旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



白馬杓子尾根右沢 - 2017.5.11(木)

大雪渓方面へ - 20170511(木)
久しぶりに白馬大雪渓方面にスキーに出かけました。
猿倉から馬尻経由、杓子尾根右沢(下から見て)標高1820mまで。 相棒イナリン。

馬尻から上の大雪渓はお約束的デブリワールドでした。
大雪渓はデブリワールド - 20170511(木)

馬尻から左台地へルート工作。 こちらの雪面は、ステキ(^^)/
では正面奥核心部へいざ参りませう。 天気怪しげ。
核心部へ参りませう - 20170511(木)

ただ今登行中。
ただ今登行中 - 20170511(木)

標高1820m、今回の登行終了地点。
登行終了点 - 20170511(木)

シール剥がしてるとありゃりゃみぞれ模様に。 さっさと下がりましょう。
雪面溝なく良いコンディション。 春山JOY、クルージング~ 気持ちいかったじゃ~ (^^♪(^^♪(^^♪
滑る1 - 20170511(木)
滑る2 - 20170511(木)
滑る3 - 20170511(木)
雪量バンバンだったので、このあと金山沢出合いまで大雪渓滑降も楽しめました。

無事下がりて最寄り小日向の湯でさっぱり。 
小日向の湯 - 20170511(木)
透明感清潔感に加えやわらかな泉質、よろし (#^^#)
小日向の湯2 - 20170511(木)

お昼は糸魚川まで戻り新宿食堂で冷やしたぬきいただきました。
新宿食堂 - 20170511(木)

帰路青海の和菓子屋えたこやさんに寄ったところ、お目当てのきんつば売り切れでなかったものの、
15年前に白鳥山をご一緒し、4年前白馬鑓温泉で再会したテレマーカー斎藤さんと偶然また再会。 
白鳥ご一緒したメンバー、本田さんのあと、平石さんもこの世を去ったとおっしゃった。 合唱。
斎藤さんはすぐ近所に住んでおられる由。 変わらずにしきのあきら似な二枚目でした。

さて、奇跡的に好条件整えばまだ滑るかもしれませんが、これで今シーズン板収めです。
あっ、新宿食堂通いもこれでシーズンオフに入ります。

今週の野外活動 - 2017.2.26(日)

滑り出しの斜面 - 2017.2.26(日)
                                      本日の滑り出しの斜面。 おいしそう(#^.^#)

今週の野外活動 「がんばらない蒲原山」 にて展開。

朝黒部出る時は小雨でしたがイチヨンパ南下小谷エリアは日が差し青空が広がっていました。
今日は国道沿いにP。 標高380mから。 ちょっと歩き板付けではいきませう(^^ゞ
いざ出陣 - 2017.2.26(日)

本日の登行終了点に至る・・・標高1010m
直下の尾根筋サムタイムガリガリ・ガリクソン(笑) 
クトー無い私は2,3度ズルリンコ、むやみに体力消耗しながら辿り着きました。
本日の登行終了点に至る - 2017.2.26(日)

滑り出しの様子、
先行者のトレースはありましたがみなさん山頂まででしょう、
がんばらない私ら、すみません、本日のお初をいただきまーす(^^ゞ

※モデルはエキストリーム系なゆうちゃん

標高750mあたりの谷筋の様子

んまいもんですなー 滑って下さいというゲレンデと違い瞬時に雪質変わる自然相手なスキー、
出立時ピーク時ドロップ時に標高落とし行く際の現地の気温の推移、斜面の向き、斜面の凹凸、木々の立ち方、
加えてルーファイetc.etc. ゲレと違ってそうそうなかなかカッコ良く滑らせてくれないのが山スキーという世界。
そんな中、しっかり板に乗切った、リズム感あるすばらしい滑り。 いつ見てもうっとりでありました。
標高700mから下は “妖怪板つかみ” が現われ時折難儀、わたしは 「加齢なる滑り」 安全第一に下がりました。

無事下がり来て行って来た方振り返る。
ここ、コンパクトだがすっきりはっきりしてて分かり易いのが良いです(^^ゞ
行ってきた方振り返る - 2017.2.26(日)

でお昼はみなで青海大むらへ
蕎麦の味も勉強しなきゃで今日はもり蕎麦大盛りをいただきました
昼は大むらで大もり蕎麦 - 2017.2.26(日) 大もりそば - 2017.2.26(日)
味? 、、、わたしにはまだまだよくわかりません^^;

と、はすむかいのお宅になかなかなコピーが。
斜向かいの家2 - 2017.2.26(日) 斜向かいの家3 - 2017.2.26(日)
今の時代こういうコピーあり得ない。 かえって新鮮。 心ほっこり(#^.^#)

海が近いと改めて。 ここは裏日本の湘南?、、サザンだぜ。。。ってなによ(;一_一)
海が近いと改めて - 2017.2.26(日)

知人からあそこなかなかイケるよ、って聞いていた、
大むら最寄りの菓子処 「えたこや」で和風スイーツ買って帰りました。
えこたやの和風スイーツ - 2017.2.26(日)
きんつば、甘過ぎずすっきりながら味しっかりしている。美味し!
おやしらずろまん、香ばしい香りに歯ざわり良ろし!
女房への心遣いでもあるわけです。← やるじゃない(^^)

