旅のしおり
カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



学校登山引率Ⅱ・黒部O小学校 立山 -2012.7.30(月)

O小、立山登山-1-120730(月)

連日になりますが、学校登山引率で立山に行ってきました。 月曜日の登行ということに加え天候に恵まれ、山荘を出た全員が立山の山頂に立つことができました。  ん~やっぱ越中富山のこどもら、やるね~  児童のみなさん、お疲れちゃん。  今日はいい夢見てゆっくり休んでくださいね。

そろそろ行きましょうの頃-120730(月) 

今日は行列なし-120730(月) 一ノ越山荘下に山頂を目指します-120730(月)

雄山神社見ながら昼食中-120730(月) 川尻ガイドに山頂で再会-120730(月)

雷鳥の母子ら-120730(月) 下山時の三ノ越はひとだかり-120730(月)

雪渓をゆく1-120730(月) 雪渓をゆく2-120730(月) 夏山スキー練習?-120730(月)

登山の世界では、かなり短い距離ながら、なにせ標高が高いので空気は薄い。 そんな異次元な世界に送り込まれた児童たちにとっては 「あと何分~?」 「いつんなったら着くん??」 というつらい苦行だったでしようが、じっと耐えて足を一歩一歩前に出せば必ず目指す所に着くんです。 人生にはもっともっと耐え難い試練が待っているんだよ。 そんな時は立山登山をちょっとでもいいから思い出してください。 つらいけれど友達と声かけ合いながら励まし合いながら山頂に至った時の、達成感・満足感、さわやかさ、心地良さもね。
  


学校登山引率Ⅰ・黒部M小学校 立山 -2012.7.28(土)

立山、三ノ越にて-120728(土)

ありゃ!混んでるな-120728(土) と、思いきや・・・ -120728(土) ん~ こりゃ、進まんわ(+_+) -120728(土)

だいぶ休んだが下りも混雑 -120728(土) 一ノ越まで下がりほっと(^^) -120728(土) ほっとしたのもつかの間ありゃりゃ(-。-)y-゜゜゜ -120728(土)

カズキが仕事でほぼ同行&同室^^; -120728(土) ネパール同行したカメちゃんと再会-120728(土) 高校の同級生(・・・こちらの先生で僕よりずっと若く見えますが)と不謹慎に2ショット -120728(土)

今回は、天候に恵まれ登頂確実だったのですが、ご覧の通りの見たことないよな大渋滞に阻まれ、三ノ越までで時間切れ (それも少数のみが) という結果に終わりました。 子供たちの悔しい想い、涙が今見えますが、でも、いいんだよ。 登山と言うのは、体を動かすという点ではスポーツだけど、速さ・順番を争うものではなく、自分の目標に向かって、こつこつ地味に地味に積み上げてゆけば、必ず夢が叶う、、、そういうことを教えてくれるもんなんだよ。 人との競争じゃなく自分との戦いなんだよ、山も人生も。 世界でひとつだけの花を咲かせようぜ・・・おっと歌のセリフじゃないか^^;  そして来年まだ中学生だから、はっきりした目標はまだまだ定まらないかも知れませんが、これってヤツ見つけたら、山登りを思い出してくれればとてもうれしいです。 今回は登頂叶わず残念だったけれど、感じるものはあったはず。 これも人生。 またいつか ・・・やがて自分の子ども連れてでもいいから、頂に立ってくださいね。

ほか今道中では、雷鳥荘の風呂で連日剱岳ガイドこなす多賀谷ガイドに、翌朝みくりが池でねぎちゃんに、そして混雑する一ノ越では、ガイド中の写真家、高橋敬市氏にもお会いした。 また、県警山岳警備隊員のK高君に、髭のDr.T氏ともあいさつ程度だったがお会いした。 みなさんあれこれ忙しんだね、っつーか、みんな山が、そして山に集まる人々が好きなんだなーと思いました。

  
今、花火の音が聞こえる。 世の中夏本番です。 でもぼくはまだ山の中の方が ・・・いいかな。



朝日行(2012.7.23~25) -2012.7.26(木)

120726-1
                     チングルマ咲きほこる朝日平より雪倉白馬方面   2012.7.23

7年前剱岳の山頂で知り合った若き岳人が京都より来富。 ではということで遭対協のパトロール兼ね、朝日岳方面(小屋)に行ってきました。 以下写真にて様子紹介です。

120726-2
早朝の兵馬の平

120726-3 120726-4
瀬戸川→白高地沢→カモシカ坂→花園三角点→アオザクと進み
                      五輪尾根トラバース道を行き、吹上のコル下に至りました。

