旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



訃報、やっとし逝く - 2017.2.17(金)

山友やっとしが、36歳の若い命を雪山に散らした。

・NHK岐阜昨夕の報道から
「 今月11日白川村のスキー場に出かけ、行方不明になっていた名古屋市の36歳の男性が16日、スキー場の近くの谷で遺体で見つかりました。警察は男性がスキー場の外の整備されていない斜面を滑るバックカントリースキーをしていて雪のくぼみに落ちたとみて調べています。遺体で発見されたのは今月11日、白川村の白弓スキー場に出かけたまま行方がわからなくなっていた名古屋市西区の会社員、大坂康敏さん(36)です。警察によりますと、大坂さんはスキー場の外の整備されていない斜面を滑るバックカントリースキーをしていたということで、警察などが捜索を続けていました。16日昼前友人2人がスキー場近くの谷で男性の遺体を見つけ、家族によって大坂さんと確認されたということです。警察によりますと、大坂さんは、谷に積もった雪がくぼんで穴が開いたところで発見されたということで警察は大坂さんがスキーで滑っていて誤ってくぼみに落ち、身動きがとれなくなったとみてくわしい死因を調べています。 02月16日 18時30分」
NHK岐阜の報道
※実家は射水市。

5年前立山春スキーで初めて彼に会った。。。と云うか私達のパーティーを追っかけてやってきた。確かラガーちゃんかみいちゃんの知り合いだったように記憶。 それ以来 「呼んでないのにすっと現れる」 事をこのメンバー筋では 「やっとしる」 と云うようになった。 そして彼の物言い態度、初対面年長者問わずデカイ。 が、隠されし本性本来の姿は心のきれいなキモカワイイやつだった。 ちゃんと分かってたよ、やっとし。 そうじゃなきゃやっとしじゃないよ、って思ってたよ。 
立山 - 2011.5.5
立山 - 2011.5.5-2
そうそう、この頃はよくボボついたニット帽かぶってた。
2011年GWの立山

仙人池ヒュッテでやっとしられた時
自分は飲まない呑めないのに、重いのに、私のために長い山道担いでやってきた。
仙人池ヒュッテにて - 2013.8.16
2013年仙人池ヒュッテ

黒薙に来てくれたときの一コマ
独特なノリ突っ込みでいつも笑いを提供してくれてた。
黒薙温泉 - 20150628
・2015年6月

2/11(土)の遭難日から数えて6日。 うちに帰れて母ちゃんのとこに帰れて良かった。 
人はいつか死ぬ。 そして好きでのめり込んでいった山スキーという世界で死んだとは云え横死。 人生を15回戦のボクシングに例えるなら5,6ラウンドでノックアウト。 本人本意でないし、何よりご両親の心中思うとやりきれない。 親より先に逝きやがってこのバカちんが!!!  

逝ってしまった者は帰らない 
が、人はこの世を去りしあとは人の心の中に生きる、
早過ぎるけど安らかに眠れ。 冥福を祈りつつ、合掌。 
、、、、、そしてありがと。

西さん逝く - 2017.2.2(木)

西さんが1月31日に亡くなられたと新聞が報じていた。
昔山小屋の手伝いでちょくちょくお会いし、他の山でも何度かお会いした時代がある。
軽妙でユーモアある「西島トーク」に、疲れが吹っ飛び和んだことが思い出されます。
正に朝には紅顔ありて。。。お疲れ様でした。 合掌。

在りし日、朝日小屋にて
西さんらと - 20130826


訃報、野澤士郎くん - 2016.12.5(月)

高校の同級生シロウが亡くなったとY松くんが知らせてくれた。
何でも忘年会から帰り、翌朝クモ膜下出血での急逝らしい。

3.11(東日本大震災)福島で被災後、今は仙台に暮らしの拠点おいてたらしい。
理系ながら人当たり柔らかいやつだった。 火野正平似な人懐っこい笑顔が忘れられない。
また一人逝ったか。。。   合掌。

男も女も、歳重ねゆくに連れ、背負うもの重くなれば、引きずるものも増える、
できるだけシンプルに生きたいところだが、片づけられないもの捨てられないものがある、
家族や身内に次々とあれこれ起こる、子供らが難題持ち込んでくる。
去年のちょうど今頃、 が亡くなっていたと聞いた。
寿命伸びたこの平成の世では 「早すぎるよ」 との枕ことばつくものの、
50から70までの20年を生き抜く事が最も難しいのではないだろうか。
それを上手く…運良くか、やり過ごせれば案外長生きできるよに思います。 
そうすると、私らはいつ逝ってもおかしくないお年頃真っ只中にいること否めない。
いつ終わりがやってくるかわからないこの命というヤツ、
まるで神様が気まぐれでちょんとつまみ上げ持ってってるんじゃ?と思ったりです。

妹の家の法事 - 2016.9.24(土)

法事1 - 2016.9.24(土)

今日は妹の家の法事、久しぶりにネクタイ締めてお出かけ。
親戚寄り合い、お経は退屈でしたがあとの食事会酒宴楽しかった。 
こゆ時だけ、ご先祖さんありがとう!