行き帰り車中での山の歌さんの、落語の様なノンフィクション話し超面白かった。
帰り来て富山はしっかり雨。 あの好天は一体なんじゃったんじゃろナと(笑)
齢重ねるに連れ、温かい寝床と野外活動(歩くこと)のふたつ必須科目です。

洗濯機回し、熱い湯に身を沈め、ヴぅーーーーっ!とうなった後こうやくも貼った。 
では一杯飲りませう。 わたしにとって貴重な幸せの時であります。おほほ(#^.^#)

宇奈月平和の像の少し先まで、ふたたび - 2017.2.12(日)

鉄塔から戻りきて振り返る - 2017.2.12(日)
                                     鉄塔から帰り来て振り返る  2017.2.12(日)


このとこ近年珍しい低温続き、その上に降雪も見たので、里山もミラクルワールド、
人里離れた高山にもと思いましたが、この週末の荒天予報は本気です! なので宇奈月再び。
中高年は冬もがんばって体動かさねばいけませんハイキング山行であります。

登りゆく  わおーおいしそうな斜面(@^^)/~~~
只今登行中 - 2017.2.12(日)

女神(平和の像)さまが「あらまた来たの~あんたも好きね~」とお出迎え(^^)
あらまた来たの~ - 2017.2.12(日)

今日は左の尾根詰め、女神さまの股ぐらに直登(^^ゞ
今日は直下から至る - 2017.2.12(日)

も少し標高上げます。
鉄塔近し - 2017.2.12(日)

鉄塔(標高615m)に至る。
鉄塔に至る - 2017.2.12(日)

平和の像まで下がって休憩しました。
なんとかへい、と云ってたたまちゃんからのみかん。
名前忘れしみかん - 2017.2.12(日)
、、、「かんぺい」だったかな。。。

これまたたまちゃんからのスイーツ、
美味しかった、ありがとうございました。
美味しかったスイーツ - 2017.2.12(日)

今日が誕生日という同い年なふみおちゃん、 
ちょい悪オヤジ(失敬)、いつ見ても雰囲気ある。
今日が誕生日のふみおちゃん - 2017.2.12(日)

本日のメンバー
集合写真 - 2017.2.12(日)

総湯初体験
総湯初体験 - 2017.2.12(日)

つぼやで饅頭求め帰路に
つぼやで饅頭 - 2017.2.12(日)


山は時に牙を剥くこともある、 
今日は標高そんなにない宇奈月でも、サムタイム・プチホワイトアウト、
スキー場エリアなれど、人里離れた感覚幻想的、同時に自然の脅威を再確認しました。

ともあれ無事帰還、
湯も清潔感あり良かったしまんじゅうもうまかった(#^.^#)
同行の皆さんありがとうごいざいました。

宇奈月平和の像の少し先まで - 2017.2.4(土)立春

こよみの上では今日は立春、 
とは云っても気候も気持ちもまだまだ冬眠中な・・・してたいとも云う^^; 時期です。 
が、北陸としてはめったにない真冬の好天に、ふみおちゃん(誰)の真似をして、
宇奈月スキー場の非圧雪登り上げ、平和の像の少し先まで出かけました。

温泉街からスキー場入り口迄のリフトは無料、ありがたい。
安全バーがないのでザック背負っているので前半緊張(笑)
降り口(標高350m)に滝本さんがおられ少々ことば交わす。

シールオン、登行開始。 徐々に宇奈月の街が小さくなってくる。
宇奈月の街が小さくなってきた - 2017.2.4(土)

ふと見上げると、
平和の像さまが「おいで~」って言ってるように見えた、
やさしく包み込んでくれるようなものを感じました。
雪のある時にここ登りゆく者限定な見え方です。
平和の像がおいでおいでしてた - 2017.2.4(土)

標高560mのコル近し、
日陰結構ガリッ!ときて、クトーないので何度かヒヤヒヤしました。
標高560mのコル近し - 2017.2.4(土)

平和の像からもう少し登った鉄塔(標高615m)から温泉街、スキー場を見る
鉄塔(標高615m)から - 2017.2.4(土)

あっちがわも見たいのでも少し先(標高636m)まで脚を延ばしてみました、
予想通り! すばらしい景色が迎えてくれました。
標高636mから1 - 2017.2.4(土)

ん~タマランチ~!! 烏帽子東面
標高636mから2 - 2017.2.4(土)

で、平和の像まで戻りまずは喉うるおす。と云っても、
ほとんど汗かいてないし、喉も乾いてはいないのですが^^;
喉潤す - 2017.2.4(土)

日向ぼっこしながら本読み。 あーちあわせ!(^^)!
日向で読書 - 2017.2.4(土)

そしてこれ。 冷たくて美味しかった(#^.^#)
スイーツ - 2017.2.4(土)