120726-5 120726-6
朝日岳山頂を通過し、朝日小屋に着きました。 登山2年ぶりというnちゃんよくがんばりました。
                 
              120726-7
               朝日平夕景。静寂の時だ。



120726-8 120726-9
翌日は、登山道の、点検・整備に出かけました。

120726-10 120726-11
朝日岳中腹より朝日小屋                朝日小屋から白馬岳方面

120726-12 120726-13
にぎわうテン場                      翌早朝若者たちは出立して行った


120726-14 120726-15
グリーンパトロールの4人衆              小屋のスタッフのみなさんと
二人が白馬岳に向け出立する前に

120726-16 120726-17
朝日岳山頂にて                     吹上のコル上部より
                            五輪尾根登山道に白高地沢の橋や蓮華温泉も見える。

120726-18
白高地沢で昼食(12:25-13:05)
トモpapaがお湯わかして下さり、コーヒータイムも楽しみました。

無事、蓮華温泉に帰り来て、熱い湯に身を沈め、さっぱり&疲労回復。



今回出逢った花たちに、まかない食ちょっと紹介。
120726-19 120726-20 
120726-21 120726-22 120726-23 
120726-24 120726-25 120726-26

ライスボール-120724 カレー-120724 ライスボールにカレーがまいう~-120724
食後の果物-120724



それにしても、下界は暑い。 クーラーなしではおかしくなりそう。 と、明日から学校登山の引率で連日また山に入ります。 天気は約束されている。 好条件です。 一人でも多くの生徒さんたちが登頂し、何かを感じ取り、そして無事下山できるよう、自分のできる事でお手伝いしたいと思います。 ではまた避暑(?)に行ってきま~す。


山友と飲み語る(避暑懇親会) -2012.7.22(日)

避暑懇親会、馬場島 -2012.7.21(土)
                                避暑懇親会、馬場島にて  2012.7.21(土)

誘いがあり、暑い日続くので山友との避暑懇親会。 場所は剱岳・早月尾根登山口の馬場島キャンプ場(標高約750m)。 黒部は晴れてたのに滑川入ると辺り暗雲に封じ込められ、おっと、上市町に入ると雨が降り出すと言う始末。 まぁめちゃ暑いよりはいいかと馬場島入りしました。 皆はすでに濡れネズミになりながら大猫山に登って来た模様。 きっついね~変わらず。 そして僕が着いた時には、すでに雨具や衣類が干され、宴は始まっていました。

いつものメンバーに、長年に渡りブナクラ谷周辺の登山道開拓・整備に情熱と労を注いでおられるm口さんにm井さんにm村さん。 今回はとても興味深い山話しをじっくりお聞きすることができました。 勉強になるな~  そして、気がつけば半ズボンでは寒いくらいの涼しさでしたが、剱・立山をテント泊で歩きに来たという高知からの森さん・藤木さん(名前違ってたらすみません)のお二人も宴に引き込み、熱く熱く山談義は続いたのでした。 

2012.7.21-1  2012.7.21-4

2012.7.21-5  2012.7.21-3



明日以降、県外から山友来たりてに、小学校の立山登山引率2校、中学校の朝日岳登山引率と、10日間、出たり入ったりの山暮らしとなります。 ブログ更新はおぼつかないかもしれませんが、事件、事故ではないのでご安心ください。 事故るとしたら山の中。 十分気をつけようと思います。 では涼しい所にまた行って参りまーす。

 
海の日3連休後半の記憶 -2012.7.18(水)

蓮華温泉より五輪尾根方面-120716(月)
                      蓮華温泉より朝日岳、五輪山方面  2012.7.16(月) 海の日

世の中3連休の後半。 トライアスロン見に出かけた夜に、雨飾山に出かけられてた大阪の山友・まめちゃん夫妻との一杯会を魚津で。 まめちゃん夫妻とは何を隠そう(隠す事も無いが)、生まれて初めてお会いしたのですが、昨年のバイク事故の際にも多くのコメントいただき大変勇気づけられていたのでとてもうれしかったです。 そして初対面とは思えないのが山つながりってやつ。 長距離運転に加え、下山されたばかりで大きな疲れがあるにもかかわらず、遅くまで大いに盛り上がり楽しかったです。 まめちゃんゆきりん、さんきゅう。
まめちゃんゆきりん。魚津・ねんじり亭 -120715(日) お好きなのを2つずつどうぞ。ねんじり亭-120715(日)

