旅のしおり
カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



Vistaから10に - 2017.3.25(土)

win10設定2 - 2017.3.25(土)

長い間使ってきたVistaのサポートがこの4.11で終了するので買い替えなきゃ、
安く上げるなら7ですがそれも東京オリンピックん年早々にサポート終わるので、やむなく10にしました。

前に買ってあったのに仕舞ったまんまなかなか着手せずやっと^^;
そして早起きには自信があるので暗がりから始め今ほど一通り終了。
機械ものはちゃんとしてやればちゃんと動くもんですね(*^^*) 
立ち上がりも早い!…おしっこにも行ってられな~い(失敬)…し、
いやはや、サクサク動いてくれます(^^)/

私逝くが早いかこいつ逝くが早いか、
思えば遠くに来たもんだ、もうそんなこと心に浮かぶ齢であります。

誕生日 - 2016.4.5(火)

メロディからの誕生日プレゼント - 2016.4.5(火)

娘から誕生日プレゼントもらいました。 ドリップケトルと本。 
本は先日一緒に出かけ本屋に立ち寄った際、私が「文庫本で700円オーバーなんて父さんの辞書にナ~シ!」 と言ったの憶えててのことだと思います。 ありがとう。

今日で満59歳。そして今日から私の60年目が始まりました。 歌のセリフじゃないが思えば遠くへ来たもんだ。 生かされてる事に、産み育ててくれた両親に、そしてご先祖さんに、柄にもなく朝仏壇で掌を合わせました。 歳なんて相対的なものです。 「もうそんなおじじ~!」 とも 「まだ59かいな~」 とも、人様の見方様々でしょう。 
ともあれ人は必ず死ぬ。 それまで、も少しシャバの苦楽を楽しもうと思います。

坊主にしてみました - 2015.12.2(水)

坊主にした1 -2015.12.2(水)

坊主にしてみました、 
中学以来。 
ちょっと勇気要りました。

なんで どーして って?
上の方薄くなってきてるし、髪形というものになんも興味なくなったし、
ヨーキくんおちゃめでイケてるし(何・笑)、それに、いつでも家でできるの魅力かなと。

イングリッドに刈ってもらいました。 なかなかなバリカンぶりに驚きましたが、
彼女曰く、息子2人昔ずっと刈っとったじゃない、と。 ストン!と落ちました(^^ゞ

ぼく自身の第一インプレッション、
ん~いいじゃない、雑念払われると云うか、とにかく頭も心もサッパリ、爽快、楽、
なんでもっと早くにこーせんだんやろ~、
そして、似合わない事もない(あくまで個人の感想です)。
が、白髪甚だしく進んでいるので、軽く染めよかどーか思案橋、
アラカンおやぢのこと、まー人様から見ればどうでも良いことですね。

坊主にした2 -2015.12.2(水)



終の住処 -2015.5.16(土)

通勤の行き帰り、車窓からの眺めにお気に入りな家があります。 ちてつ内山駅近く。 最初は廃墟かと思ったのですが気になり、以前途中下車して訪れてみたところ、人の気配はなかったのですが住人居るようです。 どこか心落ちつく惹かれるかわいい住まいです。

好きな家2-2015.5.16

歳を重ねるごとに煩悩が遠のいてゆく。 欲がなくなってくる。
ライフラインにネット環境あればこのような所を終の住処にしたいものです。


フェイスブックその後 -2012.8.30(木)

昼寝-120830

この3月に始めたフェイスブックというやつ。 日々刻々とリアルタイムな近況や新情報が入ってくる。 そんなに情報なくても・・・って思った事もありましたが、趣味嗜好暮らしが似てる方の投稿はとても参考になりますし時に刺激にもなります。 また生きてて接点のある方あった方やご近所さんのそれは、今と云う時代みんながどんなことに興味持って生きておられるのかが少しですが分かるようになりました。 山バカな自分にとっては見聞が広がるというものです。