スキー場上で大いにおひさま浴びまったりし、一本滑って帰りました。
華麗な滑りをお見せできないのが残念 。。。。 えっ!どなたですか!
加齢な滑りでしょ!って云ってるのは、、、、確かに加齢なる滑りであります(;一_一)
まーともあれ、登って日光浴して本読んで甘いもん食べて滑って、あー気持ちいかった(@^^)/~~~

新田山は遠くになりにけり - 2017.1.28(土)

時間的な制限ありならばと糸魚川早川上流、大川左岸新田山にでかけたのですが、朝焼山温泉にご挨拶に伺うと、今年から入山料を取るように地権者から云われていると、きとんとラミネートされたものを見せられました。一人一回2,000円也でした。 あー新田山は遠くになりにけり。 と云うことで予期せぬ入山料に行き先変更。
1㌔上流の笹倉温泉から右岸の放山途上適当にと。 

天気の回復は時間の問題だったのですが雪降止まずで車中にて待機。 
笹倉にて待機中 - 2017.1.28(土)

本を読んでると時間経つの早いのですが小一時間待っても雪止まず。。。 。。。

では天候の回復早い西へと148南下、蒲原山へ移動したものの、本日先行入山者ナシ、
装備万全ながら今日は単独行。 そしてスキー登山はそのリスク高くムリは禁物。
なので山は諦め・・・早!(笑)  最寄りお気に入りな瘡の湯さんへ。
くさの湯入り口 - 2017.1.28(土)

源泉かけ流しに温まる(^^)
くさの湯1-2017.1.28(土) くさの湯2-2017.1.28(土)

広く明るい清潔感ある休憩スペース
くさの湯お休み処 - 2017.1.28(土)

いつもお茶に温泉たまご無料サービス。          長居もOKです。
くさの湯3-2017.1.28(土) くさの湯4-2017.1.28(土)
いつも以上にゆっくりさせていただき、身も心もほっこり(#^.^#)


で、遅めな昼は青海の大むらさんへ
おやぢさん客席でテレビ観ておられたので暫く雑談、
大むらのおやじさんと - 2017.1.28(土)
「大むら」は東京麻布にあった蕎麦屋で、そこで修行したのだと、
暖簾分けは、そこの親方がここ青海まで来て暖簾を掛けてくれたと、
そういう一連の儀式があって初めてそれが暖簾分けなのだと。 
半世紀前の話しを、自分の半生重ね合わせ遠い所を見るように話された。

今日はわがまま云ってかつ丼つゆだくに仕上げていただき食した。 より、美味し!
大むらのかつ丼 - 2017.1.28(土)

おやぢさんが見送ってくださった。
おやじさんの見送り - 2017.1.28(土)
ここ2,3年で随分耳が遠くなられた。 たっしゃでいてくださいね。

おみやのこよみ
大むらのカレンダー - 2017.1.28(土)

ゲレスキーのち新宿 - 2017.1.2(月)

スキー日和なり - 2017.1.2(月)振替休日
                                           本日はスキー日和なり  2017.1.2

ご用達なる148沿いの里山未だ雪量少なく、今日はゲレンデスキーに出かけました。
行き先シーサイド、同行者イナリン。
クローズしてるとこもありましたが、帰りは下まで滑ってこれました。
そして、午後から雨かもな予報の中出かけたので曇天覚悟だったのに、
おいおいこの天気どーなってるの???晴天広がり正にスキー日和。
久しぶりなので、、、恐る、恐る板走らせ、、、、徐々に覚醒!(^^)! 
スキーで風切る。。。気持ちいかったじゃー!!でした(@^^)/~~~

またスローなリフトに嫌気差す事もここはありますが、今日はポカポカで日向ぼっこって感よろし(#^.^#)
シニア(ここは55から)半日、割引券プリントして持ってくと1,500円也もうれしい。

周囲の頸城の山岳風景もステキでした。
左から、頸城駒ケ岳、鬼ヶ面山、鋸山、中央右奥焼山、そして右に雨飾山
頸城の峰々 - 2017.1.2

雨飾山近景
雨飾山近景 - 2017.1.2

ゲレトップから北アの峰峰  さすが北ア。離れてるのに圧巻でした。
ゲレトップからの北ア山岳風景 - 2017.1.2

スキー登行今日はなかったですし8本しか滑ってないものの、今脚に疲労感あり^^;
あー、雪の上にいて、山眺め、久しぶりに板に乗れた。 まんぞくまんぞく。
大人で優雅なスキーだった。 幼なじみに久しぶりに会った。


さて、ちょっこり運動したし昼時。 ではと食堂巡り。 “新宿”へ
新宿食堂外観 - 2017.1.2

お約束な冷したぬき、並盛。 
・・・ 君知るや 真心つなぐ 新宿のそば ・・・
やや甘めで比類なき味、変わらず美味し。 ボリュームあって550円ってのもうれしい。
                                  (一昨年までは530円でしたが)
新宿食堂、冷したぬき - 2017.1.2

今日は息子さんがよく喋ってくれた。。。声出されたの初めて聞いたかも^^;
おやぢさん通院してるとか、田んぼやってるとか、蕎麦はここで打ってるとか、
昨日元日も営業してたとか、そして聞けばご自分のことも、、、結構おしゃべりされた。

