旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



陽気に誘われ ・・・2012.3.29(木)

sara1-120329
 sara2-120329  sara3-120329  sara4-120329

今日は天気が良く気温も上がりそうだったので、saraで仕事に出ました(燃費バツグンにいいので経費抑えられるし)。 打ち合わせや営業先、行く先々で 「大丈夫ながけ~??」 とか 「もうバイクなんか乗ったらあかんちゃー」などと言われましたが、本人、久しぶりの運転で恐る恐るなものの、心うれしくてだったのであります。 最近どこかであなたの名前は何を意味する? という占いみたいなので 「微妙にいかれてる」 と言われたのですが、この事もやはりその一つの顕在化でしょうか(笑)

そして、四輪で移動するのと違い、バイクだと景色が少しゆっくり流れるからでしょうか、今日は閉店したコンビニがやたら目につきました。 近くにあって営業時間が長いからつまりは、少々高くてもコンビニエンスなわけなのに、結構遠くなった人も多いのではと思いました。 それと、コンビニって、かなり集客、売上上げないと成り立たない業界なんだなぁと、走りながらそう思った次第です。 また、メットのシールド下げて走ってるわけですが、スギ花粉かなり飛んでいて、マスク忘れたので、喉がとても痛くなりました。 より怪しいスタイルになりますが次はマスクを忘れない様にしたいもんです。

さて、saraと行動共にし、午後4時回ればもう脚が寒かったですが、久しぶりで気持ち良かったです。


※富山市の今日の最高気温、17.2度


スズちゃん山スキーデビュー、新田山(923.7m) ・・・2012.3.27(火)

山頂集合-120327
                    新田山山頂にて(新潟県糸魚川市 標高923.7m)  2012.3.27

今売り出し中の 「朝日小屋、平日・女子スキースノボー部」 は、今シーズンかなりゲレンデ滑り込み腕前ならぬ足前上げられた様なのですが、メンバーのスズちゃんが、今日いよいよ山スキーにデビューするというので、同行。 小屋番、清水ゆかりさんも今シーズン初めての山スキーということでした。

糸魚川は早川左岸、国道沿いは全く雪がないのですが、早川沿いを遡上するにつれ内心ドキドキからウハウハへ、つまりは期待を裏切らない雪量でした。 すばらしい天気眺望に恵まれいい日になりました。 ルンルン、ハイキング気分で出立です。 それにしても今年の雪量すばらしいです。 しばらく行くとやはりこれまた期待を裏切らない、頚城一流の山岳景色が僕らを待っていました。
 焼山温泉-120327  出立時。今年は雪が多いなぁ-120327  まずは旧スキー場、今は耕作地をゆく by ojima-120327
 しばらく行くと期待を裏切らない眺望-120327  ツバラチイロケーションバックに by ojima-120327

星野くんがとても歩き易いルート工作してくれ(さすが山岳ガイド)、後続は楽チン。 スズちゃんもヨガの先生だけあって体柔らかいし、急傾斜でも上手くジグ切って行きます・・・ほとんど教えることないやん、です(笑) ゆかりちゃんも上手いもんだし、尾島くんは180のロングな板をなんなく扱いガンガン登ってゆきます。 ん~やっぱ山(関係・つながり)で生計立てるヤツらってのは、水を得た魚というか、自分の居場所得たり、というか、そのポテンシャルすばらしいと思いました。
 登りま~す1-120327  登りま~す2-120327  登りま~す3-120327
 山頂に至る by ojima-120327  山頂休憩の様子 by ojima-120327  主役に注いでもらう by ojima-120327

新田山は、コンパクトで滑りはショートなのですが、しっかりリピーターになっちまうのは、このエリアの山岳パノラマ拝みたくなるからと、焼山温泉と笹倉温泉があるのでどんなに雪が多くても歩きはじめまでしっかり除雪されてるから。 そして、今日の様な良い日は申し訳ないくらいもうけもんです。 なので山頂でゆっくりし、気温上がりちょっと重くなった雪の、かる~い洗礼受けながらみんなでワイワイ楽しく下がりました。 