法事2 - 2016.9.24(土)
お経は退屈ですが齢と共に何か身に沁み入る、そんな境地も感じます。

すばらしい天井絵特別に近くで見せてくださった。 宇宙見るが如しだった。
天井画 - 2016.9.24(土)

そして御膳へ
女将のお出迎え付き - 2016.9.24(土)

強く主張することなき極上なる品良き味然ることながら、ん~器もすばらしかった
料理 - 2016.9.24(土)

粛々と賑やかに
法事3 - 2016.9.24(土)
和の大広間に厚きふかふか座布団でもってりっぱな脇息とくれば気分はもうご家老(^^)

あれこれ近況などつもる話しも
法事4 - 2016.9.24(土)

最後にみなで記念写真
法事5 - 2016.9.24(土)

次いつ会えるかな。 
自分が消えてる、かも知れない。

ウェディングパーティー - 2016.4.9(土)

炭田所長挨拶 - 2016.4.9(土)
                                     炭田所長の祝辞で始まる   2016.4.9(土)

先月挙式を済ませてる若き岳友 ゆきことハマショー の結婚披露パーティーが、朝日町のなないろKANで行われました。 仕事関係に身内の方もおられましたが、大方 “山のもん” 集いて賑やかに祝おうと云う集まり。 

ごあいさつ - 2016.4.9


ほりシェフ作
ほりシェフ作 - 2016.4.9(土)

本日来れなかった方々からのメッセージに、メインな出し物(^^)

※ 最強の狩人登場(3分過ぎ)から6分過ぎまでは振り過ぎ~。 早送りしちゃいましょう(#^.^#)
  準備してくれたカズマヤ、ありがとう。 楽しませてもらったよ。

白馬に乗った王子様がお姫様を助けにやってきた。 熱っついキッスでお目ざめ~(#^.^#)
王子様とお姫様 - 2016.4.9(土)


ママたちあれこれ忙しい中笑顔ありがとう\(^o^)/
ママたち - 2016.4.9(土)

席次 - 2016.4.9



春のやわらかい陽気に、まだ雪を頂く朝日岳も二人を祝福してる、そんなとても和やかな一日でした。 またこういう会なので、懐かしい方との再会も沢山叶いました。 おみやのバームクーヘンしっとりやーらかくて美味しかった(#^.^#)  ありがとう、楽しかった。 改めておめでとう。


ゆきこハマショーの祝言 - 2016.3.5(土)

婚儀 - 2016.3.5

山岳同人である山の娘,ゆきこと、やはり山の息子であるハマショーが祝言をあげました。 山の父ーちゃんは、ゆきこの晴れ姿ドレス姿拝めてうれしかったよ。 また日頃静かクールなハマショーの和やかで無邪気な笑顔見れてうれしかったよ。 いい時間をありがとう。 写真羅列にて備忘録です。 ポチッとすると大きく見れます。 

ごあいさつなど - 2016.3.5

式が滞りなく済み宴の始まりです。 
宴始まる - 2016.3.5
カズマヤの祝言
ガリとかおりちゃんの祝言  おまけ
すずちゃんの祝言
寺ちゃんの披露宴二次会
てつやさやかの祝言
ゆきこハマショーは今まで沢山仲間の宴を盛り上げてきました。
今までお疲れさん。 今日は自分たちが主役です!(^^)!

歓談中 - 2016.3.5

新郎新婦とカズマヤ - 2016.3.5

        ケーキ入刀 - 2016.3.5(土)

ケーキ1 - 2016.3.5 ケーキ2 - 2016.3.5 ケーキ3 - 2016.3.5
ケーキ4 - 2016.3.5 ケーキ5 - 2016.3.5 ケーキ6 - 2016.3.5

美味しい料理の数々
料理1 - 2016.3.5 料理2 - 2016.3.5

料理3 - 2016.3.5 料理4 - 2016.3.5

料理5 - 2016.3.5 料理6 - 2016.3.5
                  幸せのおすそ分け
                 幸せのおすそ分け - 2016.3.5


宴の様子- 2016.3.5

章ちゃん夫妻演奏 - 2016.3.5


そして今日もゆきこはお遊戯の先生に変身した(^^)