まめちゃんゆきりんと。魚津Gardenにて -120715(日) Gardenのyasukoママ -120715(日)


翌日海の日は、仕事があったので出たのですが、どもこも暑っつて暑つてやってられませんでした。 なので半どんに。 で、蓮華温泉にsara走らせ避暑に(片道約80km)。 ちょうど朝日岳(朝日小屋)に出かけた何組もの知り合いがいたので、待つことに。

しばらくすると、2年前かぼちゃ歩荷してもらった富大ワンゲルくんらが下がってきました。 あの時1年生だった彼がたくましく成長し、今は後輩の指導をしていた。 カッコ良かったぜ  また、群馬から来られ、蓮華→朝日→白馬→蓮華 と周回して来られた力のあるお二人さんとしばらく山談義。 楽しく過ごさせていただき、ありがとうございました。
富大ワンゲルくんらと再会 -120716(月) 群馬からの萩原さん -120716(月)

今年はオリンピックイヤーやし、蓮華から五輪尾根登り朝日に行くのもいいのかもなどと思いながらいると、s木n島o谷a崎組が着かれた。 それからというもの、山眺め、空眺め、昼ねし、風呂に入って~ も、なっかなか全員来な~い。 今日は暑いからたいへんなんだろうなぁとは心のウィスパー。 でも待てば海路の日和あり・・・ちょと違うか(笑)、疲労感と満足感漂わせ、全員が無事に帰還してきました。 おつかれさんでした~ ん~やっぱ朝日に集う仲間は独特なものがありいいね~と思いました。
蓮華温泉より五輪山方面近景 -120716(月) 蓮華の空 -120716(月)

おかえりⅠ -120716(月) おかえりⅡ -120716(月)

こうして休みなのかそうじゃないのか分からない様な、毎日飲んだくれてた連休が終わりました。 遠方よりの山友、そしていつもの山友たち。 みんなありがとう。 

と、今日7/18(水)ここ富山は梅雨が明けました。 集中豪雨に見舞われている九州より梅雨明けが早いなんてトンと記憶がないなーです。 そして、汗だらだらで着替える事多く洗濯量が増えますが、乾くのもまた速いからいい。  夏は夏らしく。 しばらく良い天気がつづいてほしいものです。




トライアスロン海老江 見に行きました。 - 2012.7.15(日)

120715-1
                   トライアスロン海老江、アスリートの部スタート  2012.7.15(日)

トライアスロンというものを生で見たことがなかったので、出かけてみました。 遠泳にバイクにラン、なんてハードなんだろう。 自分にはとてもタイム争うというスポーツはできないので改めて感動しました。 世の中にはすごいやつらがいるもんだ。

120715-2 120715-3 120715-4
大蓮華山保勝会の山田さんもエントリーされていました。
               みなさんそれぞれ、良い顔よい汗流しがんばっておられました。

120715-5 120715-6 120715-7
バイクって近くで見るとスゲーカッコ良かった。
        天候、気温共、どんどん回復。陽射しはともかく暑さはハンパなかった(+_+)

120715-8 120715-9 120715-10
ボランティアも暑い中たくさんがんばっておられました。 
                           ん?どこかで見た方と思ったらn山さんや~

僕はな~んもせんと立ってるだけなのに、汗だ~らだらっ(+_+)  疲れたので程なく帰路に。
saraと走れば、涼しいは涼しいものの、今日は半袖でバイク走らせても、熱波の様に暑かった。

120715-11
帰りコンビニで昼メシです。
腹痛くなるよな訳のわからんメニューです。 でも両方食べたかったん^^;

半日の小さな旅でした。 山はいいが、海もいい(^^♪



夏山事前パトロール2012(仲間と&開山&エトセトラ編) -2012.7.12(木)

DSCF3278-120709.jpg
                                       朝日岳山開き 2012(H24) 7.9

一日の山歩き、山作業を終え一時の寛ぎの頃に、朝日岳山開きなどの紹介です。 今回は白馬山荘で、宇奈月遭対協の一部の方々とも一緒になり情報交換及び親睦を深める事ができました。 見かけはイカツイが、きびしい山を知る、心やさしき男たち(女性隊員もおられます)との語らいは、楽しい。

DSCF3159-120706.jpg DSCF3162-120706.jpg DSCF3164-120706.jpg
                      オラたちゃ同窓生    寒がりのふたり。ん

