旅のしおり
カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



とやま春の風物詩 - ホタルイカの身投げ
 
 ホタルイカの身投げ-110330
                 富山湾、ホタルイカの身投げ 2011.3.30

 富山、特に呉東地方の春の風物詩と言えば、蜃気楼とこれ

 ホタルイカ身投げ 今年も始まったようです

 写真は、趣味人倶楽部でマイフレンドの “はしさん” が撮られたものです

 宇宙の決めごと摂理に 身を任せ くり返される生命の神秘

 悠久の昔から繰り返されてきたのでしょう 実に幻想的ですね。

 ・・・って僕はちぃ~さな頃に、1,2度しか生で見たことないのですが


 富山の桜はまだつぼみ 今年の開花は例年より遅めのようです 
 明日から4月 今年は特に早く春本番 ぐっと暖かくなって欲しい。



個人的にちょっとシャンソンブーム


                        Non je ne regrette rien Olympia   イザベル・ブーレー

昨日の山の帰り車の中で、ヒロシ(ネットでははっぱさん)が、先日大阪出張した時だかに行ったシャンソンバーの話しで、ひと盛り上がりした。何が?って、語りかけるように話しかけられるように目を見つめられ。 かぐや姫の神田川なども、ためてためて語る様に、らしい(笑) 動けない、じっと聴かなければ。。。。。くつろぎの場のはずが緊張状態、日常とちと違う文化に、戸惑ったらしい。

もちろん、その世界で生きるプロが歌うのだから、歌の上手さは一流、折り紙付なはず。でもその時の彼の顔・様子をふと想像し、爆笑。 雰囲気真似すると彼上手いんだけれど、パスされた。映像は、見た目も雰囲気もできるだけサラっと系にしてみました。ワインちびちび飲りながらほろ酔い気分で生で聴いてみたい。シャンソン、チャラチャラした今風のより 好きです。 長谷川きよしが歌うのもいい。 

彼のそん時の現場は、もっともっと濃ゆい感じなんでしょうね、こんなんの延長上でしょうか。。。
http://www.youtube.com/watch?v=cUHRLbkWE6M


春山通信2011Ⅱ - 放山方面(終了点標高1204m) 笹倉温泉よりピストン

1070m辺りゆく-110327
                 最初の完全ホワイトアウト抜け、標高1070m辺りをゆく。(2011.3.27)

笹倉温泉から放山(1189m)方面…尾根上(最高点1204m)まで行ってきました。

中太と極太(スーパーファットではないが)を持って行ったが、ん~こりゃー結構新雪あるぜーってことで極太板チョイスし出立。出だしの田んぼ通過がなかなかやっかい。雪の下の田に水が回ってる様で、地雷的にすと~んと体まで持ってかれることがある。程なく樹林帯に突入。出だし20㌢の新雪は徐々に増し、傾斜のある所では膝下まで来たが(40㌢程)、ラッセル力あるイナりん(失敬)とヒロシがぐんぐん高度を上げてくれます。すばらしい脚力に板さばきでした、さんきゅうです。

出だしは雪も舞い寒かったが、徐々に天候回復。お日様が西から追いついてきた。待ってる特急・急行・快速トリオに、自分が追いついた頃は青空が広がりいい感じ。しばし頚城のアルペン的な山岳パノラマを堪能した。 帰りにお楽しみなおいしい大斜面もチェ~ック
 735m辺りゆく-110327  740m辺りゆく-110327  835m絶景ポイント-110327

 840mから阿弥陀山方面-110327  840mから焼山方面-110327  おいしかった大斜面-110327

板進めると、好天はつかの間。あれ~ガスってきたぜ~と思ったら、あっと言う間にガスに巻かれた。かなりのホワイトアウトの中に入った。僕らを試してる・迷い込ませるよな二重山稜が次々に現れ始めた。真っ白ながらファンタジックとはとても思えない怪しい世界、どっちに行こうか? ん~久し振り~ 燃えてきたぜ~ 行きましょ行きましょ。 稜線下まではイナりんがトップでぐんぐん引っ張る。最後はヒロシが決めます。で、第一目的地に到着。吹雪いて、とてもさぶいので、ここ放山から延びる稜線上(…と言っても放山の標高より高い)を本日の終了点とし、シール剥がし休憩のみで、安全地帯まで下がります。
 ホワイトアウトに入る-110327  終了点まぢか-110327  1204m終了点-110327

                     滑り始めもホワイトアウト-110327
          下がり始めも真っ白おばけの中。トレースに忠実に下がりました
            と言っても、多分今シーズン最後のパウダースノーに歓喜
                  疎林に、時折オープンバーンが広がる
              底がありそで、無い。気持ちのよいラン楽しめました。

