旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



White Rabbit スキー合宿、2日め (備忘録)・・・2012,1.31(火)に記す。
White Rabbit(ワイラビ)スキー合宿、2日め・・・2012.1.29(日)

黒姫出立前に-120129(日)
                    黒姫山方面外輪山に向け、黒姫高原スノーパークを出立前に

合宿2日目。 
野沢温泉から黒姫高原に移動し、みなは黒姫山方面に出かけて行った。
エリア図-120129 黒姫ルートマップ-120129

スキー場休憩所でファミリースキーヤー眺めながらコーヒーを飲み、そこのおばさん(失敬、品のあるべっぴんなご婦人でした)に近くに日帰り風呂ないかと尋ねると、「この上にあるけどやってるかな?電話かけて聞いたげるよ」と言われ、親切に問い合わせてくれた。 やってるとの事で行く。
 風呂1-120129  風呂から1-120129  風呂から2-120129
展望風呂というだけの事あって、見晴らしの良い風呂でした。 時間が時間。スキー後のお客さんが来る前なので驚くほど空いていた。 じっくり熱心にというより、あ~ぁなどと声出しながら、だらだら脚をマッサージしました。 脚とか体が喜んでいるのが分かった

ゆったり風呂に入り、さーてひと眠りするか~ と思ったその時、メンバーから 「下りてきた」 と電話が入り(わだっし・かよちゃんはさらに外輪山目指し別行動だったらしい)、駐車場にあわてて戻りました。 行動食のみで下がってきたらしく、遅い昼食になるが、18号を北上し、ニューミサに立ち寄った。 

もち!オーダーは みそラーメン。 魚津の山久ラーメンのおやじ(じいちゃん)がその昔、開店前に修行したとか言われてる系列だけあって、山久の方がスープにコクがあり少し濃いめですが、やはり白みそベースのスープはなかなか。 麺はニューミサの方が固めで好みだった。 ただ、テーブルにニンニクが置いてなかったのが残念だったし、ニューミサに「みそ野菜らーめん」と言うメニューは無い。 が、おいしくいただきました。 店に入ったのが午後2時半だったのに、広い店内ほぼ満席だったてのが、何よりもこの店のファンの多さ物語っていた。 
 menu1-120129  menu2-120129  menu3-120129
 menu4-120129  みそラーメン-120129  ほな帰りましょ-120129

おなかも満たされ、では帰りましょう。 上越ジャンクションを通過し能生過ぎた辺りからだったか、再び雪が激しく降って来た。 トンネルの多いとこだが、こういう時はありがたい。 そして無事集合地に帰る。 

こうして、2日間のスキー合宿は終わった。 想像以上の豪雪に、今年は思う様な山スキーをみんなできなかったかもですが、来年も野沢温泉ベースに、また行きましょう。 来年は、登って滑るぞ~ みなさんよろしくおねがいします。


○ 黒部の自宅前の積雪 1/31(火) 午後5時現在 55㌢
  

White Rabbit スキー合宿、初日(備忘録) -2012.1.30(月)に記す。
White Rabbit(ワイラビ)スキー合宿、初日・・・2012.1.28(土)

鍋倉山スタート地点は豪雪だった-120128(土)
        鍋倉山出立地点に集合するが、笑えるほどの雪量は、底なし低温ドライパウダー
                みんなの今日の武器(板)じゃ、こりゃー蟻地獄必至だろうと思った。

現地の様子。 先発してった4人パーティーもあっさり撤退して来られたので、結果今日はゲレンデもフカフカやろうと言うことで、今日の宿最寄りの野沢温泉スキー場へ移動。

 今回の宿・あたらしや-120128  秋葉の湯-120128  今日はゲレンデで-120128
 世話になった、あたらしやさん   目の前に外湯 「秋葉の湯」     準備し皆は、雪の中へ
                                              いってらっしゃ~い