DSCF3185-120707.jpg DSCF3203-120707.jpg DSCF3204-120707.jpg
 秋の白馬山荘(館内写真)     起きてみれば風雨。歩けるけど作業ができない(>_<)

DSCF3181-120707.jpg DSCF3187-120707.jpg DSCF3191-120707.jpg
   なので、梅ちゃん先生観て書と親しみ(枕代り?)、昼メシをスカイプラザでいただく。

DSCF3209-120707.jpg DSCF3215-120707.jpg DSCF3219-120707.jpg
 “焼きテツ”開店、まいう~         横顔の似た二人         近所のDr.t氏と

DSCF3223-120708.jpg DSCF3226-120708.jpg DSCF3230-120708.jpg
朝日小屋到達。何より乾杯(^^)      白馬~雪倉、夕景  黒部方面の雲海、つてき(*^_^*)
                                       右のポツンが初雪山(1610m)
                             
DSCF3236-120708.jpg DSCF3235-120708.jpg DSCF3255-120709.jpg
ドクターのコニャックが美味しくて、話し弾む。 と、気がつけばさわやかな朝でした。 

DSCF3272-120709.jpg DSCF3273-120709.jpg DSCF3275-120709.jpg
諸事情によりまだだった、朝日岳山開き神事を執り行う。 これで晴れて開山。
DSCF3277-120709.jpg
山神様に祈る気持ちで乾杯


登山道で出会った高山植物たちと弁当ほか。
花は心を癒してくれ、食事と水は、力をくれるのだ
コマクサ (白馬大池上で)-120706(金).jpg IMGP3797-120706.jpg 雪倉岳への登りは花のプロムナード-120708.jpg
IMGP3843-120708.jpg IMGP3870-120708.jpg

DSCF3196-120707.jpg IMGP3859-120708.jpg 

                 IMGP3899-120709.jpg IMGP3909-120709.jpg


蓮華温泉に帰り来て、今ミッション終了。 
ほっとしながら、今シーズン、山で事故がないようにと改めて思いました。



夏山事前パトロール2012(行動編) -2012.7.10(火)

パトエリア概念図-120707
                       今回の夏山事前パトロールエリア概念図  2012(H24)年

例年は朝日小屋・2回目の荷揚げの週で、今まで参加したことのなかった夏山事前パトロールに今年参加しました。 私の行程は当初、栂池から入り3泊4日で、栂海新道下がり海(日本海・親不知)までの予定でしたが、大雨警報出る荒天により2日目白馬山荘にて沈殿を余儀なくされたので、結果、栂池 → 白馬山荘(2泊) → 朝日小屋(泊) → 蓮華温泉 となりました。 登山道の状況は、隊長以下常連隊員の話しによると、全行程において今年は今まで見たことないくらい残雪が多いとのことでした。 以下、百聞は一見に如かず、パトロール本隊の様子写真にて備忘録です。

2012.7.6(金) 栂池 → 天狗原 → 白馬大池 → 小蓮華山 → 三国境 → 白馬岳 → 白馬山荘
IMGP3765-120706.jpg IMGP3769-120706.jpg IMGP3776-120706.jpg

IMGP3777-120706.jpg IMGP3778-120706.jpg IMGP3780-120706.jpg

IMGP3786-120706.jpg IMGP3790-120706.jpg IMGP3794-120706.jpg

IMGP3798-120706.jpg IMGP3800-120706.jpg DSCF3188-120707.jpg



2012.7.7(土) 大雨警報出る荒天により、終日白馬山荘チン(つまり2泊)。 


2012.7.8(日) 白馬山荘 → 白馬岳 → 三国境 → 鉢ヶ岳(下) → 雪倉岳 → 小桜ヶ原 → 朝日小屋
沈殿後白馬山頂に至る頃-120708(日).jpg IMGP3805-120708.jpg IMGP3812-120708.jpg

鉢下、時折ガス-120708(日).jpg IMGP3816-120708.jpg IMGP3817-120708.jpg

IMGP3819-120708.jpg IMGP3821-120708.jpg IMGP3824-120708.jpg

鉢下、雪倉避難小屋への残雪処理作業中-120708.jpg DSCF3220-120708.jpg DSCF3221-120708.jpg

IMGP3830-120708.jpg IMGP3842-120708.jpg 

IMGP3851-120708.jpg 登山道崩壊地、足がかりだけ修復中-120708(日).jpg IMGP3862-120708.jpg

IMGP3863-120708.jpg IMGP3868-120708.jpg IMGP3869-120708.jpg

IMGP3873-120708.jpg IMGP3880-120708.jpg IMGP3886-120708.jpg



2012.7.9(月) 朝日小屋 → 朝日岳 → 吹上のコル → 五輪尾根 → 花園三角点 → カモシカ坂 → 白高地沢 → 瀬戸川 → 兵馬の平 → 蓮華温泉
IMGP3892-120709.jpg IMGP3901-120709.jpg IMGP3902-120709.jpg