下がり始めて間もなく(標高1100m地点で)登って来られる単独行の方に会った。あれ~高岡のyさんやにか~ 革靴に細板のテレマークスタイル。スノーシューも背中に。68才になったとおっしゃった。山屋にも偏差値というものがあるとするならば、優に年齢を超えてるでしょう。装備に、桁はずれなモチベーションに、体力・脚力・技術。そしてそのいでたち、かもしだされる雰囲気、とてもかっちょ良かったです。
                       高岡yさん-110327
    
          標高838mまで下がり、やっと昼メシ ホッと一息。
          二人のシェフには温かいもんいただいた。重いのにありがとう。
          昼休憩-110327    シェフ・ふたり-110327

                        で、また滑り、下山          
                     お楽しみハーフパイプ-110327
                  お楽しみ 巨大なパウダーハーフパイプ
               中間で一ヶ所切れて穴開いていたが ノートラック
            長めでファットなロッカー板は浮き浮き~ 良く走ってくれた
                   と~っても 気持ちいかった~~
                     
                       笹倉温泉が近くなった
                     笹倉温泉が見えた-110327
                     ・・・ こよみは、もう4月目の前
         すごい得した、儲けもんな、そんな印象強い今日の山スキーでした。

下りて、お約束、笹倉温泉で汗流しさっぱり。 帰りの車ん中もいろいろ話に花が咲き、楽しかった。ジャズ好きな “イナりんトーク” も面白かった。先日の大地震以来、久し振りに笑った様に思う。気持ちのいいメンバーに感謝。みなさんありがとうございました。


今日の軌跡 黒:登り 赤:下り・尾根から休憩地 青:下り・休憩地から笹倉温泉
 ログ-110327



※ 標高はmyGPS値より
※ 当初妙高方面の予定だったが、大地震の影響(電力事情)から行き先変更となった。



永遠のチャンピオン 大場政夫



大地震に原発のニュースからまだまだ目が離させないこの頃ですが、自分的にはちょっと息切れ(すみません)。一度、空しく行きづまる気持ちをリセットしたく、空いた時間をYoutubeで過ごすことが増えました、すっと心地良い脱力感感じる時間です。で、知ってる人は知っている知らない人は知らない「知ってるつもり」を最近観ました。関口宏が司会してた日テレ系で10年程前までやってた番組です。

プロレスに始まりやはり格闘技系は外せません この大場政夫は、WBAフライ級のチャンプまで上りつめ5度防衛した男だが、現役世界チャンピオンのまま亡くなった・・・自分の運転する車で首都高速で事故死、即死だった事で記憶にある。若干23才だった。色白で一見ひ弱そうな彼、打たれて打たれて、でも最後は相手をめっちゃ打ちしてKO勝ち、そんなイメージが強く残るボクサーだった。心技体とはよくいう言葉ですが、身体能力に技術もすばらしかったのでしょうが、何と言っても、観てて伝わってくる、あの負けん気、気持ちの強いボクサーだった。

他にブルース・リーと尾崎豊を観ました。いずれも、32才、26才とその生涯は短い。ほとんどの人は「早すぎた」とか「もし○○才まで生きてたら」とか言う表現をするが、僕はそうは思わない。彼らが、残された者・後世に今も残し続ける影響を思う時、本人や親族にとってはとてもとても悲しい事だが、人生って、長い短いはあまり関係ないように思う。一通りの事を凡人は70-80年或いはそれ以上かけてやるが、天才たちはぐっと短い期間で大輪の花を咲かせると言うか、人並み外れたでっかいでっかい花火を打ち上げ、その使命を完結するのだと思う。 

気がつけばやはり「命」の話しになってました。 早かれ遅かれ皆逝く。突然やってくる死もある。後悔のない人生などないが、生かされてる事に感謝し、できるだけやりたい事は消化したいものです。


ハレルヤ2011、3月例会

3.11に東日本大震災が発生し、今月のハレルヤ山行は中止となりました。



本日午前中やや吹雪

3.17(木)午後-110317
                                   雪が止み、陽もさした午後 (2011.3.17)

この時期に雪が降る事は黒部では珍しい事じゃないが、今日の午前中は結構しっかり降りました。といっても降り方の割には、積雪4㌢位でしょうか。そして今日は気温も低く推移した様だが、寒の戻りというのは殊の外寒く感じるから不思議。午後からは雪は止み、陽もさした。

写真は、ほぼ一年中なんも手入れしない我が家の庭 (+_+)  やる人・興味のある人はせっせとお気に入りな庭造りってやつやるのでしょうし、50も過ぎれば興味も出てきそうなものだが、僕はいい歳してうちの周りには興味がわかない。つまり荒れ放題なんです。まったく困ったおやぢです。

とまぁ、今年は3/17平地にも積雪を見たという備忘録でした。この後まだあるのかもですが。


※ この日隣町魚津は、最低気温氷点下2.7℃ 最高気温1.6℃
※ また同日朝、立山町総合運動公園付近でクマ目撃情報があった。
※ 雪は一度ほぼ消えたが、翌18日朝、再び一面うっすら真っ白にリセットされた。