※ わたくし去年の同日もここで冷したぬき食ってた様です。 人って同じこと繰り返すもんですね。

白馬コルチナ、ゲレンデスキー - 2016.1.10(日)

コルチナ、本日はザ・デー也 -2016.1.10(日)
            白馬コルチナ、非圧の雪量は少なかったものの、本日はザ・ディ也  2016.1.10(日)午前
                駐車場ほぼ満車。 リフト券売場にリフト乗り場は、想定通り長蛇の列でした。

今日は山スキー仲間とシャルマンのオフピステ滑りに行こうと思ってたのですが、天気あまり良くないとの予報にテンション上がらないままいたのですが、友人からコルチナに行くよ~と情報あり、ならばより内陸の方が良かろうとそちらに合流。 しかし林間部はやはり雪が少なく埋まり切っておらず、、、と云うか落とし穴に切株露出だらけだったので、結局ゲレンデを半日10本ほど滑って終了としました。

午前中はすばらしい青空が広がりました。 アラカンおやぢの心も清められます(^^)
コルチナ快晴也 -2016.1.10(日)午前

2人いない今日のメンバー
2人欠けてる今日のメンバー -2016.1.10(日)

ジェイド17才、やはり若い、元気(^^)
ジェイド&ノブちゃん&のりちゃんと -2016.1.10(日)

山でもこの処あまり会わない方にゲレンデでお会いした。 いつだったか栂池に一緒に行ったスキーが好きだった南野くんを思い出した。 また堀くんのスキーを40年以上ぶりに見た。 滑ったあとは皆でランチいただき、風呂に入って、笑点の30分以上前に帰宅。 久しぶりにゲレンデ真面目に滑ったからでしょう、今日は酒の回りが早い(#^.^#)  同行の皆さんありがとうございました。 あー野外活動はやはり楽しい。

シーズンインしました - 2015.12.13(日)

板下ろし -2015.12.13(日)

今年は暖冬小雪な冬の始まりになりましたが、栂池方面でシーズンインしました。 
正確には、道具と脚腰あれこれ確認せんなんしで、してみました、かな(笑)
思い出しだし、ムリせずです。 同行は山の歌さん

イブで20分 -2015.12.13(日)

ゲレンデトップ(標高1582m) 視界やや不良。
栂池ゲレンデトップ -2015.12.13(日)

ではちっとは行きましょう^^; ぼくがあまり歩く気な~し( 一一) 
入ってはみたものの、谷筋埋まり切っておらず早々に林道に上がり、それを忠実に辿りました。
栂池ゲレ上をゆく -2015.12.13

林道、長ゲ~(;一_一)
小一時間で早大小屋(標高1730m)。 本日これにて登行終了。 
軟弱~ 安心して下さい! 予定通りなんです(笑)
早大小屋で終了也 -2015.12.13(日)

一本立てる。 とらやの羊羹美味し。
一服1 -2015.12.13 一服2 -2015.12.13

頭丸めて初めての山。 足熱頭寒、暑がりの僕にはボーズと云うこの冷却仕様、良ろし!(^^)!
早大小屋辺りにてby筏井さん - 2015.12.13(日)


帰りは、休止中のトップゲレンデ滑る。
春スキーみたい。 バーン安定してて至福の一本でした。
トップゲレンデまだ閉鎖中 -2015.12.13

で、唯一動いてるリフトゲレンデ3本。 
ん~深刻なる雪不足。 今週半ば以降の冬将軍に期待です。
「唯一」らしく、さっと滑ってもリフト待ち長蛇の列、 
なんじゃこりゃ、今昭和???って思いました^^;
雪不足也 -2015.12.13(日)


昼に上がり次なる目的、ランチへ(^^)
シャルマン行く途中ヤマザキのコンビニんとこの割烹わたせさんが出したと云う
ラーメン店 「めん屋一丁」 さんへ。
めん屋一丁(わたせ) 糸魚川 -2015.12.13(日) menu -2015.12.13(日)

家系ながら、すっきりした品の良いスープ、絶品でした。
めん屋一丁(わたせ) ねぎチャーシューメン -2015.12.13(日)

今年も雪の上に乗れた。 少しですが今脚腰に心地良い疲れも認められる。
今日はそれだけで、それだけで満足ながです。 あー、山スキーは楽し(^^)

冬支度 - 2015.12.12(土)

冬タイヤに交換 -2015.12.12(土)
         タイヤ交換し、空気圧診に最寄りのスタンドに。 ちょっときれいにしてあげる。うれしそう(^^)

12月2週目の土曜、いやはや今日の黒部はすばらしい好天、
いったいぜんたいどーしたん!! てくらい良い天気でした(^^) ともすると、
きったネーとか不潔~などと揶揄されるあらかんおやぢの身も心も洗われるという爽やかさ。