IMGP3907-120709.jpg IMGP3908-120709.jpg IMGP3910-120709.jpg

IMGP3920-120709.jpg IMGP3922-120709.jpg IMGP3925-120709.jpg

IMGP3928-120709.jpg


尚、一日短縮な白馬大池 → 蓮華間組に加え、もう一日日程を延ばし、朝日岳より栂海新道を日本海(親不知)まで下がった別動隊もあり。 また、7/7(土)に上山予定のパトロール組は前述悪天候により今回中止となりました。 当世登山者目線を、常に心がけての今回のパトロール。 山の現場、体は疲れるが、やはりいい。


夏山事前パトロール2012(速報) -2012.7.9(月)

鉢ヶ岳周辺時折ガス-120708(日)
             鉢ヶ岳(標高2563m)下の夏道登山道は雪の下&時折ガス  2012.7.8(日)
          消え去った登山道、果してどこへ行けばいいの?状態な箇所が今年は多いです。
                       特に、雪の上でガスにまかれると細心の注意が必要ですね。

所属する山岳救助団体の4日間の夏山事前パトロールから帰りました。 僕らの守備範囲は北アルプス最北東部。 つまり、朝日岳(営業小屋がある)を軸とする、白馬岳・蓮華温泉周辺、日本海(親不知)に至る栂海新道エリアです(富山県側からのアプローチについては今期絶望的)。 次週が海の日からむ3連休、つまり夏山スタートってことで、その前に実際に歩いて、ベンガラまいたり雪渓があればその出入り分かりやすい様に目印つけたり、崩壊地があれば修復作業したり、加えて登山道周辺に異常がないか確認しながら、ということです。  

ルート確保作業中-120708(日) 登山道崩壊地修復作業中-120708(日) 沈殿後白馬山頂に再び至る頃-120708(日)

有事の際には救助に出るのですが・・・若いもんがですが^^;  山ガール山ボーイなるもの繁殖中。 足はめっぽう速いが山の深さを知ってか否か。 またヨーキュー(要救助者)になってからでは最悪のケース想定しますと遅いかもです。 大切なのは、ルートファインディング力があるかということに、何日も歩き通せるだけの体力・技術・精神力持ち合わせているかということ、そして、不測の事態の際ビバーク体制とれるだけの最低限の装備持ってるか否かのような気がします。 

“オレちょっとやべーかも”とか、自信がなければ、しっかりしたガイドをつけないと誰でもがおいそれとは入り込めない“通”な深い山岳地帯。 と、ところがそれと引き換えに、静寂とすばらしい高山植物が楽しめますなこの山岳エリア。 みなさん安全に山を楽しんでいただきたい。 今、パトを終えそう思います。 現地最新情報は、朝日小屋さんのHPで確認下さい。


予定がなくなり -2012.7.5(木)

草刈った後-120705
                                             すっきりしたかいど 
             微妙なんですが国道沿い、出入り口以外は我が家の地面ではありません^^;

予定がなくなり、時間が空いたので、めったにしない草刈りをしました。 除草剤をまいてた頃もありましたが、今はにゃんこが3匹いるのでたまに草を食みに出るものですから、除草するとすればやっぱり刈らなければいけません。 

マメそうに見えて元来が不精、できるだけ動きたくない。 一日でもソファーに横になっていられる^^;  そこへ持ってきて、世間体とやらもほとんど気にならずな性分なので、ご近所からはずいぶん白い目でみられてた時期もあったと思います(今も多分にそうですが)。 でもね、ちょっと言いたいのは、お百姓さんて、神経質な位こべこべ刈られます。 付近見渡すとだ~れも刈らないエリアがあちこちにあるのですがね( 一一)

ふと、亡き母が好きだった庭の地蔵さんに目がいきました。 
生きてる時は、ケンカばっか。 な~んも親孝行せずじまい(+_+) 
庭の地蔵さん-120705

今はこうして、静かに母と話せる
母の大きさが分かる
かあちゃん、ありがとう。 

明朝より山に入ります。