春山通信2011Ⅰ - 仁王山(1516m…富山市八尾町)

登る-110313
                                            ただ、登る (2011.3.13)

   今日は、いくつかの想いを「一つの祈り」にまとめ、唱えながら登った

   山の神様、何卒なにとぞ、御聞き入れくださいと、祈りながら歩いた

   これといった積極的な宗教を持たない自分は、山岳信仰者なのです。


山頂方面-110313
                                                    山頂方面



宮城・茨城沖で大地震(後に東日本大震災)発生 - 2011(H23) 3.11(金) 14:46

今日午後大きな地震が続いて起きた。他にも列島の何ヶ所かで、影響し合うのか連鎖するように起きている。こうしてる今も、津波に余震のニュースが続いています。揺れはもちろん、今回は大津波の底なしの怖さがどんどん写し出されている。車がブリキのおもちゃの様に流れてく。そして家までもが。宮城県北部では一昨日9(水)に震度5弱を記録する地震があったばかりなのに。

これだけ大きな地震があると思いだすのが'95年の阪神・淡路大震災。これ言わずもがなですね。そして今回の様にこれだけ広域に及ぶと「日本沈没」・・・SF小説であり映画・・・を思い出します。

そういえば当時('70年代初頭)と今、世相似ているように思います。 現在の「2012年人類滅亡説」に対し「ノストラダムスの大予言」。オイルショックでガソリンの価格急騰。世の中に訳のわからぬ不安が蔓延していた。と、すれば、保身ばかり・勢力争いばっかしてて、国民不在、日本を守りきれないよな今の、なんかふらふらな日本のリーダーから、その頃登場した、功罪あれど、ガンガン引っ張る政治家・田中角栄の様な、あんな大きな政治家がもうすぐ出るのだろうか。

話しは戻り、被害の全容まだまだ分からないものの、自衛隊や消防など、多くの救援隊が被害が大きかった地域に向かう準備をされていると思います。これから夜を迎えます。今は、これ以上、大きな余震・津波が来ないように、そして甚大な被害が出ないようにと、ただただ願うだけです。


PS.地震発生の夕刻以降送信された携帯メール、通信障害で翌真夜中に続々受信。
    つながるものであれば、意思疎通には「もしもし電話」がやはり確実、一番だと思いました。

   翌朝4時の長野北部で震度6強を観測した地震。富山県東部は震度3だった様だが、
   やはり何とも気持ちの悪いめまいを感じて、すぐにぐらりときた。


今日の剱岳(2999m)

今日の剱岳-110310
 小窓 ~ 小窓尾根 ~ 三ノ窓 ~ 剱尾根 ~ 長次郎ノコル ~ 剱本峰、そして手前に早月尾根


 山を想えば人恋し 人を想えば山恋し
 今は 丸ちゃんが とても恋しい




昼休みにちっちゃいカメラで車ん中から撮ったので
どうも、油絵ぽいというか水彩画ぽいというか・・・
悪しからずです。


今日は外ランチ - 3/6(日)

アマン入口-110306
                    カスタマーズダイニング・アマン (富山市稲荷元町、2011.3.6)

今日、息子二人はそれぞれ予定があり一緒に行けなかったので残念だったが、イングリッドとメロディの3人でランチに出かけました。行き先は、富山市内のアピアショッピングセンター内のアマンというお店。何人かのシェフが日替わり的に変わるそうで、いろいろなランチが楽しめると言うスタイルのお店。

今日のシェフは友人の山本くん(通称、ガリ)だったのだが、ガリは2008年だったか、朝日小屋に初めて来た大阪出の細身な(…でガリと言う)青年なのだが、山小屋の台所預かり、料理を通して登山者の舌と心満たしていた。その彼がその得意とする料理の世界で身を立てるべくがんばっているわけ。

おばんざい料理を出している彼の、今日のメニューは、
       豚肉とピーマンのオイスターソース炒め
       クリームシチュー
       だし巻玉子
       カツオのタタキサラダ
       雑穀ご飯 、 味噌汁 、 香の物
優しい味付けでヘルシー、体にもやさしい。きちんと“いい仕事”してある確かな逸品だった。で、これだけの品数で800円はお得。また、ランチ注文の方は+200円で、ドリンクかデザートもオーダーできます。よりお得感upですね~。イングリッドもメロディも大満足。良かった。

今日のランチ-110306 ガリとkりちゃん-110306
                   今日のメニュー           ガリシェフとフィアンセ・kりちゃん


ガリシェフ、今月は、3/10(木)、11(金)、18(金)、19(土)、23(水)、25(金)にも腕をふるいます。週末がちょっと少ないのですが、ご都合の付く方はぜひお出かけ下さい。お店の雰囲気も上品ですっきり良い感じですし、彼の、しっかりしてて優しい味にきっと満足されると思います。