旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦を過ぎました。思えば遠くへ来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



開湯150年を迎える -20180531(木)

薬師祭、住職読経 -20180526(土)
                           ご住職による読経  2018.5.26(土)  (公式HPより)

黒部川水系で最も古い温泉旅館、黒薙温泉旅館が、
この五月二十六日で、開湯(開業)から150年を迎えました。

当日はおごそかにお参りしお祝いしました。
古より訪れた人人、宿にたずさわり守ってきた先人方、見守ってきた薬師如来様、
そして、大自然,地球の恵みからなる、上質な湯を改めてありがたく思いました。

昔の宿の様子
昔の本館 -201805

日頃めったに上がらない噴泉も上がりました。
噴泉も上がる -201805
                                                 (公式HPより)

休みの今日はその振る舞いもの、紅白餅を雑煮にしていただきました。
150年でお雑煮 -20180531(木)

本日は晴天なり -20180520(日)

今回は三泊四日の山宿詰めだったのですが、二日続けて降られました、
黒薙川も増水必至なので大露天風呂は夜間止めましたが、三日めから好転、
sosite!今朝は久しぶりに太陽サンサン、
朝から晴れ上がり、気温は上がりませんでしたが、気持ちの良い一日になりました。

幽谷の地に陽が射し始める頃
陽が射してきた -20180520(日)

影くっきりふっくら~ 陽ざしたっぷりな山の朝はやはり気持ちが良いです。
おひさまな朝 -20180520(日)


帰り際、お子様連れの方方がみえられたのですが、
話してみると、おっと!お一人は超ご近所さん。 驚き桃の木~でしたー(^^♪


いつもの通勤トロッコとちてつで家路につきました


おまけ。昼のまかない、冷やしタヌキ蕎麦。
山宿での昼食は仕事しながら交代で食べるので麺類をいただくことめったにないのですが、
そしていつもは調理の方が作ってくれるのですが、この日はスタッフの数少なかったのでわたくし作(^^ゞ
つゆ,天カス,ワサビ織り成す味の三重奏、美味し!
蕎麦は満腹感ある割には胃もたれしない胃にやさしい良い食材です。

昼のまかない -20180518

フランスからの客つづく -20180516(水)

今はすっかりネットなシャバ。 黒部奥山にもグローバルな波、
アメリカカナダチャイナにシンガポールからと云うのは承知の助なのですが、
あららこのところおフランスからの方が続きました。

パリからやってきた、ファッション業界に身をおくという、クエンティン&クルイ、
クエンティン&クルイ -20180515朝

宿をあとにし、金沢、京都、箱根、と日本を楽しみ、帰るのだと云っていた。 
黒部奥山幽谷の地インスタ映えするとは思えないし、慣れない日本食に苦戦したでしょう、
わたしも、郷に入れば郷に従え、的なもてなしに終始しましたが、
大自然の中での湯に、ことばいらない重厚感ある黒薙ワールドは楽しめたものと思います。 

クエンティン&クルィ -20180515朝

息子娘な年頃のふたり、美男美女だった。
一瞬の切り取りna写真以上に、その表情身のこなしステキだった、
礼儀正しかったのも印象的なふたりでした。

と、同日、ロシア国籍で今はフランス在住の二十代前半の若いふたりも宿泊、
こちらもまた礼儀正しい、かわいい子たちだった。
ロシアだからか、生な刺身もしっかり食していた、
            作るもんとしては食べてあるとうれしいもんです。

二カップルとも若いからか英語がある程度わかるので助かりました。
パリと黒部は空でつながってるー & 同じ人類、長い間生きてるとなんとかなるものです。

少々気疲れしたものの、黒部奥山の番人にはいい経験脳の活性化になりました、
わたしの仕事は、ただ、黒部の大自然のお手伝いをするだけなのであります。


de,今宵は無性にれんこん食べたくなり、天ぷらにして赤霧で夕焼け酒場
蓮根赤霧 -20180516(水)
蓮根のシャキシャキ感にとろりな赤霧、美味し!