ならばいざ遠出といきたいところなんですが、現実はそうもいかなーい( 一一)
来週半ばから寒気が入る予報にタイヤ交換。 例年に比べると異例の遅さ。
イングリッドのと2台。 どうして車ってタイヤ4本なんでしょ、
2本とか3本で良いのに、、、などとボヤキながら。
ともあれポカポカ陽気、ラヂオ聴きながら日向ぼっこ兼ねて。
途中、若いもんが来てしばらく話したり、宅配便が来て十字屋のかぶら寿し受け取ったり。
まーおやぢまったり、あーなんかちあわせ気分~(#^.^#)
夏の鉄っちんホイールと違いアルミなので、ぐっと足元精悍になりました。

あれから4年め。軽四にしちゃー燃費悪いものの、ターボ仕様で山道も小気味よくストレス感じさせない走りをしてくれる今の愛車。 車中泊1人なら楽勝。2人までイケるこいつの居住性はすばらしく良い。 ただスタイリング的に、高さこのままでもうちょとワイド感ほしい。 で、遊びでこんな感じがイイナーと(#^.^#)
      高さ変わらず一回り大きくが理想 -52015.12.12(土)

人生と同じ。 良い時良いこと続かないのがこの世の常、 
鉛色で雪に閉ざされる北陸の冬は近い。 でもだから雪遊びができる(^^)
捨てる神あれば拾う神あり。 電池入れ自分の気持ち序々に持ってく也。
・・・雪山つか山スキーやらない人にはなんのこっちゃ???な写真ですが^^;
電池入れた -2015.12.12(土)


今週の野外活動、蒲原山(小谷村)四度 -2015.2.28(土)

今日のドロップ地点辺り -2015.2.28
                                       今日のドロップ地点辺り   2015.2.28(土)
                   雪は動き、地形を大きく起伏変化させていました。季節は一歩一歩春へです。

天候雪質から山スキーには行き先のチョイスの難しいこの時季。 加えて今回は7年振りに履く板で山に入るので経年劣化とか心配だしちょと恐い(>_<) で、ショートながら斜度あり雪質も期待できる蒲原山に出かけました。 お約束な 「がんばらない蒲原山」 標高1000mまでです。 今日は鳥人いれば半魚人も途中から現るというなかなかレアなメンバー日が合い揃いました。

出だしの洗礼急登はややガリクソン( 一一) ・・・と云っても先行者のトレース辿った軟弱もんですが^^;
出出し少々ガリクソン -2015.2.28

登行中也。 鳥人も登りは歩く^^; このあと半魚人が一気に迫ってきた(@_@)
登行中 -2015.2.28

最短的すばらしいルートで主稜線(標高965m)に出ました。
先行して下さった山田さんパーティーにはルート工作、ありがとうございました。
標高965mで主稜線に出る -2015.2.28

本日の登行終了地(標高1010m)に至る。
登行終了点に至る頃 -2015.2.28

こんな出で立ちの人もいました(^^)
こんな人もいました -2015.2.28

楽しみな下山の様子少し。




標高600位まで落とすとここ小谷にあっても、ほんの少しの時間の経過が、雪をやや重に変えていっていた。 
季節春近し、すぐそこまで来てるを実感しました。

ちょい悪おやぢ、Fumioちゃん (失敬) 
ちょい悪おやぢ -2015.2.28

無事下がり来る。
無事下がる -2015.2.28
無事下がる2 -2015.2.28


下がってもまだ午前11時前。 くさの湯でさっぱりし、今日は月徳飯店で昼食。
月徳飯店1 -2015.2.28
月徳飯店2 -2015.2.28

みそらーめん。 品の良い奥深い本格派な味わい、美味し(^^♪
味噌らーめん -2015.2.28

餃子、変わらずでかく、もっちもち!(^^)!
餃子 -2015.2.28

おいしゅうございました(^^)
美味しゅうございました -2015.2.28


個人的には、7年振りに履くセンター75という、パウダースノーには今は昔な板で望んだ今回。 足元心細くていつもに増して乗れませんでした。 でも徐々にまた慣れたいと思います。 何故ならあの頃の板は、そのフォルム実に美しいと思うからです。

日帰りで行ける山スキーエリアとしては、148沿い小谷・白馬と焼山・笹倉温泉界隈はいい、北寄りな面は殊の外良いです。 その雪量、雪質、期待を裏切らないことが多い。 今日の蒲原山は厳冬期とはやはり一味違ってましたが、なかなか良い半日になりました。 同行のみなさんありがとうございました。 またよろしくお願いします。


■蒲原山履歴
  その1  その2  その3


今週の野外活動、栂池・天狗原から親沢、のち“ハクノリ”へ下がる -2015.2.21(土)

白馬栂池 -2015.2.21(土)
青が今日の滑走ルート。黄色は去年の滑走ルート。 同じ所で合流し再び若栗の頭へ向けて登り返します。
写真はその途上にて。角度的に分かりづらいですが滑走距離は青の方が1.5倍はある(^^)

栂池から天狗原経由親沢のち若栗の頭、でハクノリのスキー場へ下がってきました。距離比較的長くツアー的なスキー山行。
天候晴れほぼ無風という又とないよな好条件に恵まれ、北ア一級の山並心ゆくまで堪能、そして滑りも結構楽しめました。

