旅のしおり
カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



荷は揚がり、ぼくの肩の荷は下りた(^^) 朝日小屋2012 -2012.6.30(土)

物資輸送完了-120630
                               最後の荷が揚がってゆく時  2012.6.30(土)

仲良くしてもらってる、北アルプス最北端の営業山小屋朝日小屋の小屋開け物資が、今日即日揚がりました。 今シーズンは、例年より3週間遅くの小屋開けとなり、荷が若干多かったのですが、そして富山市では今日最高気温30.2℃を記録したものの、多くの荷づくりのみなさんの協力をいただき、またヘリスタッフの方々の尽力により全部揚がりました。 特にパイロットのy師寺さんには感謝のあめあられでした。

荷づくり中-120630(土)


                               大量物資がほぼ揚がり、最後の燃料が空輸されてく様子。
                    現場にいるとこの映像より、爆音3倍、爆風はこの10倍以上と、すさまじいです。
                                                  (カツラの方は要注意です)


さて、当日早朝より歩いて上がって荷捌きをされた上の小屋スタッフは、疲れてるのに、急務であるライフライン(水)の確保ほか小屋開け作業に、追い打ちかけたこの物資の搬入片付け、相当大変だったと思います。 みなさん、お疲れさまでした。 後は、明早朝の人送が速やかに済めばと思います。 明日以降下がってくる方々も無事に下りてきてね。 今シーズンも小屋が始まった。 朝日小屋さんの今シーズンの繁盛を心よりお祈りしております。 

荷は揚がり、今年もみなさんのおかげで僕の肩の荷もほとんど下りました、さんきゅう (*^^)v


Lamaちゃん-120630 Lamaちゃんのコックピットというか計器-120630


今は、久しぶりに今井美樹のプライドでも聴いて酔いしれたい、そんな気分です(^^)



 
地井武男さん逝く -2012.6.29(金)


                                  ドラマ 北の国から

俳優、地井武男さんが亡くなられました。 最近では「ちい散歩」でおしゃれなファッションながら街中にほどよくとけ込み庶民的なところを見せておられました。 俳優・女優の中で常にトップ走るいわゆるトップスターさんというのは、その時代を象徴する代名詞となって後世語り継がれるのですが、それはほんの一握り。 そんな横で、何故か、しっかり忘れられずに人々の心に生き続ける、そんな役者さんもいますね。 前者が、裕次郎であり吉永小百合であり夏目雅子であれば、後者でぱっと浮かぶのは、余貴美子であり川谷拓三であり、そしてこの地井武男。 ぼくにとって彼はそんな存在。 彼の、役者としての上昇期や血気盛んな頃は知らないのですが、たぶん歳を重ねるごとにその存在感増し、観る人の心にそっといつの間にか入り込んでいった役者の様に思います。 僕の思い出の一番は、ドラマ「北の国から」 ですが、今宵は「ちい散歩」も紹介し、この名脇役を偲びたいと思います。

脇役なれど、人生の中では誰もが主人公。 おつかれさまでした。 
ご冥福をお祈りします。 訃報がつづく。








伊藤エミさん(ザ・ピーナッツ)亡くなる -2012.6.28(木)



ピーナッツのお姉さんの方で、ジュリー(沢田研二)の奥さんであった、伊藤エミさんがこの6/15に亡くなっていたらしい。 ピーナッツの歌は結構耳にしたはずですが、モスラの映画の歌以外では、「恋のフーガ」くらいで、ほかはほとんど憶えていません。 なのに彼女を今もはっきり憶えているのは、なんつっても “シャボン玉ホリデー”の記憶と共にあるから。 後に「ゲバゲバ」や「ひょうきん族」と言ったビッグ番組も出ましたが、“シャボン玉ホリデー” が自分の中では元祖お笑いバラエティーです。 「おとっつぁん、おかゆができたわよ」 っていうセリフに、エンディングで、ハナ肇にひじ打ちくらわせるあのシーンがなつかしい。 ご冥福をお祈り致します。


