旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



小佐波御前山(754.2m) - 2012.10.28(日)

小佐波御前小屋にて -121028(日)
                                小佐波御前小屋にて   2012.10.28(日)

今日は、ハレルヤ黒部支部メンバーにしろくま(きょうちゃん)先生と小佐波御前山を歩いてきました・・・しろくま先生を交えての山行はこれが2回め。 1回めは負釣山、僕は不参加でした。 

登りは舟倉用水ルート、下山は一般ルート。 時折かなりの強風でしたが、心配された荒天予報は良い方に外れ、ほんの一時小雨が降りましたがほぼ雨具要らずでした。 以下さらりと様子紹介です。


121028-1

121028-1.5


 121028-2 121028-3 121028-4


121028-5

121028-7


無事下山。 ゆーとりあ越中で汗さっぱり流し帰黒。 
自然の中で体動かすってやっぱいいですね。 また行きましょう。



能登島バイクツーリング -2012.10.27(土)

能登島にて -121027(土)
                            能登島の何とかいう公園?で  2012.10.27(土)

今日は天気予報よろしくこれはしめしめと、能登島まで、「俊」ちゃんコンビでバイクツーに出かけました。 往きのルートはできるだけ海岸線沿いに。 氷見から先は取分け信号が少なくつまりストレス少なく快適ツーリングとなりました。 

トシちゃんのCBX400F -121027
相棒トシちゃんの、名車 ホンダCBX400F 1982(昭和57)製。 
実に30年選手。 よく磨かれていて、バイク通の方からも声がかけられました。
そして、これすんごい盗難多くて、盗難保険に入れないバイクの一つらしいです。

七尾フィッシャーマンズワーフ・漁師屋で海鮮丼 -121027(土)
能登島大橋から島に入り、ツインブリッジから出て、七尾フィッシャーマンズワーフへ。 と、ここでトシちゃんのバイクのエンジンが突如うんともすんとも(>_<)かからなくなりました。 とにかく昼食とってから考えよっか~ってことで、漁師屋さんで海鮮丼をいただきました。 で、戻って押しがけしたところ、OK、エンジンかかり帰路に。 

七尾市大田T字路 -121027(土)
ところがですちゃ、七尾・大田のT字路右折の時に、再びエンジンストップ。 ・・・・万事休す。。。 JAFさん呼び待つことに。 ん~贅沢に海鮮丼など食べたからかなぁなどとちょっと思ったりしました。

JAFさんが来られて近くのバイクショップ・ウィズさんでバイク下ろしてもらい、結局そこに修理依頼しつまり置いて行くことになりました。 と、そこに懐かしいのがおりました。 

マッハ500 -121027(土)
僕の青春時代の憧れ、マッハがおりました。 あっちゃーなつかし~(*^_^*)

マッハⅢ500エンブレ -121027(土)
エンブレムもカッコいいなぁ(*^_^*)

そういうことで、七尾からトシちゃんちまで110km、夜道をタンデムで帰りました。 途中闇夜の中sara走らせてると、夜空に月が輝き海が光っていて、ちょっとステキでした。  給油し、21:00帰宅。 


本日の走行距離 283.6km 燃費 39.7km/ℓ
※帰り七尾から2人乗りだった割に燃費が良かった。 
  大半が信号少ないロードだったからか? ・・・不思議だけどうれpi- !(^^)!


スイーツな風景 -2012.10.24(水)

越道峠付近からイブリ山方面の様子 -2012.10.24(水)
                        越道峠付近からイブリ山方面の様子  2012.10.24(水)

所用あり北又小屋に出かけたのですが、昨日の秋の嵐で、紅葉してる山々に砂糖を塗した様に白い雪が舞い下りていました。 目測では7合目下標高1500m付近まで降雪があったようです。 紅葉に白い雪。 何かスイーツを思い起こさせるそんな風景でした。   

イブリ山と云ってもマニアックでしょうから、全国区なオラが山、立山の今日の様子をアップ。 ニュースでは、午前9時現在、気温 -2℃、積雪30㌢と伝えていました。 除雪車も出動したそうです。
今日の立山 -2012.10.24(水)


あの暑かった夏は何やったん?どこ行ったん?( 一一)ですが、 季節は今年も確実に冬に向かっています。  スキーシーズンが見えてきました。  ムラムラすると云ってた人がいましたが(笑)  ん~僕はわくわく・そわそわですちゃ!(^^)!