うどの皮むき -20180509(水)

うどの皮むき -20180509
                      みんなでうどの皮むき  2018.5.9 (水)
                                 (旅館HPより)

大型連休が終わり&、お客様ひと段落naこの頃ですが、仕事というのはあるもんデス(^^; この時期毎年のことですが、シーズン中の山菜あれこれ仕込みます。 写真はうどの皮むき作業。 穂先は天ぷら、皮はきんぴら、身は煮物でお出しします。 シーズン分だし、手も荒れる、包丁で手も切りやすい、結構大変。 ですが大勢でやるとこういう作業は昔なつかし農作業みたいなもんでわいわいがやがや楽しいもの、かも。。。かも、と云うのは、わたくし管理人は受付部屋にて無言で一人皮むきサポートなのであります。 孤独なポジションだ(笑)

山の中では、仕事が終わっても、いわば幽谷の地にひっそり軟禁状態、
息抜きにシャバの空気吸いにゆけるわけでもなし、まして、
本屋や酒場にでかけれるわけでもない。 なので、食べることはささやかな楽しみです。
ある日のまかない
まかない-20180509夜

私の朝メシ
朝メシ -20180510

大型連休終わる -20180507(月)

開業150年 -20180506
                                  黒薙温泉旅館は今年開業150年を迎えました。

今は宇奈月温泉からトロッコ電車でちょいと気軽に行ける黒薙の湯は、今から373年前、正保2年(1645年)、、、後光明天皇。三代将軍徳川家光、、、の時代に発見されました。 が、国境な為、お上が開場を許さず、長い間深山の隠れ湯として、地元の人人に密かに使われていたのですが、慶応4年(1868年)加賀藩に開湯を許可され、現在の黒薙温泉旅館がスタートしました。 そして今年、営業開始から150年を迎えました。

黒部奥山は新緑まぶしい、ステキな季節になりました。
緑深し黒薙 -20180506
目にも心にもやさしいグリーンシャワー、癒されます。

朝食
朝食 -20180504
山のもの温泉ならではのもの中心に。 体にやさしい、あっさりさっぱり系。
名水の里くろべにあって、奥山黒薙の湧水は取り分け美味し!!
その水で米を研ぐので、白ごはんそのものもうまい、そう思います。
(市内黒部の自宅で、水道水で研いだものとは炊き上がりが違う)。

大熊山登山のあと来られたK上さん一行。
川上さん方 -20180505朝
すばらしき山屋さんたちとお見受け。 なので、
ゆっくり山の話しをしたかったのですが、多忙極め叶わず残念無念。


今年の大型連休は、後半夜間から午前中降られる日がつづきましたが、
総じて天候に恵まれ、訪れられた多くの方々の満足そうな顔が今印象として残ります。
と、私も家路に。。。ほっとする、ボーッとする時です。

私らはお客様用ではなく、黒部で働く汗臭い者だけが乗る 「工事用トロッコ」 で宇奈月に下がります。

こうして大型連休は終わった。 そして、
それが終わるのを待ってたかのように、今日はしっかり終日雨の週明けになりそうです。
ピーカンだと気が落ちつかないのですが、これで!(笑) 身も心もゆっくり休められます、
日々養生といかない山宿の繁忙期ひと山越え、横になり、泥のように休養です。

黒部奥山この頃 -20180422(日)

仕事場への道 -20180422(日)
            仕事場への道 (宇奈月トロッコ電車、黒薙駅⇔旅館間の山道)  2018.4.22(日)

4/26(木)の開業に向け旅館の準備が進んでいます、
周囲の山山は今生まれたての新緑がやわらかくてとてもステキです。

山道から旅館方面   旅館の一部が見えてきました。
山道から旅館方面 -20180422(日)

山道から旅館方面   宿がカナリ川の際どい所に建っているのがわかります。
山道から旅館方面2 -20180422(日)
※目視ではこんなに大きく見えないですが、天女の湯と云う露天風呂が山道から見えるので、
ここには開業前に大きな目隠しを設置します 、、、この日はまだノンブラインドってことです(#^^#)

山道はロープがしっかり施され安全デス! 、、、落ちたら命ないと思いますが。
安全な旅館への山道 -20180422(日)