余談ですが、今日も富山は梅雨とは思えない好天気で、日中は27℃超えたやらで暑かったんですが、夕方からは風があり涼しく、つまり夕方半ズボンとTシャツ1枚でいたら逆にちと肌寒かった。 なので、ぐびっとビール1本飲んだ後、こりゃウィスキーのお湯割りだなと思い台所に立ったのですが、ありゃりゃ、グラスに氷をほおり込みウィスキー入れて、そこにお湯を注ごうとしてる、はたからみたら意味不明なおやぢがおりました( 一一)  自分で、おいおい!って思いました。 これからこういうことが増えるのかと思うと憂鬱だし、こうやってだんだん頑固で、扱いにくいオジジになってゆくんだろうか。



雨飾山(1963m)報告 -2012.6.25(月)

笹平に至った(標高1890m)-120624
  一度下ろされた荒菅沢から標高差450mを登ると、笹平(標高1900m)にひょっこり出る、 
                その穏やかな風景に、ふっと安堵感が戻る瞬間です  2012.6.24(日)

昨年5月のハレルヤ例会・大熊山、こちらからお二人をお誘いしておきながら、僕だけ途中敗退したことを申し訳けなく思っていました。 で、今回そのお二人、初心者アルピニストさんにラガーマンマンさんと雨飾山(標高1963m)を歩いてきました。 いわゆる深田久弥の百名山。 候補に白鳥山(標高1286m)も挙げていたのですが、眺望の、より良い所にということでこちらに。 

梅雨に入ってるし、この処週末は天気悪かったのですが、梅雨の中休みとも言うべき爽やかな好天に恵まれ、歩いてても気持ちのよい山行となりました。 男だけでというのも良いものです・・・男の方が好きだからというのではありません^^; 女性の方が好きです(^^♪ 

早朝の事ですが、登山口に向け車走らせていて、小谷温泉を過ぎてからだったか、小グマが車道を横切りました(しばらく前を走っていた)。 小さい体で見慣れない僕らのゾウの様なでかい車が怖かったのでしょう。 45°以上ある法面を何度か滑り落ちながらも必至こいて駆け上がってゆきました。 ころころしててとてもかわいかったですが、親グマが近くに居ると思うと気持ち複雑~

あとは写真日記で様子紹介です。
登山口(標高1160m)着-120624 新緑香る(標高1350m)-120624 荒菅沢見下ろし一服(標高1500m)-120624 

荒菅沢見る(標高1500m)-120624 荒菅沢源頭部見上げる(標高1450m)-120624 荒菅沢ラガーマンマンさん初心者アルピニストさん(標高1470m)-120624 

標高1800m辺りをゆく-120624 標高1800m付近をゆく-120624 標高1850m付近を登るラガーちゃんアルピニストさん-120624

シラネアオイ1(標高1850m)-120624 シラネアオイ2(標高1850m)-120624 笹平より雨飾山山頂方面(標高1887m)-120624

山頂に至る-120624 山頂の様子-120624 山頂集合記念写真-120624

仮面ライダーサイダーだ-120624 ラガーちゃんだけ何故かショッカーだった-120624 露天風呂でさっぱりすっきり-120624


昨年のGW立山でスキーをご一緒し、前述の大熊山で迷惑かけた後は、高岡の夜の街で何度かお会いしたことはありましたが、今回久しぶりに山をご一緒できました。 精神的にリセットされたというか、旧交を温める事ができた様に勝手に思っています。 ありがとうございました。 ラガー語録にお二人の話しの掛け合いはとても面白いのですが上手く伝えられませんので、mixiやってる方はその辺そちらでどうぞ。 って、振っておきながら無責任ですみませんが。


雨飾山(1963m) -2012.6.24(日)

雨飾山のシラネアオイ-120624
                            雨飾山のシラネアオイ  2012.6.24(日)