このFB、基本本名で登録というのが等身大で良いのか、友達の友達はもうお知り合いってのが微妙に興味引くのか、はたまた、世界中の方と友達になれるのが・・・自分の場合今のところシェルパ諸氏だけですが(笑)・・・が新しいのか、よく分かりませんし、また今のところ多分その機能の1/100(もしかしたらそれ以下)しか分かってないし使ってないのでしょうが、まずは、ん~ なかなか毎日が楽しいのです(*^^)v  

付け加えて言うと、それ使うツールとしてはPCが一番なんでしょうが、日中動いてる場合には、スマホってもう必須ですね。 さまざままアプリが “どこでもだれでもドア” みたいで大人でもあれこれ便利に使えます。 画像、動画共に画質が良いのも気に入ってます。 欲を言えば、外のどこでもがWi-Fi環境なら申し分ないんですが (^^)  そして今風神器とも言える「スマホ」や「フェイスブック」、依存症に注意する事も、考える葦、無限の可能性もつ高等生物、人として大切なのかも知れません。 


マイカメラライブラリー(一応完結編)&法事 -2012.5.13(日)

F4-120513-1
                                         Nikon F4-S
こんな好天な日曜日、特にこのブログ見てる山仲間のみなさんはほとんど山だったことと思います。 私と言えば外せない所用の為一日ひらばにおりました。 なのでみなさんの山行レポ楽しみに拝見しようと思います。

で、今日もまずは今はもう使っていないアナログカメラシリーズ、最終章であります。 ニコンF4で締めるくくる事にしましょう。 手にしたのは1990(平成2年)。 バブル崩壊直前ながら、お立ち台にワンレンボデコンなどというおじさんにとってはにゃんともありがたい光景がみられた、そんなまだ世の中浮かれポンチな時代でした(当時私は33歳でまだおじさんなりかけって頃でしたが)。 購入動機は、F3欲しい欲しいと思いながら悶々とする中、時代はF4に移行。 結婚もし少し余裕が出てきた頃だったので満を持し購入しました。 歴史やスペック、うんちくはここやここやここらでどうぞ

デザインは、車のデザイナーとして117クーペなど多くを手掛けていた、ジュージアローによるもの。 あの頃出始めだったAF(オートフォーカス)機能に、動体予測も可能と言うから、完全にそそられました~(笑) が、今じゃ考えられない位こいつは重い(掲載写真の50㍉レンズに電池入れストラップ付けた状態で実測1,910g)。 2㍑のペットボトル片手で持ち歩いてる様なものです。 ましてストロボやでかいレンズなど付けようものなら、三脚使用除けば腕の筋力アップ間違いなしです。 しかしながら、この「カシャカシャカシャカシャッ!」と決まりまくるこいつの連写音。 ん~もう昇天しそう、シビレまくります、今も。 そして百聞は一見に如かず、とにもかくにも圧倒的なこの存在感。 まさに軍艦といったすばらしい風格です。 私の、手放せなかったカメラNo.1です。
F4-120513-2 F4-120513-3 F4-120513-4

紹介してきたこれらのアナログカメラたち、 
今は実用的な役目を終え、ひっそりご隠居生活を送っています。

※ 開いて大きくして見た画像がほぼ実寸大です ・・・実寸より大きな画面で見ればですが。


さて、今日の所用とは、おばちゃん(母の姉)の一周忌とその旦那の27回忌法要。 県内外から親戚が集まり、短い時間ではありましたが、近況やなつかしい話し、今だから聞ける話しなど、話しに花が咲き、程良い所で解散。 血がつながってるって、ルーツが一緒って、ん~それだけでいいもんだなーと久しぶりに思いました。 おばちゃん、おじちゃん、ありがとうございました。 合掌。
おばちゃんの一回忌-120513


続マイカメラライブラリー & saraと外出 -2012.5.12(土)

FE2-120512-1
                                         NIKON FE2

今日も飽きずにお蔵入りしてるアナログカメラの登場です。 手にしたのは1985(昭和60)年頃。 購入に至ったのは、ズバリ! 名機F3が高価で買えなかったから。 スペック等についてはここやここらでどうぞ。 

