、6年前に亡くなられたご主人の介護で大変だった事も聞き及んでおります。 たださだまさしの歌の文句じゃありませんが、生きてく中では誰もが自分が主人公。 うれしいことも楽しいことも沢山沢山あったはずです。 おつかれさまでした。 

子は、失って初めて親を想うが、親は子が生を受けてずっと子のことを想う。 役目柄と言えばそれまでですが。 そして男はピュッ!で終わりですが、女性は腹の中に命宿し痛みに耐えこの世に生を授け、子供を身を呈して守る(人が多い)。 や~女ってーのはすばらしい。 そんな事を思う時、女の一生、母の人生とは一体何なんだろうと思ってしまいます。

中学に入った時に彼とは部活が一緒で知り合いずいぶん経ち、今世紀に入り山で再会した。 天才肌の彼と実務派な僕とではタイプが違うのだが、育った環境ほかあれこれ似てる。 またお互い長所短所知り尽くしている。 言わずともお互いの考えてること次言うことが大体分かる(*^_^*) そんなこんなみんなひっくるめて、腐れ縁みたいな処否めないのだが、生涯の友であることに変わりはない。 

お母さんがおられなければ彼に会うことはなかった
そう思いながら、手を合わせました。
お母さん、僕に生涯の友をくれて、ありがとうございました
安らかにお休みください    合掌。 


ちいさな旅、saraと白骨温泉  -2013.9.22(日)

今日の安房峠 -2013.9.22(日)
                               今日の安房峠(標高1790m)    2013.9.22(日)

昨日に続き好天が約束された3連休中日、家事に所用済んだので、何度も通ってるのに一度も行ったことがなかった白骨温泉にsaraちゃんと出かけました。 黒部から富山、神岡、平湯、安房峠を経由し、目的の白骨温泉へ。帰りは松本に下がりのち大町、白馬、糸魚川と北上し黒部に帰るという時計の反対周りな周遊的コースにしました。

細入・道の駅通称 “りんりん”でまずコーヒータイム。
と、おっとハーレー軍団に遭遇。 これだけ並ぶと迫力と言う言葉じゃ足らない、圧巻^^;
細入・りんりんで出くわしたハーレー軍団 -2013.9.22(日).
saraちゃんは、ライオンの群れに囲まれた、正に細身な一匹のカモシカでありました(>_<)

さて41南下し神岡から471に入り平湯へ。 おっさんライダー独り急ぐ旅でもないので、平湯 → 中の湯間、有料道路使わず、先人に敬意を表し昔懐かし安房峠を越え、ヘアピン16だかこなし下がり上高地との分岐へ。 そして158号しばし走り程なく秘境的白骨温泉へです。 入ったのは公共野天風呂

奥穂を歩いてきた登山者や行楽に訪れた方々で次から次に入浴客がおられました。 湯の良さに川のせせらぎの音、そして野天の解放感という癒し系三つ揃い。 みなさん異口同音、感動し自然に笑顔になっておられました。 訪れてみる価値ありな名湯でした(*^^)v 

写真のこのお二人、国が違えば(石川と東京)、行楽に登山というメイン目的違うのに、「この辺の今頃のみやげは何が一番いいんでしょうね~?」から始まった話しで、盛り上がっておられ良い雰囲気でした。見てて私も湯に負けない温かい気持ちになりました。ありがとうございました。旅のこういったほんわかした場面っていいです。
白骨温泉、公共野天風呂 -130922(日)

さて、バイク乗りと云うのは革ジャンやらブーツやらで肌をしっかりガードしてるのがスタンダードな出立ち。途中で裸になって風呂入りまた着るという一連の動作は苦手中の苦手。 だども、、、しっかりしたライダー諸氏に怒られますが、僕は最初から温泉を想定して行っているので脱ぎ着さささのさでした(^^)

紅葉には早い時期ではあるが、帰路は安曇野、白馬からの山岳景色楽しめたし稲刈り後のいい匂いもしてきた。 おらとこもそうですが日本の原風景が次から次に目に飛び込んできた。 涼しくなり好天が約束された日に、sara走らせ、気になってた湯に身を沈めることも叶った。 初秋のいい一日だった。 と、山もバイクも、もう温泉抜きには考えられなくなってる自分に気がつきました(-.-)  あーでも温泉サイコー!(^^)! 