ラガーさんとアルピニストさんの3人で、今日雨飾山を、長野県側から歩いてきました。 時折吹く風は一服の清涼剤となり、また荒菅沢から笹平への急登を行くと、シラネアオイがきれいに咲いており、疲れを癒してくれました。 詳細、後日かもです。



本日は家族サービスデーなり - 2012.6.23(土)

平日はお互い生命反応確認するに留まっている、このところのクールというか冷えた夫婦関係。 寝ぼけてて薄暗い廊下でバッタリって時にはたまに緊張感が走ったりする。 3匹いるネコとの会話の方が間違いなく多く、つまりその関係はいい。 ネコと~?だが、ネコというかペット飼ってる者なら大概分かるだろうが、一見一方的に見えても、相手の心だいたい読め、会話が成立するのだ。  な~んて小説の出だしみたいか ^^;  

で、きれいに言えば喜怒哀楽共にする、その実態は、子どもがいたり、家のこと、はたまた世間体? そんなことでお互い逃げられない? ・・・そのような運命共同体とも言うべき人生の相棒とも、たまにはゆっくり話さなきゃ(・・・違う道歩くことになるぜ~)と、今日は梅雨の稀な晴れ間でしたので、久しぶりにイングリッドと出かけました。 と、言っても僕が好きな温泉には行きたがらない相方なので、ならば昼メシ食べて、天気いい中ドライブでもしながら話そうか、そんな、半日だけの言わば “昼メシ&その辺うろうろドライブツアー” 人様から見ればしょぼいもんです(-.-)

まずは、魚津は諏訪町の四十萬(しじま・・・名字は四十万と書きます)食堂。 fbで友人が近々行ってきたというのを見て、急に行きたくなりました。 私自身すんごい久しぶりでした(^^) レトロと言うかノスタルジックと言うか、人の血が通ってる感、庶民の暮らしが感じられやはり良かった。 相方は五目中華、私は中華そばを美味しくいただき、あーまんぞくまんぞく~(*^_^*) 
四十萬食堂1-120623 四十萬食堂2-120623 四十萬食堂3-120623
メニュー-120623 五目中華-120623 中華そば-120623
こういう店は、味もさることながら、今風な、威勢のいい挨拶・掛け声がなければ、マニュアル化された心のこもってないあいさつ・ことば掛けもない。 逆にそれが、僕にはとても居心地良い。

さて、何話すわけでもなく昼メシ終え、車中で食後のコーヒー飲みながら海岸線を走らせます。
ん~今日は梅雨とは思えないと言うか、秋の爽やかさ感じる様な好天で、気持ち良かった。
魚津の海岸-120623
魚津の海岸線-120623

そして、行く先と言えば、本屋か山道具屋。 で、気がついたら、好日山荘(笑) 
友人に会い近況など交わし、消耗品購入し家に帰りました。
好日山荘富山店-120623

と、要はどこにでもあるよな、人様から見たらまったくぬるい話しですみませんな半日だったわけです。 さて、この週末は2日間とも家族の為に時間使わなきゃと週半ばまで思っていたのですが、珍しく今日で満足してもらえた様だし明日も天気良さそう。 なので、明日は、来週の朝日小屋小屋開けのヘリポートとなる尾安谷の草刈りも予定されていますが、勝手言って、旧交温めるべく山に入りたい。



山下達郎、世界の果てまで -2012.6.19(火)


                                1995(平成7)年 秋、リリース

久しぶりに山下達郎です・・・これ以前にもアップしましたが^^;  
独特稀有な彼のすばらしい音楽性・才能は、多くの人の心を惹き付け続け、そしてそれはセールス的にも十分証明されていますね。 もう “書けば名曲、天才アーティスト” と言っても過言ではないでしょう。 この歌、超ヒットというわけではなかった様に記憶していますが、とってもステキな作品です。 僕のお気に入り。 この映像が癒し系でまた上手くマッチしている。 そして彼、言わずもがな、竹内まりやのダンナであるわけです。 