急斜面にストップ&ゴーな雪質も怖がらないスズちゃん、下りもなかなか。 ホントに山スキー初めて?って思いました。 すぐに上級者になるような・・・ 来年になったら 「シュンちゃん、何しとんが~ 早よ下りて来られ~」 って言われそうです^^;  清水さんに至っては元々研究熱心な処へもってきて、ここのとこのゲレンデレッスンの効果かなり出ており、滑る事も格段の進歩の様に思いました。

 men's倶楽部1-120327  men's倶楽部2-120327
           men's倶楽部     下がってひとっ風呂(^^♪
 やっぱ若い人はカッコいい(__)
        ここでの積雪3m      

            焼山&笹倉温泉周辺スキールート図-120327     本日のログ-120327
                  周辺図に今日のログ 茶:登り 赤:下り


剱沢エリアでは何度かお会いしてるものの、白鳥山以来10年振りに一緒に山歩いた尾島くんに、PAIN D'OR の美味しいパンをいただいた(彼の奥様が作っておられる)。 さんきゅう。 今イングリッドとメロディがむしゃむしゃ食べてます。 果して僕のは残っているのでしょうか・・・
外で食べましょう-120327
ちょっとCMです。
美味しいのでみなさんぜひ、です(*^^)v
  

全身に早春の陽射しこれでもかと言うほど浴び気持ち良かった。 あー楽しかった。 さて、言い古されたことばですが、継続は力なり。 下りの雪質除けば、今日の様なこの上ない上コンディションは少ないと思いますが、山スキー長く続けましょうね。  



懇親会のち三田原山のちまた懇親会^^; ・・・2012.3.26(月)

三田原山へ出発の時-120325(日)
                         三田原山へ出立の頃(標高1860m)  2012.3.25(日)

この週末は山仲間とゆっくり過ごしました。 まずは日が暮れる頃より友人が会長を務める山の会所有のかわいい山荘で懇親会。 メンバーはワイラビ。 まだ雪に閉ざされ車が入れないので棚山ゴルフ場からスキーやスノーシューで小屋入り。 発電機回しストーブに火を入れ、持ち寄った食料とたあいない話し肴に、一杯飲りながらの時間は、日常よりゆっくり流れてるように感じた。 ん~大人な隠れ家サイコー。
 イナリン、スキーで山荘入り-120324(土)  雷鳥山荘-120325朝  ストーブに火を入れる-120324(土)

         一夜明けるとなごり雪というには結構しっかり雪降っており、ちと驚いた。 
         車に戻り、山に出かけるべく、集合地へ向かった(本格山スキー再デビューに)。
         大人の隠れ家で-120324(土)   新雪ありな朝-120325(日)

で、8名にて、妙高は三田原山へ山スキーに出かけた。 標高2000mから上、左下がりなトラバースな雪面は時折ガリガリのガッチガチ。 今日のファット板のクトーは元々持っておらずで、ヒロシにガツンガツンとステップを切ってもらい難所を通過。 さらに進むと天候はプチブリザードな様相。 なのであっさり山頂(2437m)を諦め、2150mからドロップ。 ところが滑り出し斜面は吹きっさらしじゃないもので、ありゃりゃ天国。 底付で30㌢位の、超極軽上質パウダーを食いまくりで下りてきました。 山スキー本格デビューでもあった今回の三田原山。 3月最終日曜日と言うことを考え合わせれば、この上なくグッドでした。
         身支度(標高1860m)-120325(日)    今日の相棒はドリフター-120325(日)

ヒロシ(はっぱ)さんのカメラより



山から下がり、風呂でさっぱり。のち、加藤蕎麦屋で遅めの昼食。
僕は、ひや酒2杯にもりそば並・・・そばは二口でもうお腹一杯。マーちゃんに食べてもらった。
 かわらず長げ~ -120325  肉そば-120325  食事もやっぱ山の楽しみ-120325