出立準備中なり(標高1575m)。 ゲレンデ楽しむ人たちと反対向いてるのが面白い(^^)
出立準備中 -2015.2.21

今回は成城大学小屋まで谷筋最短ルートを行きました。 最もトレース通りですが^^;

栂池スキー場遠くになりにけり。
ゲレンデ遠くになりにけり -2015.2.21

ゴタテの巨人たち。この山岳風景拝むのも楽しみです。
ゴタテの巨人たち -2015.2.21

嫌でもテンション上がります!(^^)!
テンション嫌でも上がります -2015.2.21

只今てんぐっぱらに向け登行中なり Byオッジー
まずは天狗原目指して登行 Byオッジー 2015.2.21(土)


天狗原に上がっても、晴れ渡り、そして無風!というすばらしい気象状況でした。
山ノ神尾根側しばし覗き込みリターン、トラバぎみにドロップ地へ。
そして、親沢源頭部付近(標高2120m)よりドロップ。
ドロップ地点より -2015.2.21
ドロップ地点にて -2015.2.21

私と云えば、この稜線の凹凸と微妙な雪質にまんまとはまり2度転倒(+_+) みなさんを待たせ、すみませんでした。

で、親沢に遊ぶ(^^)/(^^)/(^^)/
親沢に遊ぶ1 -2015.2.21
親沢に遊ぶ2 -2015.2.21

登り返しとなる四又(標高1460m)で一本立てる。 ゆきちゃんとこから拝借(^^ゞ
休憩中なり -2015.2.21

どうだろう?4パーティー20人以上の方々にお会いしましたがほとんど外国の方。ぼくらが外人だった(#^.^#)
四又(標高1460m)で一本立てる -2015.2.21

再びシールオン。 若栗の頭へ登り返す。
若栗の頭へ登り返す -2015.2.21

若栗の頭から下がる。滑り出しの稜線付近は独特の雪質だった。
若栗の頭から下がる -2015.2.21

そして、裏コルからのルート、今日はこれくぐらずでOKな地点に出ました(^^♪
これの先に出る -2015.2.21

ゲレンデ緩斜面風感じながら一本クルージングし無事下山しました(標高865m)。
ハクノリへ無事下山 -2015.2.21(土)

■my GPSログ 
前半、栂池スキー場トップから天狗原~親沢上部  茶:登行、赤:滑走  ※青、ピンクは昨年のもの。
親沢1 -2015.2.21(土)
親沢上部 -2015.2.21(土)

後半、若栗の頭からハクノリへ
親沢2 -2015.2.21(土)
若栗の頭からハクノリスキー場へ -2015.2.21(土)


♪昨年の裏ヒヨの様子 その1 その2

※ログは個人的な備忘録として載せています、
  同じ山同じ地形であっても同じ条件(天気雪質)は二度とありません。
  山はあくまで自己責任で。

気象状況バッチシ 谷筋埋まり切っており、雪質総じてまぁまぁ良ろし。 
久しぶりにやや大きめ、快心納得!なツアー的スキー山行になりました。 
いかったじゃ~!!です。 同行のみなさんありがとうございました。
またとーちゃんと遊んでやってください。 よろしくお願いします(^^ゞ

追伸、山から帰り、久しぶりに島くん荻野くんの3人で飲んだ。山帰りということ手伝い酒美味し、そして二次曲線的に会話弾んだ。40年以上前にひと時タイムスリップ。お互い心身有る程度健康だからこうやって飲み語り合える。ありがたいことだと思いました。 そして一夜明けた2/22(日)北陸地方で春一番が吹いたというニュースがありました。 これで斜度大きな所は細板かな。


今週の野外活動、黒姫山東尾根、敗退 -2015.2.15(日)

先行者深雪ラッセル -2015.2.15
                                      先行者深雪急登ラッセル   2015.2.15(日)

そろそろ遠出もしなきゃと云うことで、正午からの好天予報に妙高・黒姫東尾根目指し出かけました。 
みよちゃん(浅田美代子)の誕生日だし~なんてw そんなのカンケーネーですね( 一一)

ゲレンデトップから休止ゲレンデてっぺんまでの標高差360m、やや軽ながら膝までのモナカ雪に、大軍(先行自分ら含め15人程)もってしても1時間半以上要し、登り切った所(標高1540m)で時刻正午回り、そして天候風雪、回復しな~い(-.-)  このペースでは外輪までは時間切れ、と云う判断からあっさり帰されました。 身も心もなんか中途半端。 でもしょーがない自然が相手だもの。ブラックプリンセス様とは今日はご縁つなげなかった。 そう理解し、深み一番いただきながら下がりました。 現場の様子少し。

わだっし、ん~すばらしい男?!っぷりだ。 “体内に山神さま宿ってる感” ステキ(#^.^#)
深雪ラッセル1 -2015.2.15

イナリンスイッチ入る。すばらしい筋肉の躍動感、何時みてもすばらしい、ワンダフォー!!
深雪ラッセル2 -2015.2.15

カズヤ、今日はなかなかがんばってたね~ 若いってすばらしいよ。
新雪ラッセル3 -015.2.15

と、おっとハマショー別ルート工作。 身は軽いが装備はしっかり(たぶん)。
深い雪の中スイスイ、その動き正にミズスマシのごとき。 そして心技体のバランスがいい(^^)/
深雪ラッセル4 -2015.2.15