きちんと作られた道具としての信頼感と質感、とにかく持って歩くのが楽しかったカメラで、その後カメラ業界が、AFの速さと正確さ争う時代にあった中、流れから外れたこのFE2、かわいくて結婚式などによく持ち歩きました。 同時期、電池がなくてもシャッターが切れると言うことで、品のないがさつなシャッター仕様ではありましたが、New FM2 を並行して使用していました。
FE2-120512-2 FE2-120512-3 FE2-120512-4

写真は、50ミリF1.4を装着していますが、その数値の通りで、解放値で撮るとこれがまたやたらめったら面白いほどみごとなボケ味。 しっかり意識して撮らないとピントがきてないことしばしばでした。

FE2-120512-5
     軍艦部、ん~ながめてるだけでよだれ~
                    今でもシビレます (*^_^*)


さて、休みと決めた今日、このところ出不精な心と体にムチ打ち(大袈裟ですがそんな感じ)、saraと出かけました。 この中高年何処行く当てもなくで、つまりは馬場島へ走らせた次第です。 雨雲の動き良しと見てから自宅を出たのですが、伊折を過ぎ直前まで雨が降ってたことは路面から分かりました。 馬場島は思ったよりひっそりしていました。 

後、ももちゃんに会いたくていわなのはやつきに立ち寄りました。 おかあさんの郵便局の仕事で一緒に出ていたももちゃん程なく帰ってきました。 ひさしびり~(^^♪  でもどこで泥遊びしたのか大柄できれいな体があれ所々きったない茶色に(+_+)  あんたいい娘にしとられまーと一喝。 ここで遅い昼メシ済ませたのですが、知人の名前を出したらすげーサービス。 恐縮、逆に借りてきたネコよろしく小さくなって大人しく良い子ぶって頂きました^^; 

帰りは新川牧場に立ち寄り帰宅。 
そしてここからがバイク好きならでは。 気がついたら1時間以上みっちりさわり磨きました(*^_^*)
隣りのセルフスタンドに併設されてる洗車場が広くて、隅っこでシート外しゆっくり綺麗に。
細部や入り組んだ所は、ハブラシや綿棒が有効で、久しぶりにじっくりバイクと向き合いました。
sara120512-1 sara120512-2 sara120512-3
120512-4 120512-5 120512-6

車以上に、風・匂いを感じるバイクという相棒。 今日は新緑の香り濃くとても気持ち良かったです。 また登山以上に道中というか、走ること自体が面白いバイクの世界。 取分け山間部は面白い。 走行距離100㌔に満たない今日のバイク旅。 はやつきのおかあさん現在丁度70歳だそうだが、たくさんよばれましたし、お元気そうで、お話しするととても心和み、帰りほんわかした気持ちでアクセル回しました。 後味のいい旅になりました。 また会いにゆきたいと思いました。 ありがとうございました。

 

マイカメラライブラリー -2012.5.11(金)

CONTAX G1-120511-1
                                        CONTAX G1

流れというか調子に乗って今日もカメラネタです。 ご多分に洩れずデジタルにその居場所すっかり奪われたカメラの世界。 今も所有してる、そんなアナログカメラ。 そのままではかわいそうなので、自宅のケースに静かにねむっているもの紹介です。 今日はコンタックスG1です。 スペック他は、ここやここやここらでどうぞ。

購入に至ったのは、カールツァイス・ビオゴン2.8の描写のきれいさに期待に、チタンボデーの圧倒的な美しさとぐっとくる重量感に、一発でこころ射抜かれたから(笑) そしてこれ、レンズ交換式レンジファインダーカメラという変わり種。 購入したのは、阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件、テレサ・テンが亡くなった、1995(平成7)年。 AFがどうもしっくりこなく以降あまり実用はしなかったが、持ち歩いたり、眺めながら酒呑むのにGOODでした(笑) そして、いくつも下取りに出したが、こいつ今も手元にあるってことは、それを差し引いても持っていたいという逸品なのでしょう。 散歩の友に持ち出し実写してみようかとこの頃思ったりしますが、まずないでしょう。 やはり酒の相手です。   