今日の日本列島は、6月としては8年振りだかで、台風(4号、グチョル)が通過中です(梅雨に台風?聞いてないよ(-.-)です)。 私の住む富山には明日未明、最も接近すると言っています。 警戒心緩めず、人事を尽くして天命を待ちますが、どこも被害が出ないといいですね。 こんな時に山でテントでも張ってたらえらいこっちゃーとも思います。 そしてこの後に静かに迫っている台風5号(タリム)、今のところですが、速度がやや遅く、それがもたらす影響被害も気になります。 正直なとこ、2発続けてかよー (>_<) ですが、と言うことは週末は台風一過、好天に恵まれるのでしょうか。

さて、今黒部は嵐の前の静けさといったとこで、雨も止んでれば風も吹いていません。 そして、心持ち涼しい、というか肌寒いです・・・薄着に慣れて着れないからかも。 こんな夜は、煮物でぬる燗飲り、こんな歌でも聴きながら、一家の番犬役として、何事もない事祈りながら、心静かにやり過ごしたいものです。

4号(グチョル)と5号(タリム)-120619







ということで、飲ってます (^^ゞ
煮物にぬる燗-120619




朝日小屋、偵察山行 -2012.6.17(日)

夕日~前朝日方面-120617
                            僕の大好きな風景。 雪がたくさんある頃がいい。
派手さはないですが、懐深く大いなる里山という感じが、殊の外好きです。ガスれば地獄かもです。 

仲良くしてもらってる、北アルプス最北端の営業山小屋 「朝日小屋」 の3日間の偵察山行から帰りました。 例年なら6月第2週に小屋開けされるので、翌週となる当週は、もう何年も “静寂の朝日岳” と称し、たっぷり雪のある時に、この奥座敷訪れているのですが、今年はどうしようもない理由から小屋開けが3週間遅れの予定で事が進んでいます。 

また、昨年は2週間早く小屋閉めしてきたこともあり、つまり、小屋が無人だった期間が長かったので、2週間後に迫った小屋開けの前に、あれこれ小屋の状況を事前確認しておきたくもあり、今回の小屋入りとなりました。 有志によるプライベート山行ながら、 “社長” も同行なので、半職業的山歩き。 今山行に撤退ということばはありません^^;

で、降られながらただただ黙々と歩き (陽介は5合目で覚醒…謎・笑)、ぬれネズミで無事小屋入りし、とにもかくにも休み体温めたいとこですが、職人さんたち(関係者ですが)は、小屋に入ればもう活き活きです(^^) で、それぞれがそれぞれの得意とする分野で小屋の状況を確認、チェックし、ミッションを遂行。 様子、ちょっとだけよ、ですが報告です・・・と言っても僕は歩くことが本意ですので、小屋内部の様子はないですが^^;

小屋に着く頃-120616 10人の侍・・・山バカともいう(笑)-120617 時折視界しょっぱし-120617
ミッション、安全に下がります-120617 生きてて山に入れる。うれしい -120617 よねちゃん、元気やにか~ -120617

個人的には、昨秋のバイク事故から8ヶ月。 こんな大きな山を、それも残雪たっぷりなこの様な時期に歩けるようになるとは思いもしませんでした。 上下山通し、今回私はペースメーカー的役割を仰せつかりましたが、みなさん健脚でな~んの問題も無く帰還。 みなさんありがとうございました。 そして見方ひとそれぞれ、今山行については、はっぱちゃんbanちゃんとこでもどうぞです。

今、ミッション無事に遂行できたことに感謝しながら、ハイボール片手に、鉄は熱い内にという想いで日記書いてます。 アテは、アマンボのおひたしにススタケほっこり焼いて、そしてコシアブラに、好きなたまねぎのてんぷら(^^) ・・・ぼくにとってはこれら、何よりの贅沢です(^^)v