本日の走行グラフ・・・myGPSより。だいぶ飛んでますが(*^_^*)
白骨温泉行グラフ -130922

☆走行距離 342.3km   累計標高差±11,472m   燃費 42.9km/ℓ

※標高高い高山帯走るので空気薄い分燃費落ちるかと思ってたが、ありゃ逆にアップ。
なんで???  空気圧少し上げたから?  オイル交換して間もないから? 
下りニュートラルにしてたからか?  オラがやせたから?・・それはありません( 一一)  
わからな~い。

思い出の山、10年前の僧ヶ岳 -2013.9.19(木)

僧ヶ岳にて-2003秋
                                 僧ヶ岳(標高1855m)山頂にて   2003.11.16

私にとっては母が亡くなってひと月経ち、これが初プライベート山行だった。 この山のふもとの山間地域の看護婦保健婦として、長年自転車で昼夜なく365日通い続けた母を想い一人歩こうと雨の中出かけた。 

一人で出かけたのだが、第四登山口で筏井さん、小竹夫妻にお会いした。 姿はなかったが、元ちゃんのらしき車がすでに停まっていた。 そして何かに引き寄せられられたかの様に山頂で6人が出会った(元ちゃんの奥さん・比佐恵さんがカメラマン)。 僕の他は高岡の方々であった。 で、前述雨の中ながら、山頂料亭「僧ヶ岳」宜しく、伸子さんのすきやきをいただき、山談議に花が咲いたのでした。 こんな日に登って来るのは高岡の元ちゃんか黒部のシュンしかいないとは、どこからか聞こえ来たウィスパー(*^_^*)  

その後、このメンバーが中心になって今も続く山の会「ハレルヤ」結成に至るのですが、これがその源流ともいうべき一枚でしょう。 あーあれから10年。 ともあれ、みんな今より10才若かった。 雪が降る頃になったらまた一緒に歩きたいものです。 


今週の野外活動、白馬鑓温泉 -2013.9.16(月)

jpg
         小日向のコルから下がりゆくと、白馬鑓温泉小屋が見えてきた   2013.9.15(日)

大型の台風18号が猛威を奮い日本各地で被害が出ています事に心よりお見舞い申し上げます。 その様な気象状況下ではありましたが、久しぶりにたまちゃんと一泊二日で山に入りました。 山を歩く事がお互い好きとは言え今回は荒天が予想されたので、目的地は、歩くプラス1を重視、天然温泉掛け流し露天大風呂が売りな白馬鑓温泉としました。

白馬鑓温泉と言えば、3年前タクちゃんと行ったことこの春板納めに行ったことが思い出されますが、何度訪れても良い所です。 湯治山行的今山歩き、サクッと現場の様子アップです。

猿倉荘に着くと林道手前の駐車場から車で一杯だったのに、おっと山荘の前奇跡的に駐車できました。ふと見ると、おっと大阪のまめちゃん号がいるじゃない。なにわナンバーって目立つよ(^^) とてもきれいな車でした。まめちゃんは白馬岳に登られその後野沢温泉に行かれたらしい。
まめちゃん号はっけ~ん(^^) -130915(日).jpg

で、突然ですが小屋着です(^^) 途中から降られたが大したことなかった。
白馬鑓温泉小屋に到着です -130915(日).jpg

受付済ませぐびっと1本飲り、天然温泉へ!(^^)! 
白馬鑓温泉 -130915(日).jpg

お見苦しいおやぢたちですみません( 一一) 熱めの硫黄泉が筋肉に効く~、サイコー!(^^)!
温泉三昧(^^) -130915(日).jpg

風呂でさっぱりして、のち、持ち寄ったもので呑みながら昼メシです。
呑みながら昼食-130915(日).jpg

たまちゃん  上下白って仕事柄?(笑)
たまちゃん先生 -130915(日).jpg

5時に夕食。質素で山小屋らしい。とん汁もしっかりした味つけで美味しかった(*^^)v それと山小屋でビールと言えばアサヒ、キリンが相場。ところがこの小屋は、オラがいっちゃん好きなサッポロ黒ラベルときてるからシビレるじゃない(^^)
夕食-130915(日).jpg

夕食後、また呑む(*^_^*) 
男らしくガツンとバーボンです。重いのにたまちゃんが担いで来てた。
また呑む(^^)-130915(日).JPG

ごきげんたまちゃん
ごきげんたまちゃん-130915(日).jpg

と、岡田副支配人が「中で一緒に飲りましょう」と言われ、おことばに甘え、スタッフのみなさんとあれこれ情報交換。えらいゴチになりました。特に、声かけて下さった岡田さんに、“平日女子スキー部”(何)所属なまっこちゃんありがとうございました。 また、白馬高校山岳部員始め若いもんも頑張っていた。これからの山、頼むよ~
小屋のスタッフの方々と -130915(日).jpg


程良い所で中座させていただき、寝床へ。大きな雨降ってることでイヤでも台風の接近を感じた。 とか言いながら僕は爆睡。翌朝目覚めるまで一度も起きることはなかった^^;  

で、夜が明け、降ってるけれど朝風呂楽しみ程なく本降りの中下山。♪雨音はショパンの調べ…古!( 一一) ♪雨に唄えば 宜しく、新しいカッパが雨バツバツ弾くのが妙に気持ち良くもありました。 小日向のコルからの下がりは「これ間違いなく川じゃない(@_@;)」と言う沢道下がり続け靴ん中ぐずぐずになり下山。 

のち、みみずくの湯でさっぱりし、昼メシは白馬・林檎舎で新蕎麦をいただきました。すばらしい香りにコシ味はもとより、店の佇まいに従業員の方とても品があり、感動ものでした。また行こーっと(*^^)v
白馬、林檎舎さん-130916(月).jpg
新蕎麦いただく-130916(月).jpg