飲み足りなかったこともあり、朝日に帰り有志により連絡所(何処)で再び三たび?懇親会。 2日続けて午前様ぎみだったが、こたつ囲み話し共有できる少人数で、いろんな話しできたし情報交換もできた。 両日に渡り、いい時間を過ごさせてもらった。 いい週末だった。 みなさんありがとうございました。

ps. ノリさんや後半お会いした山田氏見てて、テレマークやりたくなってきた。

同行者へ
ノリさん
ヒロシ(はっぱ)さん
yamanoutaさん



追想、大和直美さん ・・・2012.3.24(土)

5区直美ちゃん-071104
                         朝日町民駅伝で5区快走する直美ちゃん (2007.11.4)

今朝NHKの朝ドラ「カーネーション」で、病院に係わる人々・・・ナースに入院・通院患者さん達が、ファッションショーをやっているシーンがあったのですが、観てて思わず涙がこぼれました。 トリを務めた末期がん患者さんに、今は亡き山友、大和直美さんが重なったからです。

彼女が亡くなってもうすぐ1年。 天然なとこもあったが、純ですばらしい人だった。 後味のいい人だった。 終末期には、思い残すこと内心たくさんたくさんあったろうに、周囲には冷静に明るく接し、最期まで前を向き命を灯し続けておられた。 いい思い出をありがとう、直美ちゃん。 享年50歳、悔やんでも悔やみきれませんが、ぼくの心の中にはちゃんと生きてるんだよなー 今も彼女は。 そしてそれはこれからも変わらない様に思います。 合掌。




FB始めてみました ・・・2012.3.22(木)

福岡の友人S所君が、だいぶ前に始めたことは知っていましたが、この処こちらの周囲でもFacebookやる方が急増。 なので今日から僕も大胆にもFBを始めてみました。 今はさっぱり分かりませんが、じっくりゆっくり慣れていこうと思います。 なので最初は失礼も多々あるかと思いますが超初心者ゆえ大目に見てやって下さい。 それでなくても、先日携帯をスマホに換えたばかりで頭の中混線中です。 


草の子、そしてsara帰る -2012.3.20(火)春分の日

草の子-120320
                                 そば処 草の子

午前中の仕事が終わり、ずーっと以前から気になっていたそば屋さんに今日初めて行きました。 
店内の雰囲気に店の方々、両方にすぐに感じる品の良さも手伝ってか、美味しかったです。
 天ざるそば-120320 そのてんぷら-120320
 どれもおいしそう1-120320 どれもおいしそう2-120320



そして、愛しのsaraが帰ってきました。 ぼくのへたっぴな運転の為にケガさせごめんね。 
こんなおやぢにもう少しおつき合いください。
 saraが帰って来た!(^^)!-120320
天気の良い日はあるものの、外まだ寒いので、もう少ししたら海沿いでも走ろう。




ハレルヤ例会、洞山 ( ほらやま・831.8m / リハビリ山行 ) -2012.3.18(日)

ハレルヤ例会、洞山登行中-12.3.18
            標高 510m付近。 ちょっとややこしい急登終えると、山並みがステキだった。
                                     山もみんなもいい顔してるな~(^^♪

ハレルヤ3月月例会(昨年は東日本大震災が起き中止)。 世話人はi井さん。 道の駅林林に集合し、行き先は洞山(ほらやま)。 マーちゃんに、力強い当日参加もあり、春特有、ややこしい雪壁を容易に越えてゆくことができました。
 出発準備-120318  しょっぱいとこ一つクリア ・・・2012.3.18(日)  一本いれましょう-120318

 ややこしいとこ続く-120318  最後の急登Ⅰ-120318  最後の急登Ⅱ-120318

山頂に到り、程なく、Mm師匠が到着されました。 で、一緒に休憩。 
 山頂集合-120318

休憩し、お腹も一杯、体も少々固くなり、下山前にストレッチです。 酒に酔ってのご乱心ではありません。 
ゆきちゃん先生、まきちゃん先生、そして玉ちゃん先生、ありがとう。








さて、帰りましょう。
 帰りましょう-120318  尾根から樹林帯へ-120318  下りのしょっぱい所-120318

帰りは周遊ルートにて下山。  赤:登り  黄:下山
洞山、ハレルヤログ-120318
登り下り若き獅子3人に、下りは酒呑老子氏の二万五千に出てこない繊細なるルート工作に助けられた。 
ありがとうございました。