今シーズン初湯が入ります
シーズン初湯が入る -20180422(日)

開業前の大露天風呂
開業前の大露天風呂 -20180422

大きな源泉地帯が川沿いですので、この風呂もこうしてみると川の一部です。
今日の大露天風呂(源泉地帯)付近 -20180422(日)

降られ続けだと身も心も沈みますが、今年は好天に恵まれ外仕事が順調に進みます。 
こんなこと云ってはあれですが、お客さんのいない山仕事は気持ちがいい、 
ことばやごまかしの通じない効かない、命あっての山仕事、
楽しみで歩く山歩きとは違うが、これがまた実に楽しい!(笑)
宇奈月温泉すべての湯をまかなうデカイ源泉、開業目の前の黒部奥山、黒薙であります。

上山会 -20180411(水)

昼食会 -20180411(水)
                                        オーナーと昼食会  2018.4.11(水)

今年も山仕事が始まります。
今日はオーナーさんからの 「今年もひとつよろしく!」 という様な集い、上山会にでかけました。

黒薙温泉旅館管理人という生業、前職h銀行研究所勤めから身を転じ5年目に入ります、
慶応四年開業、今年満150年という黒部川水系で最も古く長い歴史をもつ湯場の番人として、
先人たちに恥じないよう、守らなきゃ、次に繋げなければ、という思い新たにしました。
携帯電話の通じない奥山。 山が好きだから幾日も居られるのだとも思います。

自分の居場所立ち位置ホームと云える山、それがメインな暮らしが今年も始まるわけですが、
昨年は、近年類を見ない大雨により二ヶ月間の休業、復旧作業を強いられました、
今年はどんなことがあるだろう、、、どんなお客様に会えるだろう、、、それも楽しみです。
あっ!宇奈月温泉の全ての湯をまかなう黒薙の湯は源泉ならではの濃さですし、
私が調理しお出しする岩魚の塩焼きに、山菜料理も美味! ←ちょいと宣伝、失敬。

富山駅北、結構見わたせ気持ちがいい。 オーナー宅,,,会社から。
もう 「駅裏」 とはすっかり云えなくなりました。
オーナー宅より -20180411(水)

公共交通でゆくと本が読めていいデス!
ちてつ -20180411(水)


今日は予報最高気温20度超えとか云ってて、終日肌寒かったように思います、 
現地に入り早早黒部奥山幽谷の地黒薙の気温湿度空気に慣れなければ、そんなことも思います。

山仕事終わる - 20171130(木)

小屋閉め - 20171130,3

今年も今日で山での仕事が終わりました、
今年は6/30から7/1にかけての大雨で、谷底にある黒薙温泉旅館は、
結果丸丸二ヶ月間の休業を余儀なくされました。 記録記憶に残る年でした。

その様な中、シーズン通しケガや体調くずすことなく務めとおせたことに
今は自分にごほうびあげてもいいかな、などと思います。
しばらく山絡めたロンリージャーニーと洒落込みたい気持ちもあるのですが、
すでに入れてる予定もあり、気になってる外メシの一つ二つでガマン、OK!!(笑)
そして家を守ってくれたイングリッド始め家族に感謝しなければいけないと思います、
ありがとう。

また黒薙に足運んでくれた友人知人方、ありがとうございました
久方ぶりの再会にもっともっとゆっくり突っ込んだ話しをしたいと思う時もありましたが、
わたし宮仕えの身。 失礼をおゆるしください。

      小屋閉め - 20171130,2
       ぢぢぃとばばぁかよー! なんて思ってたら
           いつの間にか自分も仲間入りな歳になりました(一一")

宿はより静寂に包まれ冬ごもり冬眠に入ります。
小屋閉め - 20171130,1

宇奈月に下がってお偉いさん方交え昼食会、のちほどなく解散
小屋閉め - 20171130,4

山から帰るといつも次の日から師走、
ほんのしばらく、だらっだら!に放電、自分を解放しようと思います、
そしてまた冬の暮らしが今年も始まります。
齢六十、一線から徐々にフェードアウトしてかなければ、そう思うこの頃です。

一向聴の夜 - 20171128(火)