久しぶりのたまちゃんとの山歩き。 後味の良い山歩きだった。 静かに山と向き合えた。 たまちゃん、さんきゅう。 また行きましょう。


おまけ。夏道とスキールート比較(my GPS記録より)
スキーと夏道の比較-1009


久々に洗車 -2013.9.14(土)

久々に洗車(^^) -13.9.14(土)

人並みに今日から三連休いただいてます。 いっちゃん心ワクワクな初日の今日は子供の用事あり山は元々パスだったのですが良く調べてみると、ナ、ナント!来週でした(>_<) なので、と言うかそして明日から崩れると言う予報に久しぶりに洗車をしました。 陽気に誘われ只今ドア全開風入りまくり。この画見てふと、さんまのブラックデビル思い出しました(^^) そして去年まで四半世紀ほど乗ってきたパジェロやランクルと違い、この小ささが今はにゃんともきゃわいく愛おしいです(*^_^*) さて、午後からはバイクでも洗おうかな。 とか言いながら腹出して昼ね決め込んでそうです。

今宵の晩酌 -2013.9.7(土)

今日の晩酌-130907(土)
                              今日の晩酌   2013.9.7(土)

今週末は、予定してた山がなくなり、又まだスネかじってる長男が帰って来たので久しぶりに家でゆっくりしています(^^) 

と云っても、午前中は雨降りだす前にと、これまた久しぶりにsaraと散歩に出ました。コースは僕の定番中の定番、黒部川沿い、海から愛本橋間。バイク走らせれば、流木の山目に入れば、釣りをする人、ラジコン飛行機飛ばす人、サーフィン楽しむ人々に、そして稲刈りする人々…稲のいい匂いも心地良かった。 等々、わがふるさと黒部の、季節の情景が向こうから目に入れば、車と違いそれを五感でより感じることができました。

夕飯は焼肉でもすっか~ということで、しっかり雨な午後は、長男と買い物に出ました。そして、僕はと言えば、うなぎにらっきょというなんつーかわけわからん組合せつまみながら、フライング的にすでに一杯飲り始めましたが、なにか( 一一)  酔うと人恋しくなるので、こまどり姉妹のソーラン渡り鳥でも聴こうかな。


朝日岳方面パトロールPart2 -2013.9.2(月)

イブリ登る -130831(土)
          イブリ尾根を行く  2013.8.31(土) Photo by 雪舞ちゃん

先週に続き朝日岳方面山岳パトロールに出ました。 台風接近という気象予報に、より気を引き締め北又を出立したのですが、振り返ればカッパ着ることなく小屋入り安堵。 登山道ほかあれこれ確認&おしゃべりしながらも、個人的には降りそうで降られなく時折強風にさらされながらの登行は、「空と雲と風と、そして山と話しながら歩けた」良い登行でした。 今山行カメラ忘れたので人様のとスマホで撮ったもので備忘録です。

朝日小屋に到着しました(^^) 同行のみなさんもお疲れさまでした。 
朝日小屋着-2013.8.31(土)
                                                Photo by 雪舞ちゃん

で、急登にややこしい長い山道こなし小屋に入れば、2000m超えもありテンションあがります(^^) 
テンション上がってく(^^) -130831+

小屋では、同行者は元より、由緒ある山崎体協主催の登山会で来ておられた方々とも交流懇親させていただきました。 おれがおれがわたしがわたしが、、、自分中心山自慢な方が多い最近の山岳事情の中、参加された方々の、静かながら山への熱い思いに触れることができ嬉しかったです。 ありがとうございました。 主催者側として参加する予定だったひろりんとは小屋では会えず残念だったけれど、山崎体協サイコーだったよ(^^)

二日目は山頂まで。 生憎の雨模様。 まっこれも山です。 で中日は小屋スタッフと一緒にごはん。
まかないいただく -130901(日)

再び一夜明け、下山。 足が揃ってて快適に下がりました。 で、ヨネ仙人のそーめんいただき、結構なザンザン降り温泉へ下がり、熱っつい湯に固くなった筋肉沈め、あーっ( 一一)とか一言うなって、役目の報告を当局にし、帰宅。 家に帰りまだ午後2時。 荷を片付け洗濯機回してもおりょ、まだまだ早い時間。 と、

何故か、な~ぜか(笑)カレーが妙に心に引っかかってたので、思い成就とばかりに夕食に作りました。 食は生命維持との位置づけ強い僕には、巷で言われるこだわりなどと言うものはありません(-.-) どこにでもあるつーかこれしか作れない、ハウスバーモンドカレーであります(*^_^*) 強いて言えばごろっとしたでっかいジャガイモが食べたかった。 それと3日うち空けてたイングリッドと家族への感謝の気持ちってことです。 味? さすがハウスです(^^ゞ スタンダードな第二のおふくろの味といった感じが、疲れた身と心を満たしてくれました(*^_^*)
今日の夕食-130902(月)


帰り来ればこよみは9月。 
夏山感じることは今年はもうこれでないなと、下がりながら今回そう思いました。