CONTAX G1-120511-2  CONTAX G1-120511-3




さくっとわたしのカメラ歴 -2012.5.10(木)

PEN EED -120510-1
                    オリンパス ペン EED  (1967年,昭和42年製)

カメラネタでhシェフから云われて思い出した。 母に買ってもらった、というかねだったわけじゃないと思うんですが ・・・朝日のカメラ屋さん(三日市にあった)の女主人と母さんが友達だったので買わされたか?(笑)・・・小5だったと思うのですが、「これ使われ」と言って母から渡されたのが、これ。 オリンパス・ペン EEDだ。 カメラのスペックやらは、ここやここやここらへん でどうぞ。 

当時僕にとって、カメラのメーカーや機種などと言うものはどーでも良いわけで、とにかくフィルム入れてパシャパシャパシャパシャ。 「シュン! あんたそんなに撮ったらすぐフィルムなくなるにかー」 とか 「あんた同じ写真ばっかり何枚撮っとらけ~」とかと、かあちゃんに怒られました。 姉ちゃんたち共々、女の怖さはどうもこの頃に刷り込まれたものと思われます (女性のみなさんすみません。 柔らかくてやさしい面多いって事も分かってま~す)。

大阪万博(1970年・昭和45年)もこれ持って出かけました。ソ連館で1時間半、月の石見るのにアメリカ館で3時間ならんだ時もこれのおかげでストレス感じなかったこと思い出します。 今ならさしずめ、スマホってところでしょうか。 あれから高校・大学と進み、一時ナリを潜めてた写欲は、大学の時同じアパートだった岩手の菊池くんによって覚醒。 彼は熱いニコンファンでした。 で僕も程なくニコンファンに(軽~) 後、就職し、県外赴任続く中メイン機 ニコンF4の、あの「カシャカシャカシャカシャ」っていう連写音はみなさんテレビの報道などで聞いておられると思いますが、めちゃカッコ良かったですね。 

'80年代半ばから蜃気楼を追っかけるようになると、単玉600には手が出ずで、サンニッパにテレコン付け、ぶれない様にジッツォのバカでかい三脚の真ん中に石まで載せて撮影したものでした。 '90年代前半、バブル崩壊と時を同じくしてデジカメが世にボチボチお目見えし始めました。 当時イチデジはとても高価で手が出ませんでした。 携帯電話が広まるほんの少し前の事でした。 今イチデジは、アナログニコン一式はマニアックな飾りと化し、キャノンKissXを使用。 

さて、90年代前半から自分が本格的に山に傾倒してったこともあり、写りゃなんでもイイヤ、記録じゃない、としばらくカメラそのものとは距離を置くようになりましたし、「心のネガ」ってヤツには所詮叶わないのですが、ここ2,3年でしょうか、カメラの持つ、道具としての、持つ喜び・満足感、といったものにまた魅力を感じるようになってきてるのであります。      

PEN EED -120510-2
僕のカメラの原点である、オリンパス ペン EED いろんな事を思い出させてくれてありがとう。


※ 本日掲載の写真は、先日紹介した、FUJIFILM X10 絞り優先(F4.0)にて撮影。
  (開いた画像が、ほぼ実寸大です ・・・実寸より大きな画面で見ればですが)
  この滑らか感、しっとり感、自然な感じが好きです。



春の訪れ2 ほか・・・2012.3.2(金)

東尾理子(36)が妊娠したらしい。 めでたいじゃない。 加藤茶も若い奥さんをもらい披露宴の様子が今日テレビで報じられていた。 カトチャン、ずいぶん若なって見えました。 ん~春やね~ 
ん?・・・そうなると、加藤茶婦人のご懐妊が楽しみになってきた。 果たしていつ? 早い方がいいと思います(余計なお世話)。  まぁ所詮、身の周りの話しじゃなくて芸能界の話しですが、と言って、めでたいことに変わりないです。 こんな四方山話し、いくつになってもミーハーですみません(__) 


日常に変化が欲しくて、今日スマホに変えた。