みなの後ろ姿見送り、僕はひとり野沢温泉ぶらり旅へ。 兼リハビリの為、雪降る中転ばない様に、あの坂この坂うろちょろ一生懸命歩く。 途中除雪しておられる方に聞くと、今年の雪は例年の2倍とのこと。 そして普段は軽四なら楽々通れそうなちょっとした裏道に入ると、雪が巾効かせており、今年の雪の多さを物語っていた。 メンバーに持って帰る馬刺を途中のお店で予約し、リハビリ続行、また目的なく歩いた。 湯の街は情緒があっていいものです。 
 一人ぶらり旅へ-120128  大湯-120128  北帰行-120128
           ちょっと入ると①-120128  ちょっと入ると②-120128

そろそろ疲れた。 野沢通な nozomirre お勧めの店「そば処・良味」で一休み。
 そば処 良味-120128  
 お勧め品-120128  良味、店内の様子-120128  てるちゃんと意気投合!(^^)!-120128
 上品な馬刺に野沢菜で、枡酒をぐびっと飲る。              てるちゃんと意気投合
 明るい内から堂々と飲める。 これ、旅先、湯の街ならではの贅沢。

楽しい時間ってやつには、“加速度” がもれなく付くもので、時の流れは速い。 飲食中に隣にある麻釜の湯に入りに行った。 行ったは行ったが、酔いもあるので、湯舟の横でうとうとと体休めながら湯に浸かる人達と話した。 あー体楽チン  脚の調子も良かった。 1時間半位風呂に居たとこで、良味の常連さんが迎えに来た。 再び良味に戻りしばらくしたら、ヒロシ&ユキコが迎えに来てくれた。 そろそろ宿に帰りましょう。
 土産の馬刺し取りに寄る-120128
予約しておいた馬刺を受け取りに立ち寄る。
夕刻の野沢温泉街の雰囲気、少しですが こちらでどうぞ

宿に戻り、夕食、懇親。 8時半頃だったか、昼さがりに意気投合した、てるちゃんから電話。 後でまた飲もうと話してたので、約束は守らなければいけません。 で、男衆4人で出かけた。 てるちゃん、今は愛知県にお住まいらしいが、盛り上がって出ることばから、彼の出身が九州である事はすぐに分かった。 とても男気のある矍鑠とした男で、「男に二言はなか~!!」と言っておられた通り、僕ら4人まるまる一銭も払わず奢っていただいた。 てるちゃん、ありがとう。 湯の街情緒たっぷりな野沢、外湯もあるし、ここベースにすれば山スキーだってゲレンデスキーだってできる。あー最高。 上機嫌で宿に戻り、そのまま爆睡となりました。


♪ スキー現場の様子は、ヒロシくんyamanoutaさん のところでどうぞ。   


White Rabbit スキー合宿、2日め ・・・2012,1.29(日)

あっという間に夜は開け、朝風呂に入り野沢温泉を後にしました。
黒姫高原に移動し、皆は7,8年前から止まっている第6リフトの急斜面・・・斜度35度以上ありそう・・・を登り上げ中。 僕は最寄りの風呂でリハビリ中。 詳細後日。


White Rabbit スキー合宿、初日 ・・・2012,1.28(土)

鍋倉山出立地点に至り、先行パーティー出立を一旦見送るが、すぐに帰って来られた。 
僕らと言えば、例年の倍という底なしアリ地獄的な豪雪に目的地変更。 野沢温泉スキー場で遊ぶ。
もちろん僕は待機。 只今、野沢の温泉街を徘徊中。 詳細後日。

 
思ったより積もらなかった ・・・2012.1.26(木)

昨日は午後から雪が断続的に降り、そして寒かったしで、おっとこりゃどんだけ積もるんやろー、と心配したのですが、昨夜から今日中にかけ、時折雪は舞ってたものの、陽も出たりして、結果あまり積もりませんでした。 現在、標高30m程のわが家の積雪は35㌢と昨日より減りました。 今週末は小康状態の様ですが、来週はまた気温低く、べったり雪マークが出てるので注意はまだ必要でしょうが、どこか心穏やかです。

そう言えば、先日受けた3D-CTの結果ですが、「左股関節臼蓋骨折部分はほとんどズレを生じていません」との病状説明をいただき、前向きにリハビリを続けています ・・・天気によりちょっとサボりがちですが^^;  今日は金太郎温泉で1時間、体を温めストレッチ。 後プールで2時間、歩行筋トレをしました。 温泉でゆであがった後の2時間のプール歩行は結構フラフラになり疲れました。 そして先日の便秘以来どうも冷たくて甘いもんにハマり困っています。 あのーそのーつまりがアイスクリームであります 夕食後に多い時は2カップ+棒の1本。 これじゃー痩せない訳だ~