  

山友の画展、ほか - 2012.10.21(日)

ekoちゃん画展1-121021(日)
                               「祈り」  引き込まれるすばらしさでした。  
                   ※ 写真にはスポットライトの反射にもやなども写り込んでいます。

ちょうど10年前の春(2002年4月)、大地をご一緒したのがご縁での山友、ekoちゃんが今年も画展を開かれたので、今日午後訪れました。 ん~だって芸術の秋やもん!です、、、って、あんまその辺繊細じゃないのであれなんですが、そしてことばで上手く言えませんが、なんか・・・やさしいものが伝わってきました。 モチーフはもちろん全部山です。 ekoちゃんの作品は年々、優しさ柔らかさが増してってる様に思います。 マイペースなとこもあるけど(失敬!)それでこそ芸術家でしょう、そして彼女が持ってる女性らしい深い部分が画にちゃんと現われるのでしょうね。

ekoちゃん画展2-121021

ekoちゃん画展3-121021

ekoちゃん画展4-121021


と、居合わせた来場者の中に、9年前の残雪期に白鳥山をご一緒した方々がおられたので、ekoちゃん共々ハイパチリさせてもらいました。 あれから結婚されママになってる方もおられました。 落ち着いたらまた山に行きましょう。 あっ僕がよぼよぼになって歩けなくなる前に頼んますちゃ^^;  ・・・もうお一人おられればあの時のメンバー全員だったのかな?
ekoちゃん画展5-121021


話しは前後しますが、今日の午前中、一年前のバイク事故の現場に行きました。 あの時と同じルート、八尾から峠越えで利賀入りしました。 写真中央奥からまっすぐこっち側に空へジャンプ&ダイブしたのでした(>_<)  現場で落ちたとこ覗き込むと今だ足が震える、すくむ感じが少しありましたが、これであの時のことを払拭し前に進める、そんな気持ちになりました。
一年前のバイク事故現場-121021(日)


そして今学祭やってる息子1の所へ。 一応何らかの形で参加してる様でした(^^ゞ 人に揉まれてやっと半人前。 勉強も大切ですが、社会勉強も集中的にやって、きたる社会人暮らしに備えて下さい。
法科大学祭-121021


本日別動隊のイングリッドにメロディは、押切もえ見たいで、上の写真の所にならんでたのですが、僕は、押切もえって神田うのとあまり区別つかんし、つーか趣味じゃないので、早々に退却。 で、お昼はお気に入りな、支那そばや 翠月へ。 今日はsara(オフロードバイク)で出かけてたのですが、待ち時間僕の後ろの方VMAX(YAMAHAの大型ロードバイク)に乗っておられる方・・・40代後半かな?  山程ではないにしても他人・・・取分け女性には分かりにくい、マニアックな世界にいる者同士、お互い控えめながら話し弾みました!(^^)!  で、美味しくいただき、ekoちゃんの画展へと向かったのでした。
支那そばや- 121021(日)
                                              塩ねぎラーメン


柄にもなく絵画に親しみ、心豊かになり、帰黒。 ガソリン入れsara拭いてやり帰宅。 今日はバイク走らせながら時折とてもいい甘い香りがした・・・キンモクセイ?コスモス?・・・ でも、同じくらい、ガソリンの匂いにオイルの焼ける匂い、いいね~(^^ゞ  さて、洗濯もんも干したし腰にモーラステープも貼った。 そんでもって芋焼酎のお湯割り飲んで、あーまんぞくまんぞく~ (^^ゞ   

あの世は知らないけど、生きてるって、いいね!



本日の走行距離 : 224.0km  燃費 : 37.6km/ℓ



バイク事故から一年 - 2012.10.19(金)

事故から1年のsara -2012.10.19(金)
          僕と一緒に谷底に落ちたsara。 元気に復活し、今もたまに遊んでくれます(^^)
                    1年の記念に、夕方海沿いを散歩しました。  2012.10.19(金)

昨年の利賀の山中でのバイク事故から、今日10/19でちょうど1年が経ちました。 

通りがかりの方に助けていただき命拾いしたのも束の間、入院後わずかな日々でしたが生き地獄味わい、程なく体と共に精神の安定を取り戻しやっとほっとしたこと、退院後の一人での単調なリハビリがつらかったことを思い出します。 今こうして山を歩ける、スキーができる。 こうして何事もなかった様に以前と同じように毎日が過ぎてゆく。 なんちゅーありがたいことかと心から思います。

家族・親戚、友人・知人、そして仕事関係の皆さんに大変心配をおかけしましたし、沢山のお見舞いに励ましのことばをいただきました。 おかげで、気持ちが明るくなりましたし、リハビリをがんばることができました。 改めて感謝致します。 