今シーズンは、白馬岳や蓮華温泉からのアプローチがメインとなる朝日小屋となりそうですが、みなさんぜひおいでください。 高山植物に料理サイコー、派手さはないですが玄人好み、大人な山域です(^^♪

最後になりましたが、6/17は、朝日小屋・前管理人、下澤三郎氏の祥月命日でした。 2000年に亡くなられて丸12年が経ちました。 私が朝日に初めて行ったのは、氏が亡くなられた一週間後の山開き登山会でしたので、従って氏のなにがしを私は直接存じ上げないのですが、すばらしい人物であったことは、後々語り継がれ続ける周囲の方々の話しから容易に分かります。 小屋を長きに渡り守って来られた先人に合掌です。 そして、ぼくにとっては、13年目の朝日がこうして始まりました。


saraと夕まずめ (ぉっ・・ の散歩 -2012.6.14(木)

saraの散歩に-120614
             新川牧場裏手、森林公園への途中にて  2012.6.14(木)

saraこのとこ一週間に一度外出させればいいほう。 そろそろ雨降りな日が続くと思うと、ただなでなでしてやってても彼女も本意ではないでしょう、なので、夕方、近所ではありますが、新川牧場方面に散歩に連れてゆきました。 って~、よくある話しで、一見リード引いてるよなぼくの方が散歩につき合ってもらってる感、大いに否めないのですが、まーいいっしょ^^;  一年で一番陽の長いこの時期は得した気分です、寒ないし(^^♪

セローってバイクのエンジン、変わらず低速でもしぶとく回ります、トコトコトコトコと (^^♪  久しぶりにおんもに出て、「papa ありがとう」 って言ってる様に思いました。 森林公園手前から下立農協倉庫横に下り、宇奈月の温泉街一回り。 再び新川牧場に登り返しおうちへ帰りました。 林間走行は実に楽しい。 そして、saraちゃんちっちゃいバイクだけれど、かわいいことこの上ありません。←親バカです(#^.^#)

新川牧場最高点からの朝日町方面-120614
       新川牧場裏手の最高標高点 (ゴルフ場みたい) より、朝日町方面

おっと、珍しく締め切りに追われてます。 もうちょっと仕事することにします。



※写真は携帯にて撮影。


行田公園(滑川市上小泉)のハナショウブ -2012.6.13(水)

行田公園1-120613
                  ハナショウブと、憩う人々  (滑川、行田公園にて) 2012.6.13(水)

今日は外では時折風が吹き心地良く感じることもありましたが、室内に居ればエアコンなしでは湿気感じる梅雨特有な一日でした。 私の住む北陸地方は、先週土曜6/9に梅雨入りしたのですが、週明けからは、すっきりしないものの、まずまずな好天が続きます。 

今日は所用あり早朝より富山市内へ出かけたのですが、待ち時間があったので、最寄り滑川の行田公園へハナショウブを見に寄りました。 見頃には少し早かったですが、それでもうっとうしい梅雨の季節にはすばらしい一服の清涼剤(花)。いっしょうけんめい咲き誇る花たちを見ていると、こんなおやぢも、心洗われる爽快感、そしてやさしい気持ちになれました・・・一時だけですが^^;  小一時間程いたのですが、お子さん連れや年配の夫婦に友達どうし、或いは幼稚園児や老人ホームの方々などが次々に訪れておられました。 

行田公園2-120613 行田公園3-120613 行田公園4-120613
行田公園5-120613 行田公園6-120613 行田公園7-120613


このところ晩酌はまずビールが多いです(^^ゞ 今年は黒ビールが流行りですが、なんつってもキリンのスタウトです。泡がと~ってもクリーミー。 口と喉に優しく芳醇で贅沢な味わいです。 コンビニやスーパー行くとア○ヒの黒ビールが巾効かせ、ともすると扱いない所もありますが、別格一番だと思います。
キリン、スタウト-120613
今日も玄関横、靴も脱げない番犬部屋で独り晩酌。
カミさんはどこかへおでかけ、守るご主人様は、いな~い(-.-)