天候は、小雨後くもり。 山行時ほとんど降られなかった。 さすが「歩く高気圧」i井さん。 登行時は、落ちついた山並みに心安らぎ、また、周遊ルートを取った下山時、尾根筋から植林帯でのルート工作には、GPSに加えコンパスがとても役に立った。  コンパクトながら、なかなか変化にとんだ良い山歩きでした。



遭対協、春の救助訓練 ・・・2012.3.17(土)

情報交換しながら登る-120317

所属する山岳救助団体の、春山救助訓練が行われました。 当初は大地~初雪山を予定していたのですが、どっぷり荒天ということで、三峯ベースにて開催。 本隊は明日日曜も引き続き実施なのですが、私はまだリハビリ中なので重荷担げずで、日帰りを許していただき参加。 

出立前にビーコン作動確認-120317 ショートカットする-120317
         出立前にビーコンの作動を確認                 途中ショートカットする

 応急ギブス1-120317  応急ギブス2-120317  応急ギブス3-120317
 H.K隊員が装備していた「応急ギブス」の使い方を全員で確認。 なかなかの優れものでした。


講師の方々や隊員各位との情報交換、また装備始めさまざまな工夫を見聞きし、とても参考になりました。 みんなあれこれ実践を想定し行動に移している。 そして、今日はどぶねずみとまではいかないが、久しぶりの雨の行軍でした。 ほかあれこれ学び、前述の通り、本隊残し、一足先に下山。


久しぶりのプールリハ ・・・2012.3.13(火)

今日久しぶりにプールを歩きました。 5週間ぶりでした。 今日も日中は時折雪が降る寒い日でしたので、温かな室内温水プールはありがたかったです。 そして2ヶ月以上通い続けたプール。 つらかった思い出と共に、水に半身預けて歩く感覚をなつかしく思いました。 顔見知りの方々が何名かおられ、みなさんそれぞれに頑張っておられました。

リハがどうだったかと言うと、脚は順調に回復してるので歩く動作はできてる筈なのですが、久しぶりで勝手がわからないというか忘れてると言いますか、1時間(距離にして2.7-8㌔)だけだったのですが、今日は実に疲れました。 一往復50mが以前通い続けてた時は70秒だったのが、今日はav.63秒。登山とゲレンデスキーという実践リハビリで大腿四頭筋の筋力が確実にアップしてる結果だと思われますが、以前の一回2時間の半分なのに、歩くコツを忘れてるからなのでしょう、大きな疲労感が残り、どっと疲れました。 今日はほぼ一日軽事務作業だったのですが、先程体重計ると、朝食前に計った体重が、朝食・昼食ちゃんと取ってても、1時間歩くことにより0.5㌔減ってました。 あービールでもぐびっと飲みたい、今そんな感強しです。
 
そして、今日のプールリハから思ったのは、筋力つけるのが目的じゃなくて痩せるのが目的ならば、プールで歩くことに慣れない方が良いのかもしれないということ。 歩くのがあまり上手くなると自然と負荷が小さくなる。 実際、以前も来ておられ今日もがんばっておられるご婦人方が何名もおられましたが、殆どダイエット効果認められない様に思いました ・・・その方々の目的が、健康増進であったり、以前の私の様にケガや病からの回復の為という方が多いのかも知れませんが。 つまりプールで痩せようと思ったら、毎日の様に通うより、一回1時間程度、週に2,3日、だらだらではなく集中してしっかり歩くのが、効果的の様に思います。 もちろんその効果、帰っての食生活と表裏一体ですが。 

 
なごり雪は春への洗礼 ・・・2012.3.12(月)


                    なごり雪 '74(昭和49)年  作詞・作曲 伊勢正三

ここのとこ寒い。 今日は雪も舞った。 と言ってももう3月も3週め。 三寒四温くり返しながら暖かくなることは否めない。 「なごり雪」なんて言ったりもするが、雪国にあって3月に雪が降ることはそう珍しいことではありません(4月に雪が降ることも)。 なごり雪は雪国では季節外れの雪ではないのです。 3月の雪、それは黒部では春への洗礼のようなものなのです。 今年はあと何度あるだろう。