と、今日プールで桜井中学校の先輩にお会いしたのですが、「仕事も辞めたし、酒もタバコもあれ(何)もやらんし、な~んも楽しみないちゃー。 まだ生きてかんなんと思うとつらいわー ・・・」と人生を嘆いておられた。 先輩は以前(と言うか若いころからずっと)飲食店をやっておられて結構繁盛店だったのですが、どうも腰を患われてから、体力・気力共に萎え、7,8年前だったか定かじゃないが店を閉められた。 今おひとり様なのかとか家族構成がどうなのかは会話に出てこなかったが、そんな事はどうでもいい。 後輩の僕が言うのも何ですが、50過ぎれば皆同じ。 そして “あるべき論” や “もっともらしい前向き論” は要らない。 人間って弱いもんなんだよ。 愚痴りたい時は愚痴ればいいじゃない。 泣きたい時は泣けばいいじゃない。 そう思います。 でも、先輩、愚痴って泣いて、その後はまた元気になって下さい。 自分のために体も心も。 生きてくのはつらいけど、生きてるだけで、いいこともありますよ、たぶん。 いただいた命大切に燃やしましょうね。 隣りで一生懸命トレーニングされてる先輩目に入りながらそんなこと思い、そして、自分も頑張らなきゃと思い今日は歩きました。


バイク事故から3ヶ月 ・・・2012.1.19(木)

今日は、あの自業自得なバイク事故(10/19)からちょうど3ヶ月。 長い様な短い様な3ヶ月が経った。 その間に年も改まった。 現在の身体の状態は前回書いた通りで、以前できたあらゆる動作ができる訳じゃありませんが、日常生活においての支障はかなり小さくなってきました。 そして、これもいつだか書いたかも知れませんが、この事故によって、命の軽さ(命っていとも簡単にもってかれる事)を、そして続く入院生活で、命の重さ・尊さ(献身的な医療現場と、生きようとする人々の喜怒哀楽の日々を目の当たりにして)を、同時に学びました。 また、言葉では上手く表現できませんが、「やらなきゃいけない事がまだあるから生かされてる」ってことを、ベッドに横になりうとうと朦朧としながら、神様仏様なのかあるいはご先祖様なのか? に告げられた様に感じました。 あれから3ヶ月。 痛いめに遭ったが、今命があり不完全ながら五体満足である事を、とてもとてもありがたく思います。  

話しは変わり、今日のお昼にタイヤマンのおやじさん一押しな8番ラーメンの酸辣湯麺(サンラータンメン)を食べました。 おやじさんのお勧め通り紅油さじ5杯入れたものの、元のスープの味を大切にしたいので黒酢は瓶の1/5位にとどめいただきました。 季節限定品にはもったいない位美味しかったし体が温まりました。 事故後の僕の一食としてはカロリーオーバーな昼食だったが、一杯658kcalだから、まぁいかろ~ です。
 酸辣湯麺menu-120119 酸辣湯麺-120119
                        menu                        実食もん


夕方からプールでリハビリ。 今日はやたら足腰の調子が良かった。 やたら調子いいのが逆に不安。 同級生のK.Sさんに会ったし、同時に例の野田総理似のおやぢさんにも会った。



あれから17年、そして3D-CT ・・・2012.1.17(火)

阪神・淡路大震災から今日で17年が経ちました。 今年は特に、3.11発生以降初めての節目の日という事で、特に考えさせられる事多い様に思います。 そしてこの1995年は、1/17-阪神・淡路大震災、3/20-地下鉄サリン事件、5月-歌手テレサ・テン死亡(享年42才)、11月-Windows95日本語版発売 と、大きな事件出来事の多かった年でした。 上九一色村が取沙汰され、「ああ言えば上祐」という言葉が流行した。 個人的にはこの年37-38才。 上越市に単身赴任中であり、次男坊がアパートで初めて “立っち” したことを憶えています。 