大正10年生まれのおばあちゃんもお元気でした。
大正10年生まれのおばあちゃん - 2016.3.5

ご両家代表あいさつ - 2016.3.5

ハマショーあいさつ - 2016.3.5

集合写真 - 2016.3.5

章ちゃん喜びのポーズ。
章ちゃん喜びのポーズ - 2016.3.5

披露宴席次 - 2016.3.5

好天に恵まれたこともあり、若いもん見てて久しぶりに気持ちが晴れ晴れしました。 
おめでとう。 しかし、恋愛と結婚生活は違います。 
今まで以上に自分の思い通りにならないことが多くなります。 
相手の喜怒哀楽自分の事と思えるかがカギ。 これからが本当の愛かもしれない。 
言うは易し行うは難し、私などはお手本になりませんが。
意識して力合わせ、この幸せ状態永く続けてってください。 
あっ!たまにはまた一緒に、山にスキーに、出掛けましょう。

尚4/9(土)に、山関係者仕事関係者含め盛大な披露パーティーが行われます。

親戚の法事 - 2016.2.29(月)

法事 - 2016.2.29


今日は親戚の法事
17回忌に一周忌
終わって親族集い和やか賑やか

これも先に逝った人たちの おかげさま


訃報、なおきくん逝く - 2016.1.20(水)

なおきくんが逝った
この2年黒部の山仕事で度々会いましたし
昨シーズンも一緒に山スキーに出かけたのに

ご冥福をお祈りいたします
せつない  合掌



昨年2月蒲原山


遭対協春山訓練、白鳥山 - 2010.3
                                        遭対協春山訓練 白鳥山  2010年 3月


訃報、井 俊彦くん - 2015.12.5(土)

高校の同級生、井が今年3月に亡くなっていたと、Y松くんが知らせてくれた。
3年間ずっと僕の前の席でしたが、大学からずっと東京暮らし、
会う事と云えばたま~の同級会ぐらい・・・と云っても私あまり出席してませんが。
三田村邦彦似、物静かで骨のある、男らしいサムライの様なヤツだった。
ご冥福をお祈りいたします。 合掌。

ゴンドラの唄 -2015.5.25(月)


                                 1915年(大正4年) 作詞 吉井勇  作曲 中山晋平

わたしの子守唄「ゴンドラの唄」。 母は大正10年元旦の生まれで、この歌は母が生まれる6年前、今を遡ることちょうど100年前この世に出た歌です。 職業婦人であり、世の為人の為、家族顧みず(笑)働き通しだった母はこの歌が好きで、家にいる時よく口づさんでいたことを思い出します。 何歌ととるんやろー?とあの頃は思ってましたがこうして聴くとすばらしい、時を経ても生き続ける名曲です。 

男尊女卑男女格差甚だしい時代、外で男並み・・・男以上にか,仕事し、メシ作り後始末し洗濯して、その繰り返しの中、わたしら子供4人育て上げた母は今思うと正にスーパマンでした・・・掃除に整理整頓大の苦手、化粧におしゃれにはトンと興味のない人でしたが(笑)。 いつ寝とったんやろ?

この作品は多くの方がカバーしている。 まぁ松井須磨子歌うがノイズ含め当時ぽくて一番ですが、森昌子が今は正調ぽいかも。 加藤登紀子歌うも良し小林旭歌うも良い。 そしてモリシゲ歌うもすっとタイムトラベル的で良いです。 今日は好きな倍賞千恵子で(^^)

今宵、ぎびきわさびマヨネーズをアテに晩酌。 シンプルなものはやはり、美味し!(^^♪
ぎびきで晩酌 -2015.5.25(月)


逝って12年
親孝行、したい時に親はなし とはよく言ったもんだ。


萩原流行亡くなる - 2015.4.22(水)

萩原ながれ -2015.4.22

萩原流行さんが交通事故で亡くなられた。
氏はハーレー、車と接触,転倒した処後続の車にはねられたらしい。
少し好きな俳優さんでした、ご冥福お祈りいたします。


追悼、鮎川悦子さん - 2015.3.3(火)



シーナ&ロケッツのシーナが先月2月14日に亡くなられたのですが(亨年61才)、今になって中途半端に追悼。私は学生時代、もっぱらフォーク・・・陽水拓郎かぐや姫、サザンに歌謡曲が好きで、脚向く先は映画館で暗めな映画、派手で陽のあたるよなロックにはほとんどご縁がなかったのですが、このシーナのだんなである鮎川誠(現在66才)はカッコ良かった。 ルックスは元より、飾らない彼の生きざま、今もとてもカッコいいと思います。

だんなのことばかり誉めてもあれなので貼っておきます。





  合 掌


姪っ子まき結婚 -2014.6.7(土)

真希の結婚式 -2014.6.7(土)

姪っ子まきの結婚式があり参列して来ました。
 
参列と云ってもまぁ呑んだくれていただけですが。 
これからの人生に幸多かれと伯父としては思います、
幸せになれよ。

真希の結婚式2 -2014.6.7

父と娘 -2014.6.7(土)