黒部奥山幽谷の地黒薙はただ今絶賛小屋閉め中であります、 
昨日今日は天気が良くて、特に順調に作業が進みました。

昼の賄い。 イワナの素揚げ。 
素材の姿がそのままできれいですし、骨までサクサク軽く、美味し!!
今日の昼メシ -20171128(火)

この時期旅館に太陽はのぼらないのですが、お月さんは上がります。
黒薙に月のぼる -20171128(火)
川面にお月さんの姿が映るのは風情があり良いものです。
気づいたら風呂で♪炭坑節うなってました。 
気分は三波春夫、三橋美智也ではいけません!(笑)

一日が終わる。 明日あまり降られなきゃいいなと思う静かな夜です。
今日も終わる -20171128(火)

どちらさまもゆっくりぐっすりおやすみください。 でわ。

黒薙、雪化粧 -20171120(月)

雪がやってきた -20171119(日)早朝
                                      雪がやってきた  2017.11.19(日) 朝

例年に比べ10日ほど早く黒部に雪がやってきました。
黒薙で雪が舞い始めたのは11/18(土)夜。 一夜明けるとうっすら白くなってました。 
大きな源泉地帯、地熱が高いからでしょう、地面には積もりませんでした。

雪見酒ならぬ雪見風呂、趣あり贅沢です。
雪の大露天風呂 -20171119(日)早朝

紅葉と白き雪のコラボ、ステキでした。
雪景色 -20171120(月)朝

雪化粧した山の温泉宿
雪が降った山宿 -20171119(日)朝

お客さん方には、ひと月以上早いX'masプレゼントになったようで、喜んでおられました。
私も四年いてこの時期舞うことはあったものの積もったのは初めて見ました。

下山日


黒部に本格的な冬到来。 また冬が始まる。
日本全国その土地土地良い所はある、
わたしら雪国の者は、雪と共に生きてゆかねばならない。

岳友ご学友、相次いできたる - 20171112(日)

夕食の頃 -20171110(金)
                  この時期は夜のとばりが降りる頃夕食になります  2017.11.10(金)


今は昔になりますが、その昔初雪山雪洞泊ご一緒したさんちゃん、、、
、、、池の平にも 『サンちゃん』 いるので何か枕詞ほしいとこです、
が黒薙を訪れてくださいました。 ストーブにあたり飲み漂いながら山と人生よもやま話し。 
帰る朝に。 遠いところをありがとう。
さんちゃん -20171111(土)朝
赤霧、コクのあるとろり感よろし。 常温ストレートちびちびなめる、旨し!

っで、休みなので朝寝、朝酒、朝湯 マンキツ~ からの昼メシ。
昼メシ -20171111(土)


そしてその日の午後クサレ縁な堀くん、らが、今年もやってきてくれました。
やはり人という者はふぇいすtoふぇーいす 寄って交わるが一番、
久しぶりに膝つきあわせ一杯飲りながら話せ、楽しかった、さんきゅう。
堀くんら1 -20171111(土)
堀くんら2 -20171111(土)
嶋くん -20171111(土)
たまちゃん -20171111(土)
沢山たくさんの差し入れもありがとうございました。

前日雨模様だった天気も好転、
朝食きちんといただき、みんなはシャバに帰ってゆきました。
堀くんら集合写真1 -20171112(日)

堀くんら集合写真2 -20171112(日)


三日か四日でひらばに下がるのがいつものスタイルなのですが、
こうして偶然にも相次いで友人が訪ねてきてくれたおかげで!
今回は公私併せ七泊八日という豪華ロングステイになりました。 まだいます(笑)
・・・家のこともせんならんのに家空け続けご家内様すみません・・・

さみしくないですか!って? ダイジョブ! 心配ご無用、
たまちゃんがおいてった私などめったに口にすることない、
高級な日本酒、それも私の好きな銘柄がありますから!!(笑)

さて、今週はぐっと冷え込む日がある模様、
黒部奥山くろなぎにはすぐそこまで冬がやってきてます。
寒向の折どちらさまもご自愛ください。 
そしてまた会いませう!できれば互いに五体満足たっしゃで!! でわ。

誠くん新聞に載る -20171027(金)