シール剥がし、では下がりましょう。 写真では分かりずらいですが風の通り道でとても寒かった。
では下がりましょう -2015.2.15


無事下がる(^^) 登り1時間半、下りゲレトップまでゆっくりゆっくりで7分。
下がりて -2015.2.15(日)


下りたは良いものの、スキー場のすぐ下で交通事故。 車の移動を止められ一時間ほど待機。

で、妙高高原駅前、加藤そば屋 まずはぐびっと(#^.^#)
加藤そば屋1 -2015.2.15

丼に入ったもりそば。変わらぬ長さに安心安堵。
加藤そば屋2 -2015.2.15

共同浴場・大湯。250円也-  今日は珍しく蕎麦食べた後に風呂に行きました。
共同浴場大湯 -2015.2.15

雪景色の中の観覧車を見るの好きです。
雪の観覧車 -2015.2.15


で、お約束的道の駅あらいで散財し帰路に。
同行のみなさん、ありがとうございました。
また行きましょう。 雪の季節と人生は短い。


今週の野外活動、蒲原山(小谷村)三度 -2015.2.7(土)

蒲原山,本日は晴天なり -2015.2.7(土)
                                    蒲原山、本日ピーカンなり(^^)/  2015.2.7(土)

今週の野外活動、頑張らないガンバラ山に出かけました。 今回は標高1150mまで。
三週連続ここ、あんたも好きね~です(#^.^#) しかーし、何事も予習復習が大切ですなんて。 
つまりは、より地形を自分のものにしたいわけ。 
そして今日は、ザ・ディ!!すばらしい天候。昼近くにあっても滑走地点は氷点下というよか気象。
加えて、総じて雪質バツグン凹凸先週より少なし。 最後の急坂樹林帯もやーらかいパウダーでした。

148駐車地より目的の山域見上げる。
今日は車の数で10台オーバー、すんごいに賑わいでした。
148駐車地から見上げる -2015.2.7(土)

登行中。
登行中 -2015.2.7

ここら辺から左の谷に入って、、、
ここから左の谷筋に入り -2015.2.7

この谷を今日はいただこう、などと下山ルート品定めしながら登る。
この谷に入り -2015.2.7

ドロップ地思案しながら気持ちもうわ~くわく~  この天気雪量雪質だもの(#^.^#)
蒲原山ドロップ地を工作中 -2015.2.7(土)

下山滑り出しの様子  こちらでどうぞ。 おまけに、ホーホー鳥炸裂バージョンも(^^♪

最後の激斜面もまずまずなふっかふか~
稲荷さん1-2015.2.7 稲荷さん2-2015.2.7 稲荷さん3-2015.2.7
なおきちゃん1-2015.2.7 なおきちゃん2-2015.2.7 なおきちゃん3-2015.2.7

下山するとカモシカくんがお出迎え。ポカポカ陽気,お互い気持ちいいネ(^^♪
カモシカくん -2015.2.7


最近ご用達、くさの湯さんでさっぱり。
くさの湯 -2015.2.7

充実の無料休憩大広間。 太陽がいっぱい、気持ち良かったです。
吹雪く日窓越しに大糸線の電車が走って行くのを見るのも趣きあり好きです。
充実の無料休憩広間 -2015.2.7(土)

おかみさんと話し、そして今日もゴチに。 ありがとうございました。
今日もゴチになりました -2015.2.7

で、 “新宿” へ。
新宿食堂 -2015.2.7

冷したぬきそば。大盛(700円)と普通盛(530円)
その量ざっくりですが、普通で富山の1.5倍、大盛で3倍近くあると思われます。
冷したぬきそば -2015.2.7

新宿食堂初というなおきちゃん、まずは洗礼^^; 見事大盛完食されました。
洗礼 -2015.2.7

店内の様子よろしければ こちら。
お世辞にも小奇麗とは言えないが良ろし (あくまで個人の感想です)。

や~いい日だった。
今シーズンは小粒ながら雪に恵まれたスキー山行が続いている。
あーありがたやありがたやです。


今週の野外活動、蒲原山(小谷村)再訪 -2015.2.1(日)

寒さ底な時こそ寒修行に出かけなければいけません。 と云うことでのりちゃん企画に乗っかり、先週に続き同じく8人で蒲原山に出かけました。 同じ8人と云っても私とのり隊長以外は別メンバーです。 そしてスキー滑走に美味しい標高1000mちょっとまで。 やはり時折寒かったですが、白き世界がとてもとってもステキだったこと、また低温ゆえ雪面パックされず深きパウダースノーキープされ、加えて結構斜度大きくで、滑りウハウハ~♪ 単純明快なる、あれこれ頭回さなくて良い、速効スキー山行となりました。