さて話し現代に変わり、僕のリハビリは一定の成果を上げ、次のステップへ移行する時期にまた来てる様です。 静止した状態で脚は前後左右に動くし痛みもない。 また深々・長時間とはいかないがあぐらスタイルもとれる様になりました。 が、体重かけると、イメージ通りに歩けない・・・骨盤がすっときれいに左足に乗ってこない感。 移動すると一歩一歩に痛みが走る・・・なので、今日は詳しく骨を調べるべく、3D-CT検査を受けました。 これ名の通り一般的な平面図的なものより、かなり詳しく状態が読み取れる様です。 

でも、でもです。 CTとは言え、苦手とする、そう、あのMRI系の検査(MRIは4戦4敗中)です。 今回もダメかなと思いながら、戦地に向かうよな気持ち(行ったことないけど)、ゆくあての無い雨に濡れ震える子猫ちゃんの気持ちで臨みました。 最近のCTはかなりの高速で撮れるようになったとは、主治医たまちゃん先生からお聞きしてはいたのですが、マジびっくり。 台に寝て検査し下りるまでわずか5,6分でした。 加えて 「リハビリ次のステージへいきたい」 という自分の思いが強かった事も追い風となってでしょうか、何とかクリアできました。 また、結構嫌なヤツっているもんですが、今回の検査技師の方が親切で感じが良かったのが、不安取り除いてくれ心ゆったり落ちついて検査受けれました。 後は結果待ち。   


ハレルヤ 八乙女山(富山県南砺市) ・・・2012.1.15(日)

八乙女山出立の頃に-120115
                                   八乙女山 出立前に  2012.1.15(日)

ハレルヤ新春山行。 世話人はyamanoutaさん。  
僕はまだ山に入る力なく今回もひらば班決め込む。 山装束のみんなの後ろ姿見送るのは、一人取り残された感あり、一抹の寂しさ感ずる事否めないが、それより仲間の顔が見れたことに喜びを感じた。 そして、見送り後は、頭持ち上げる放浪癖満たすべく、友人と高岡駅前周辺、なべ祭り会場に昼の横町をうろちょろ(本隊…上も、なべ祭りだった模様(^^))。 

肩触れ合う位ごった返す、喧騒下での孤独感、、、これまた旅情感じ、なかなか良かった。
 なべ祭りの様子-120115  しし鍋-120115  かき鍋-120115
        にぎわうなべ祭り                しし鍋                かき鍋   

 ひろせのある横町-120115  しょんべん横町-120115  いわい跡地-120115
  昼の横町街は今日の表通りと別世界。 どこも静か。         しばらく通った、おでんの
                                         “いわい” は更地になっていた。


常日頃の放浪癖満たし、みんなが下りてくる頃朝の場所に戻る。 程なく事故なく全員元気に下山して来た。 で、よったんが差し入れてくれた岡山の梨を絹ちゃんが切ってくれ皆で頂く。 柔らかめなものの、ほのかな甘みが美味しかった。 さて、今年のハレルヤ、どの様な山が待っているんだろう。



ALWAYS三丁目の夕日 ・・・2012.1.14(土)

映画 「ALWAYS三丁目の夕日」 昨夜テレビでやっていたので観ました。これ2005年秋に封切られ、その後何度かTVで放映された様に思いますが、何故か初めて観ました。 描かれてる時代は “もう戦後ではない” と言われて久しい昭和33年。 自分の生まれた翌年だからか、どんな時代?ってこともあり、そんな視点からも観た。 そして、やはりほんわかしたものが伝わって来たのが一番なんだけれど、薬師丸ひろ子のお母さん役似合ってたのと、堤真一の、劇画からそのまま抜け出した様なド迫力演技(歯は出ていないが、時折柳沢慎吾に見えるからおかしい)が印象的だった。 あれこれ、詳細はこちらでどうぞ。 

イメージ-120114


来週だか続いて続編をテレビでやるらしいので忘れない様にメモ。 そしてシリーズ3作目となる 「ALWAYS三丁目'64」 は来週ロードショーの運び。 1964年(昭和39年)の春に僕は小学校に上がった。 ぴかぴかの一年生になった年だ。 人生最初の節目の年であるからか、このタイトルには何故かすぐに反応してしまう^^;  勢いに乗ってこのシリーズ3作かためて全部観るべく、映画館に出かけてみようかと思います。