人の命って、いつどんな形で終わりを迎えるか、それは本人も誰も分かりません。 一度消えかかったこの命。 生かされてることに感謝し、残された命を自分らしく灯そうと思います。  


立山、松尾峠展望台 (標高1975m) -2012.10.14(日)

20121014 -1
                 今日の立山・弘法(標高1660m付近)の紅葉  2012.10.14(日)

今日ハレルヤ・チーム黒部3名で、称名滝駐車場(標高970m)から松尾峠展望台(標高1975m)をピストン山行。 従って本日は標高2000mに至っていない訳で、つまりそれ以高を間近で目にはしていないのですが、紅葉前線はどうやらすでに弥陀ヶ原~弘法付近まで下りて来ている様でした。 今年の紅葉は!(^^)!と騒いでいる割には、ん? でしたが、それなりに綺麗でした。 詳細後日。


ということで再投稿、写真日記です。
称名駐車場(標高970m)を出立し、八郎坂登山口(標高1045m)から急登に。
標高1045m,さて行きましょう-121014 
標高1260m滝見台ベンチ -121014 標高1260m滝見台付近からの朝の称名滝 -121014
八郎坂、標高1280m付近を登る -121014 標高1580m,アルペンルートのバス道に至る -121014


立山アルペンルートのバス道(標高1580m)に出、木道に乗る。しばらく行って一本立てる。
弘法、標高1615mからの紅葉1-121014 ご近所のm田ファミリーと会う(標高1800m)-121014
あちこちにくつろぎ場がありました(^^) -121014 松尾峠への分岐(標高1850m) -121014


で、程なく松尾峠展望台(標高1975m)に到着。
松尾峠より 1-121014 松尾峠より2-121014
  松尾峠より3-121014

たまちゃんのサラダ -121014 たまちゃんのとろとろ角煮 -121014
僕の湯豆腐(木綿) -121014 hシェフのおでん -121014

こんな感じでパノラマ休憩(^^) -121014

そろそろ帰りましょう。
以下、下山時の紅葉の様子です。
標高1970mより -121014 標高1785mにて -121014
標高1660mより-121014 
標高1630mより -121014 標高1630mより2 -121014 
標高1615mより -121014 標高1615mより2 -121014


期待し過ぎたのであれでしたが、まずまずの紅葉を楽しみながら、玉ちゃんにiPS細胞のあれこれを教えてもらいながら下がりました。 要は「細胞の初期化」ということらしいです^^;  玉ちゃんはあの山中教授が同じ整形外科医出身ということもあり興味をもっている様でした。 またhシェフの奥さんアンリちゃんが、何やらビックな方々と近々舞台に立つと言っていた。 また弘法の妙に目立つあのトイレまで来て、となりのy子さん一行とお会いした。'75年田部井淳子さんが女性として世界で初めてエベレストの山頂に立たれたが、その時のメンバーである魚津のa木さんもご一緒だった。 そんなこんな、天候紅葉に恵まれ、久しぶりに黒部の3人で山を歩きました。 また時たま行きましょう。


※ 標高値は私のGPSより。
 

朝日小屋小屋閉め2012(H24) - 2012.10.11(木)
  
 小屋閉め1-121009

仲良くしてもらってる、北アルプス最北端の営業山小屋朝日小屋さんの今シーズンの小屋閉めに今年も行ってきました。 以下、時系列的備忘録。


・10/7(日) 小屋入り日
小屋閉め2-121007(日) 小屋閉め3-121007(日) 小屋閉め4-121007(日)

小屋に着いてこの日はまぁお祭り(*^^)v 懐かしい顔顔顔に酔いました(*^_^*)
小屋閉め,夕食会-121007(日) 小屋閉め8-121007(日) 小屋閉め9-121007(日) 

小屋閉め10-121007(日) 小屋閉め11-121007(日) 小屋閉め12-121007(日) 


・10/8(月) 朝、初氷を観測しました。
小屋閉め14-121008(月) 
小屋閉め13-121008(月) 小屋閉め15-121008(月) 小屋閉め17-121010(水)

この日は休みの関係から、多くの方が下山された。 と、天気がすこぶる良く作業は進みました。

小屋閉め5-121008 小屋閉め6-121008 


・10/9(火) 友人の渋ちゃんら日本山岳会パーティーが栂海新道へ出立して行った。
小屋閉め16-121009(火) 小屋閉め7-121009(火)
翌日下山日に残す最低限の作業残し、この日も小屋閉め作業は順調に進みました。