先週は148沿いに車停めてったのですが今回は標高70m上湯原登山口まで車で。 アイスバーン気味ではありましたが何とか登り切る。 赤禿山の山之坊奥までに比べれば距離ずいぶん短いし精神的に楽~。 5,6台限定な駐車スペースに到達しほっとしたのも束の間、奥の住人が。 あっちゃ~(>_<)除雪の邪魔だと叱られるのかなと思ったら「できるだけ詰めて停めて下さいね」と。 安堵&優しい方だと感謝しました。 と、ん!?どこかで見たよなでっかい車が、、、、と思いつつトレース有りがたく使わせて頂きました。 のちにシノさんの車だと分かりました。 深き雪先頭ラッセルありがとうございました。 

では吹雪ぎみなれど参りましょう。
では参りましょう -2015.2.1

林道から山中に分け入る。といってもトレースに忠実にですが^^;
林道から山に分け入る -2015.2.1


今日は取分け気温が低い。凍てつく白き世界。 つてき(#^.^#) おやぢも時折見入る。
標高895m地点の風景 -2015.2.1


本日の登行終了点近し、標高930m付近登行中
標高930m付近登行中なり -2015.2.1

で、標高1020mで登るの終了。 視界が出るのしばし風下くぼ地で待つ。
本日の登行終了地点にて -2015.2.1(日)

ほんの少しドキドキする滑走直前。
下がりませう -2015.2.1

いっただっきまーす(^^♪  凹凸やや分かりづらし。
いっただっきまーす -2015.2.1


下山含め現場様子、こちらでどうぞ(カメラマン及び編集、banちゃん) 時間かかるのにありがとう(^^ゞ

無事下がり来る。と云ってもまだひるままい11時。出入り3時間。 厳冬期ゆえ汗もかいてないので今日はお風呂パス。

myGPSログ 黒:登り 赤:下り  他は前回の。
ログ -2015.2.1
※下山の700から600は直線的は直線的に下がったのですが一部衛星信号ロストしてるものと思われます。
※山はあくまで個人の責任で。最後の頼り,力は自分のみです。

で、のりちゃん近頃振られっ放しだという青海「大むら」に昼ちょうどにin。 やってた、いかった(^^)/
ここでの定番かつ丼に、体があったかい汁もん要求するのでラーメンも、ふなちゃんと半分こ。
カツ丼 -2015.2.1 らーめん -2015.2.1

どなたか切手に興味があるのか? ここは理路整然きっちりしてる(#^.^#)
そして、トイレルート、これまたなかなか侮れません、昭和な匂いぷんぷん。
富山にゃこういうとこもうないなぁ。ファン度アップ。
切手 -2015.2.1 トイレルート -2015.2.1
                                  衛生的にどうとかじゃなく、妙に落ちつく。
                                               (あくまで個人の感想です)

斜度に、適した雪質。 あーいかったじゃ~ (*^^)v 
たまに出会えるこう言った好状況。 
登り2時間、下り全員確認時折休憩入れながらも25分はスキー登山ならでは。
山は行ってみなきゃ分からない、、、そして、だからやめられない。


今週の野外活動、蒲原山(小谷村) -2015.1.25(日)

標高1130mにて(登行時) -2015.1.25(日)
                                             この後ブロッケンに遭遇(登行時、標高1130m)  2015.1.25(日)

蒲原山に8人で出かけました。 登行それなりに大変なれど、気象状況、斜度に恵まれなかなか良ろしなスキー山行になりました。
総じて斜度あるので今日以上さらに軽いふっかふかだったら快感MAX、スキー山行にはもってこい!スッゲーいい山だろうと思いました。

標高1340mより
後ろ、雨飾山~焼山~天狗原山~妙高山
標高1340mにて(登行時) -2015.1.25(日)

本日のドロップ地点に到達。
つわものども4名は山頂(1630m)まで。私を含め4名は標高1430mで下山に鋭気養いました。
上目指す組 -2015.1.25(日) 待機組 -2015.1.25(日)
長時間歩いた後に、残り標高差200を30分掛らずササッと登り上げたと云うから脚力気持ち偏差値70オーバーだね(^^ゞ
僕らは、シムフリーにテレの話しで静かに盛り上がる。 いろいろ勉強になりました。
 
現場の様子 こちらでちょっこりどうぞ (カメラマン、ヒロシ)。
そう言えばヒロシくん今日は初めてテレマークで参戦。器用な彼でもなかなか難儀だと云ってた。


下山は東北東斜面に入り、いくつか尾根を越え登行時の開けた大斜面に戻りました。
標高1150mにて(下山時) -2015.1.25(日)


今日は下がって風呂も食堂徘徊もせず帰宅。洗濯機回しひとっ風呂浴びて目方1.5㌔落ちてました。と云ってもガンガン歩いてた頃は一日で4,5㌔落ちましたから今はそれほどハードなことやってないってことですね。 でも今が良きゃいいんです! ん~ビールが美味~い!(^^)! 

私の終了点にあっても単純標高差ざっくり1000m登り上げ、下山はいくつもの尾根越え。取分けメジャー処では無いのでしょうが、久しぶりに山に分け入った、そんな感あるなかなか渋くて良い山でした。 同行者あってのスキー山行。 みなさんありがとうございました。