今日は北ア屏風がみごとだった ・・・2012.1.12(木)

大日橋付近からの雪煙上げる剱岳-120112(木)
                    本峰、長次郎の頭から雪煙上げる剱岳(2999m)  2012.1.12

所用あり富山市内へ出かけた帰り、北アルプスがみごとな屏風と化していた。 
久しぶりにすばらしい富山の山岳風景に出会えた。 気持っち良かった。
ひらばから見ててもこれですから、山やスキー場から拝むと迫力さらにだったでしょう。

大日橋付近からの雄山-120112
                          中央が立山・雄山山頂 (3003m)


一眼レフを持って出かけなかったことを悔やんだが、後悔先に立たず(+_+)




White Rabbit、神奈山(1909m) ・・・2012.1.9(月)

年末の大毛無山に続き、所属する山スキーの会「White Rabbit」のスキー山行が、今日1/9(月)成人の日に、妙高・関温泉からの神奈山で行われました。 私は前回同様、山には行けないものの、温泉リハビリ&日帰り小旅行として参加するつもりで、朝集合地までは行きましたが、ここの所便秘ひどく体調整わず、暗い内の見送りにとどめ早々家に戻り暖かくしていました。

現場の様子細かくは分かりませんが、今回はpafupafuで快適な滑りを堪能できた様です。様子は参加された、ヒロシくんyamanoutaさんひろりんわだっしさんとこでどうぞ。

妙高エリア、山スキーmap-1201
             妙高エリア、山スキーマップ。神奈山は右上の方



カンボジア報告会 ・・・2012.1.8(日)

カンボジア報告会1-120107

山仲間ゆきこが年末年始カンボジアに行って来たというので、その話しを聞きたく昨夜訪ねた。 カンボジアは3年ほど前僕も訪れたことがあり、興味深く話しを聞いた。 写真を見ながらの彼女の話しは説得力があり自分も旅をした様なそんな気になった。 そして70年代以降今だ悲しい歴史と共にある国ですが、同時にすばらしい文化遺産を持つ国であることも再認識しました。

カンボジア報告会4-120107 カンボジア報告会2-120107 カンボジア報告会3-120107

        章ちゃん-120107   章ちゃん-120108
      お父さんの章ちゃんがハモニカを演奏。 翌日町内会で出かけられた。




いつもと違う年末年始 ・・・2011.1.7(土)

故障によりこの年末年始は「山」の事考えたくても机上止まり。 考える必要のない年末年始。 前世紀以来のことだ(笑) そしてそれに係わる時間は、山に入る日数だけじゃなく、計画から準備に、世話人の場合は連絡や取りまとめに費やす時間、戻れば片づけ、はたまた記録やネットに載せる人は写真の整理にアップと、後日までかかる場合もあるでしょう。 もう何年も年末年始休みの半分以上山に入っていた僕の脳の中は、そのほとんどが「山の事」で占められてたことになる。 

行きたくても行けない、その必要がない今、時間はちゃんとその分余ります。 早朝から出かける必要もない。 以前にも書きましたが、その分の気持ち・行動が何処に向いてるかと言うと、「リハビリ」であり「人事交流」であり「酒場放浪」であり「湯」なわけですが、そう言ったって、その様な事ばかり毎日やってられる訳じゃない。 自宅での晩酌止めてる今、じゃぁ何してるんやろーと振り返るに、この処、良くテレビを観てるということに気がつきました。 もう山歩けないや、って時は遅かれ早かれ必ずやって来る。 そうなったら、寒く雪の多い富山ではこういう過ごし方、スタンダードなのかも。 なので今年はその練習です・・・うそです(-_-;) 