因みに半世紀以上生きてきて、汽車を待つ誰かの横で時計を気にしたこともなければ、動き始めた汽車の窓に顔をつけてなにか言われた、そのようなことも、まったくありません( 一一)

市内の高台から海の方見ると、半雪景色に海には陽が差し、そのとても静かな雰囲気に落ち着きました。 おやぢには似合いませんが、何故かホッとしました。
黒部早春-120312(月)




この時代は拓郎だったというトヨさんが、バイトして初めて買われたというLP「伽草子」から。
“蒼い夏” も好きでしたが、なんつってもやっぱ “伽草子” でしょう。 
何気ない日常の風景描写に、やさしさ漂うこの作品の雰囲気、僕も今も大好きです。




ただ今納車待ち。 うれしいようなさみしいような ・・・2012.3.10(土)

22年間、とても地球環境に優しいとは言えないガソリンまき散らすかのごとき図体のでかいRV車を乗り継いできたのですが、そろそろ息切れ。 この春に五十路もぞろ目になる僕も息切れ、駐車場にでかいの停めるのもつらくなってきた。 フットワーク軽いのがいいや。 また、日頃は半径15㌔圏内を動き回っている事が多いものですから、経済的な事も考慮し、このたび小さな車に乗り換える事にしました。 エコ重視すれば、電気やハイブリッドとなるのでしょうが、ニーズ(仕事と遊び)を満足させてくれるものが見当たらず、結局やっきょく、機能とコストパフォーマンスに合格点つけれそうな、ダイハツ・ハイゼットカーゴ、クルーズターボA/T (4WD) にしました。 つまり、4ナンバーの軽四ですが、これなら3人でスキーにも行けるし、2人までなら狭いながら車中泊も可能(一人旅なら十分)です。

今回の乗り換え購入はその道一筋の友人からとも考えたのですが、うちの隣りがトヨタさんで、ずっと世話になっている ・・・バッテリー上がりとか雪道で脱輪orスタックした時に何度も何度も気持ち良く来てくれている ・・・ ので、そのご恩返さねばならず & 歩いて1分のとこでいつでもメンテ出来るってすんごい楽。 なので、つまりは横で買い、そして他メーカーも考えたのですが従ってダイハツに落ち着きました。 Sちゃん、ごめん!

さて、この車、車体本体価格がそれほど高くないのと、最近買ったスマホが、ナビもしてくれるしワンセグですがテレビも見れるのでモニターはカット。 パネル周りはやたらシンプルですが、オートライトシステムにハロゲンフォグランプ、ネットラックにカーテンやらと、その他べったべたにオプション装着(*^_^*)。 「オレ仕様」なわけ(^^♪ また、ターボ付なのでパワフルな走りには期待したいが、所詮軽なので、非力さ、高速走行力がどんくらいか、今から心配ではあります。 高速安定走行にはそれなりのしっかりしたタイヤに変えなければいけないでしょうね。 

そして、以前乗っていたパジェロに、現在乗ってるトヨタ・ランクル・プラドには、北アルプスは元より、南アに中央アルプスに八甲田、ほかいっぱい一緒に山に出かけた思い出に、車中泊による酒場放浪旅に温泉旅、イングリッドや子供たちと遠出をしたたくさんの思い出が詰まっています。 子供達が生まれる前からでかい四駆続きだったので、小さな車に乗る父親の姿、子どもらや家内にはどう映るのだろうか? そのランクルは現在25万㌔近く走っていますが、ロシアや中国、中近東ではまだまだモテモテ、需要大ですので、あっちに行ってしまう可能性大です。 海外転勤になっても、体大事にしてもらってね。 ん~、大柄な娘を嫁に出す様 ・・・離れ離れになるかと思うととても寂しくもあるわけです。 ハイゼット納車までの間に、ランクルちゃんと一緒に、最後の小さな旅ができればと今思います。