母と娘 -2014.6.7(土)

新郎新婦とこっちの親戚たち -2014.6.7(土)


昨年から続いた甥姪の結婚ラッシュはこれで一段落か、 
うちなど遠い先のことですし。
ともあれめでたいことは良いことです。


カズマヤの祝言 -2014.4.12(土)

カズマヤ披露宴 -2014.4.12(土)
                                   ホテルおがわ にて   2014.4.12(土)

若き山友カズとマヤが、桜満開な今日祝言をあげました。
これ個人備忘録でもあり、写真だらだら羅列、ご容赦下さ~い(*^_^*)

おしながき、、、振り返るにほとんど食べてな~い(>_<)
お品がき -2014.4.12(土)

朝日小屋関係者中心に、かな。
朝日小屋関係者中心にかな -2014.4.12(土)

徐々に密かにあちこちで盛り上がってた(^^)/
徐々に盛り上がる -2014.4.12(土)

nozomirr 一段と艶っぽくステキになってた、なんかいいことあったんじゃ!?(*^_^*)
のぞみと筏井さん -2014.4.12

同級生な二人
同級生-2014.4.12

今は昔,剣山荘で出会い、今は日頃ごく近くにいるけど久しぶりに顔見たのでパチリ、
ひらばで職質されないようにしよーっと^^;
駆動くん -2014.4.12

私が朝日に足繁く通うようになったのはそもそもよもちゃんあって(^^ゞ
よもちゃんと -2014.4.12(土)

飛び入り参入もありで、余興大いに盛り上がる(^^♪
ハマショー妙に似合うよ、もしかして目覚めた?!(*^_^*)
普段は屈強な山男に「竹の子」の主人もこの日は変身です。
ハマショー目覚めたか(*^_^*) -2014.4.12
余興の様子2 -2014.4.12
余興の様子1 -2014.4.12
余興楽しむ人々 -2014.4.12

何故よもじいが登場したのか憶えてないが、ダイジョブ?(#^.^#)
よもちゃんダイジョブかい^^; -2014.4.12

で、二次会へ。 新郎新婦の学生時代の友人方もおられたものの、もういつも通り、山の集まりと場は化していました。 沢山の方とゆっくり話すことは叶わなかったが、何名かの方と話すことができうれしかったです。
二次会に漂う -2014.4.12


引き続き三次会が、笹川の朝日小屋連絡所で行われた模様ですが、私は所用ありここで帰宅。 
翌朝、市長選挙に一石投じに出かけました。


席次 -2014.4.12


老若男女が、互いに補いながら楽しめる「山」という世界のおかげでこの様な席に招いていただいた。 そして、山やってる若いもんには、年配者とのつき合い方というか、敬う心と言動が自然に身についてくる。 山という世界はすばらしい、改めてそう思いました。

個人的には一ヶ月間の禁酒明けとなる、暖かく麗らかな春の日に、県内外から集まった人々との久しぶりの再会に喜び、美味い酒飲ませてもらいました。 飲み語り唄い踊り、正に夢ん中、竜宮城にでも行ったみたいな楽しい楽しい時間を過ごしました。 カズマヤありがとう。 そしておめでとう。 お幸せに。 でも、これからが本当の愛かもしれない。

最後になりましたが、今回裏方として会を盛り上げ支えて下さったスタッフのみなさん、楽しませてもらったよ、いい会だった、ありがとう。


訃報、小野 健 氏 逝く -2014.3.19(水)

栂海山荘、小野健氏-040422
                     在りし日の 小野 健 氏 (栂海山荘小屋開け)   2004.4.22

栂海新道を拓きその後もこの登山道に生涯をかけられた、登山家 小野 健 氏(糸魚川市在住)がこの3月17日に亡くなられました。 享年81歳。 今日の朝刊で知ったのですが、一瞬同姓同名じゃ?!と目を疑いました。 

体大きく眼光鋭いお姿は一見強面、近寄りがたい雰囲気を放っておられましたが、矍鑠たるものの、一度交われば、その会話は緩急ありお茶目でシャレっ気たっぷり、何と云うか、、、粋な方でした。 時折見せられる少年の様なキラキラした眼差しが今も忘れられません、魅力的な方でした。 ビールはサッポロ黒ラベルがお好きだったのが、私もそうなので共感大でした。 

いつだったか氏に、「初雪山は三方向から登頂したことはありますが、犬ヶ岳からは至った事がないんですよ」と言ったら「そうかぁ、なかなかいいぞ、今度案内してやるよ」とおっしゃったのだが、それが実現しなかったことが今となっては悔やまれます。 

山と向き合う事を 山と生きる事を そして生き様を 学ばせて頂きました。
ありがとうございました。 ご冥福をお祈りいたします。   合掌。