見たので多いのは、年末は「この一年」であり「未曾有の天災・3.11」であり「賞もの」。 格闘技系が極端に少なかったのが残念でした。 新年は、各地の正月実況ものにスペシャルドラマに箱根駅伝始めスポーツもの。 暮れ正月を通しては、お笑いもの、歌もの、グルメもん・・・何故かファミレスもんが多いこの頃。 日中は温泉含め旅ものも良くやっていた。 自分の好みは、ぬるいお笑いものより「炎の体育会TV」のよなガチ対決・格闘技に、グルメにはあまり興味がないのですがやっぱ「旅もの」。 そしてNHK BSプレミアム3 「山とか日本の風景写しときゃいいよー」といった感もあるが、一日中なかなか上質なものをやっていて良いです。 

それと、朝日町たから温泉内風呂での死亡事故、死因は水死とのことだが、水死に至った誘因原因が気になります。  ヒートショックとの見方もある様ですが、一人ならともかく二人同時にとは何故? 二人に一体何があったのでしょう。 さらに詳しい当局の発表、あるのでしょうか。 

おっと、一週間連続日記を書いてしまった。 これも時間があるからでしょう。



今日は小寒 ・・・2012.1.6(金)


                    冬の散歩道  サイモン&ガーファンクル 1967年

今日は小寒。 二十四節気の一つ、これからが寒さ本番、寒の入りって事らしい。 正月気分もうどこへだが、よー考えるにまだ6日。 今年になって半月も経った様に思っていたが、まだ一週間も経ってないんだから、人間の感覚なんていい加減。 今日は雪じゃなく雨でしたがやはり寒かった。 40代の頃までは寒いのあまり気にならなかったのですが、最近億劫。今年は特に苦手。 できればネコちゃんと一緒にこたつに埋もれていたい。 

そしてここ黒部は雪国なので足元悪く、よっぽど天気のいい日とか犬でも飼ってないと、この時期散歩に出る人は少ない。 これからの季節、あこそこ雪だらけ。 市街地も屋根雪要注意。 歩道は雪で埋もれてる事多いので、車道わき歩こうもんなら車からどけどけクラクションでしょう。 つまり冬の散歩道などという洒落たものはこの辺りにはない。

さて、1967年、昭和で言うと42年。この年の日本のヒット曲調べてみると、帰って来たヨッパライ、ブルー・シャトウ、小指の想い出、世界は二人のために、虹色の湖、この広い野原いっぱい、君こそわが命、夜霧よ今夜も有難う etc.etc.今も歌い継がれるなかなか名曲ぞろいなのですが、この頃は、フォークソング、演歌、そして歌謡曲、そもそもみんな元気な時代だった様に思います。 



歩き初め(プール) ・・・2012.1.5(木)

年が明け初めてプールに行きました。 晩酌に正月気分、昨日4日で終了。 歩き初めです。 12/27以来だったので、9日振りでした。 常連さん3名も頑張っておられた。 挨拶のみ交わす。 気負わず粛々と脚の状態を確認しながらいつもより少し入念に歩きました。 一往復50mで計測してるんですが、ありゃ、年末より速いじゃない。  思いの外スピードに乗れました。 

何故?と自問するに、プールに行けなかったこの年末年始、忘新年会や年始で出かけたり、家内の誕生日で食事に出たり、White Rabbitメンバーと新井方面に出かけたり、年賀状何度か出しに行ったり、はたまた、何も買わないのに初売り気分味わいたく、電器店やスーパー回りしてたりで、結構歩き回ってたのが功を奏したのでは、と思います。 歩ける時は積極的に自重かけて歩くのがやっぱり一番の様です。

もう一つ思ったのが、この年末年始で3㌔リバウンドしてるので、体重くなった分水の抵抗を感じなくなっちまったんじゃなかろうか、ってこと。 でも水に入れば元々荷重小さくなるんだからこれほんの僅か、関係ないでしょう・・・と勝手に解釈。

話し変わり、全くの筋力不足否めないにしても、今一番気になるのが、骨盤と大腿骨の接点というか接面というかに、一歩ごとに激痛とまではいかないが痛みが走り きれいに歩けない事しばしばという点。 物噛むたびに歯に痛みが走り、その度に手でその部分押さえるといった感じ。 耐えられるが耐えがたい。 素人考えだが、筋力の回復のみでは山には帰れない様な気が今しています。 どーすりゃいいんだろう??? まだ1/5。春までまだある。 専門家の意見を聞きながら、あれこれやってみようと思います。