ともあれ、人生で最後かもしれない納車待ちな今年の春です(^^♪



アンリの頂上 (908m/リハビリ山行) ・・・2012.3.4(日)

800m付近をゆく-120304
    “アンリの頂上” に向け尾根道標高800m付近をゆく。 後方は富山平野  2012.3.4(日)

先月ハレルヤで行った大倉山から西方に延びる尾根上の908m無名峰ピーク。 何やら長ったらしく説明しにくい。 ので、最初行ったのが、hシェフと彼の奥さんのアンリさんの3人でだったので、「アンリの頂上」と呼ぶ事にしました。 ・・・シェフ及びご本人のご了解得ていないのですが、ご勘弁下さい(ダメけ?!)。 今日のメンバーは、馬場島街道、すっごい近くに住んでおられるDHご夫妻に、山ちゃん(何度も朝日小屋に来て下さっている)、シゲちゃん(赤谷友の会所属)、コウちゃん(早月小屋所属)の6名。 僕にとっては今日もつまりはリハビリ山行でした。

 460m付近-120304  535m付近をゆく-120304  565m林道直下-120304
 ぼく以外全員かんじき装着。 近年僕の周りでは珍しいので目がどうしても足元にいった^^;
  (僕はスノーシュー常用になって久しい)

 山頂にて1-120304  山頂にて2-120304  山頂集合写真-120304(日)
 好天に恵まれ、尾根手前で鍬崎山や大日岳が、尾根をゆくと尻高山に白倉山、濁谷山に大倉山、
 遠くに駒ケ岳、そしてお待たせしました、剱岳が姿を現した。あーいつ見ても絶景な場所です。
 道中に山頂では、DHさん、山ちゃんに美味しいもん沢山いただきました。 ありがとうございました。

 穏やかな山岳景色ながめ、腹膨らませ、四方山話しに花が咲き、では、下がりましょ。
 東屋も見えた-120304  ウサちゃんの足跡-120304  つぼで下がるこうちゃん-120304
コウちゃんが、尾根から左に下がり始め、程なくだったか、ツボで下り始めた。 下山時の腐り雪、かなりゴボるし足とられるのに、いったいどして? と思ったが、体重50㌔台な彼にとっては、かんじきの浮力ってそう意味がないのかも?  また、自らも花粉症なのに花粉症が好きだ、鼻水じゅるじゅるも好きだと言っていた。 それもあって、久しぶりに見るそのように歩く彼の姿はカッコ良かったのですが、僕から見れば、ん~「ドMなコウちゃん」って感じでした(失敬)。  今回新しい出会いもあった。 同行のみなさん、ありがとうございました。


さて、左股関節に違和感あるのは否めないものの、リハビリとしてはまぁ歩けたって感じ。 しかし急斜面ではやはり必ずと言って良い程、無意識に左脚をかばってしまっていた。 全体的な歩行バランス、まだまだ戻らない。 そしてそれが原因なのか? 近年筋肉痛って、出ても翌々日位からだったのが、昨日の山スキーもそうだが、当日夕刻からもう出る。 な~ぜ??



山スキー、暫定再デビュー ・・・2012.3.3(土)

嶋田、足づくろい-120303
                          嶋田の足づくろい  (野沢温泉スキー場 2012.3.3)

今日、山スキー再デビューが叶いました。 と言っても、スキー場エリア内ですが。 相棒は、山スキーを覚えたいと言う嶋田。 リハビリ中の僕とのニーズが一致し、本日決行(^^)  出がけは新田山へと思い、車走らせたのですが、時折のザンザン降りに気持ちブルー。 ならば一か八か行ってみるか野沢か志賀高原、ってことで、気がついたら野沢温泉スキー場におりました^^;