そして今シーズンラストナイト。 一日の作業が終わり宴は最高潮に(*^_^*)
小屋閉め18-121009(火) 小屋閉め19-121009(火) 小屋閉め20-121009(火)


・10/10(水) 下山日がやってきました。
         小屋閉め21-121010(水)

小屋閉め22-121010(水) 小屋閉め23-121010(水) 小屋閉め23.5-121010(水)

小屋閉め24-121010(水) 小屋閉め25-121010(水) 小屋閉め26-121010(水)

今年の紅葉、赤が例年に比べ鮮やかで全体に色が濃く、なかなか良かったです。

小屋閉め27-121010(水) 小屋閉め28-121010(水)


今年も天気に恵まれ作業が捗り、予定通り全員ケガなく無事に下山することができました。 今年は県外からもたくさん手伝いに来てくれていました。 飛び交う朝日弁…ここ強調です!^^; … が分からないこと多々だったでしょう。 でも、飾らない人柄に、家族的なつき合いができる、この小屋に集まる老若男女の、そんな処も魅力です。 来シーズンもまた遊びがてら来て下さい。 おしまい(^^)    



五箇山へ蕎麦を食べに行きました -2012.10.6(土)

121006-1

明朝よりしばらく山に入るので今日はカミさん孝行。 ドライブ兼食べに走りました(^^ゞ 
行き先は県内ながら黒部からだと往復超200kmな五箇山。 この頃はどーも食べ物ネタが多いな ^^; 

道の駅 上平ささら館内 “五箇山旬菜工房いわな” さんで昼食
121006-2
カミさんがいただいた、白エビ入りのかき揚げそば。 
つゆは濃いめだが温かいのが美味しい季節になりました。

121006-3
僕がいただいた、いわなのにぎり付き山菜そば定食。
いわなさっぱりして美味しかったです。 蕎麦、なかなかどうして美味かった。
もち、そば湯もいただき、ん~ごちそうさま~(^^ゞ

帰り、桜ヶ池SAに立ち寄り、野菜買ったりソフト食べたりでまったり。
岩魚の塩焼きがこれまたまいう~ 美味しかったです。
この時期食いしん坊は、旬なサンマも食べたい!(^^)!
121006-4


ぼくらは仕事が違えば趣味も違う。 もう何年も日頃はお互いの生命反応を確認し合ってるに過ぎないそんな間柄。 一緒にいればまぁ2時間もすれば多少なりとも口ゲンカになるのですが、そこはあれ、生きていりゃこその泣き笑いです。 また、人生の中でどうしたもんか出会ってしまい、子供にも恵まれ、何つーか、今となっては、人生の運命共同体的側面は否めない事実。 お互い付かず離れず干渉せず、それが僕らのスタイル。 居心地はかなり、いい・・・と僕は思っている (^^)  そして、夫婦で仲良く同じ趣味を楽しんでおられる方も複数知っていますが、夫婦ってそれぞれ、いろいろなつき合い方・形があって良いように思います。 

話しは戻り、そうなると2人で話し合い、クリヤしなきゃいけない問題も目の前に次から次へな訳で、今日はぐっとお互い堪え、子供らやたあいない世間話しなどすることができました (^^ゞ 日頃の行動パターン・・・休日も・・・が、真逆と言ってもいい僕ら夫婦にあっては、ゆき帰りいいコミュニケーションを持つことができた様に思います。

留守中のことは任せた。 仕事の段取りも終わった。 山の準備は手慣れているので明日起きてからするとして、五箇山で買ってきた豆腐と厚揚げで一杯飲って、午前様になる前に寝よーっと。
  


名優、大滝秀治さん逝く - 2012.10.5(金)

大滝秀治さん -121005



俳優、大滝秀治さんがこの10/2に亡くなられた。 これと言って強烈なる印象はありませんが、多くの映画、テレビドラマでお目にかかった。 多くを語らずとも演じれる独特の雰囲気放つ役者さんでした。 個人的には、今年6月に亡くなられた地井武男さんとの共演 「北の国から」が思い出されます。 

つい最近出演され遺作となった、映画「あなたへ」において、共演者がそのオーラに圧倒されたと云う、神様みたいな主演高倉健自身が、共演するに当り緊張したという俳優であったらしいから、日本映画界にこの人あり、といったその存在感、主演俳優に引けを取らなかった、数少ない名優であることは否めないでしょう。 ご冥福をお祈りいたします。