ゲレンデ沿いの樹林帯を単純標高で300m登行。 谷狭くなり周り中から雪崩押し寄せた形跡ある地点で終了。 あーシール剥がすの久しびり~!(^^)! 嬉しいもんだった。 長居して雪崩られても困るので早々に下がる。 長坂ゲレンデ降り口まで山の中を滑りました。 下りはモナカ雪に難儀。 僕は兎に角ころばない様にやっとかっと。 嶋田は嶋田なりに楽しんで滑っていた。 つまり、お互い自分のことで精一杯やったわけ(-.-)  ただ、久しぶりのスキー登行で、登りはとても気持ち良かった。
 登ります-120303  本日終了点-120303  滑って下がります-120303

 脅威の左キックターン-120303
 難儀したものの下りるは下りれた。 が、
 左キックターンだけは股関節痛く参った(>_<)
 でも、今どこに障害が残っているのか知れて良かった。

余裕もって早朝に出かけたので、山から下りてきてもまだ昼まで1時間以上ありました。 なので、ゴンドラ1本上がります。 やまびこ駅降りて(標高1420m) うっひょ~!スッゲー賑わいに驚きました。 にぎわってるね~ ゴンドラ内で一緒だった、ドイツ人で現在オーストラリア在住というご家族は、サマーホリディで2週間野沢にいるのだとおっしゃっていた。 外人さんは笑顔がきれいですね。 で、緩斜面、風に身を任せ気持ち良~く滑り下りるも、途中濃いガスに一面巻かれ一服タイム。 程なく再び下がれば青空も。 今日は野沢まで足のばし良かった、とその時思いました。
 やまびこ駅-120303  視界不良-120303  日陰ゲレンデ-120303

 無事帰る-120303
        無事スキー終了

まだ12時半です。 でいつものコース。 良味で昼メシ。 日が高いので通りに人は少なく・・・というか殆どいない・・・なので、店も相当暇やろーと戸をあけるとびっくり。 僕らが入ってカウンター以外満員御礼。 本当に驚いた。 女将さんが「時間かかりますがいいですか」といつもながらの控えめな雰囲気で聞かれるが、それはお構いなし。 カウンターでもいい、と尋ね座る。 そしていつもの頂く。 蕎麦だけは今日はちと色気出し「冷やしたぬきそば」で。 マスター(若旦那)も忙しそうに厨房で動いておられた。 書き入れ時だったのでちょっとだけだけ話し「また来るわー」と店を出た。
 良味、馬さし-120303  良味、なめこ豆腐-120303  良味、冷やしたぬきそば-120303

四次会(一次会…山スキー、二次会…ゲレンデスキー、三次会…良味)は、良味となりの野沢温泉外湯13の内の一つ「麻釜の湯」。 汗流しさっぱり。 着替えて気持ち良かった。 野沢を後にし、程なく車のメーターに4が並んだので路肩で記念撮影。 4は僕の大好きで、ラッキーナンバーなので。
 麻釜の湯へ-120303  麻釜の男湯-120303  4がならんだ、だけです。-120303

途中SAでアイス食べ(アイスクリーム症候群はまだ完治していない)、土産など買って黒部に戻っても、まだ午後4時前だった。 早めに出れば、野沢は日帰りでもいろいろ楽しめる、かわいいリゾート地です。  そして、生きてて五体ある程度動くって、すばらしい。 




◇ 今日の形態は山スキーに間違いないのですが、ゲレンデ内なので、暫定です。
◇ スマホに変え電話かかって来て、出方がわからず失礼した(__)



ホタルイカ漁解禁 ・・・2012.3.1(木)

ホタルイカ漁解禁-120301
                                      北日本新聞より

今日3/1、今年も富山湾の風物詩の一つであるホタルイカ漁が解禁されました。 富山にも春の足音が遠くから聞こえてきました。 そして何でも昨年に比べ出だし豊漁らしい。 どんどん揚がって、新鮮なのを安くいただきたもんです。 と、好天だったこの様な日に事務処理で一日籠っていたので、一見不健康そうだが、花粉症な僕にはある意味とても健全、心安らぐのです。 年々ひどくなる花粉症。 歳取ると共にキツイ。 今なんか、考えただけで、目しょぼしょぼの喉がらがら。 あー人っていつのまにこんなに自然対応力下がっちまったんだろう。 


地元紙関連記事