誠くん新聞に載る -20171027(金)

超ローカルネタです。
誠くんが今日の地元紙朝刊に載っていました。
「裕次郎ホームをつくる会」 と云うのがあることも初めて知りました。
選ばれたのですから、今後歌を含め形態模写の修業もしましょう!
因みに、誠くんの6歳上の兄が私の同級生タカヒロくんであります。
超地元の人が新聞に載ってたのでうれしくて発作的な投稿です(#^^#)


で、休みの今日の夕食は、博多長浜ラーメン byマルタイ
さすが本場福岡のマルタイ、細いストレート麺、品のあるとんこつ味。 
その市販の袋麺を自分なりにアレンジしていただきます。
長浜ラーメン -20171027(金)
山暮らしのまかないでは麺類を食べる事は皆無です。 
(客商売なので食事時間まちまち&作り手の作業効率、手間省略から)
なので下がると無性に麺類が食べたくなります…元元好きだということもありますが。
いい時代です。 諸国の味が手軽に手に入り味わえます。
ん~美味し!! しあわせであります(^^)/(^^)/(^^)/

黒部奥山くろなぎこの頃 - 20171026(木)

ネイティブな日本人あるいは二世三世の方かと思ったら、
香港台湾のご出身で何度も来日しているけれど、純粋な外国の方でした。
体が大きく落ち着きあるご主人に、奥様の笑顔がとーーーっても!ステキでした(#^^#)
なので思わず一枚撮らせていただきました。 ありがとうございました。
メーガンさん -2017.10.20(金)朝に
                                   メーガンさん  2017.10.20(金)朝に

昨年おいでになり、この八月私もお邪魔し世話になった
池の平小屋のご主人サンちゃんが、今年も顔見せてくださいました。
100日近くの裏剱奥山中の奥山での暮らし、おつかれちゃんでした!
同日おられた松下さんと、あらら同じ系な色じゃないっすか!
ってことで、世界を飛び回るデザイナー女史とのツーショット、
女史スウェーデンでの仕事を終え帰国の足で黒薙に来られてのこと。
松下さんとサンちゃん -20171026(木)朝に
                             松下さんとサンちゃん  2017.10.26(木)朝に

徐々に紅葉がすすんでいます
徐々に紅葉すすむ -20171026(木)

徐々に紅葉すすむ2 -20171026(木)

このところ気温がぐっと下がってきており、温泉がとても気持ち良い季節になりました。

コケ採り - 20171016(月)

コケ採り1 -20171016(月)

食欲の秋です
ハマショーの、あれなんやろ~!?から、しばしコケ採り。 
・・・対岸見てキノコかなにかもわからない未確認物質に疑問符ということ。
ならば!と。 植生観察研究、これも大切な仕事の一つです!(#^^#) 
柄に未成熟なツバが認められるものの、
もたせ…ナラタケモドキ…ということにしておきませう。
山に暮らし 自然の恵み 食らうなり。

コケ採り2 -20171016(月)

このところのまかない - 20170925(月)

20170825(金)朝メシ…久々の賄食
                        二ヶ月に及ぶ休業復旧作業の後半、初めていただいた朝メシ

山仕事の季節、5月から11月は自宅で食べるより、
調理担当の女性が作ってくれるまかないを食べる事の方が多いです。 
メニュー考えるの、日々心労のことと思います。 
自分の父ちゃん家族でもないのに、誠にありがとうございます。
B級どころかC級D級グルメなわたし、、、つまり、
食い物に頓着ナシな私にとっては、毎日がごっつぉ!です。 最近のものアップ。

【 昼メシ編 】
20170908昼 20170909昼

0170910昼 20170914昼

20170917昼 20170919昼

【 夕食編 】
20170909夜 20170922夜

【 番外編 】
真夜中の誘惑、、、夕食ひかえたら腹減ってついつい。 
20170908夜の誘惑 

自宅でたま~に食べるうなだれ丼、 
白メシに市販のうなぎのタレかけただけ、山椒ぱらっと、
たったそれだけですが、これがどうしてなかなか美味し!
・・・C級D級グルメばんざ~い!!(一一")
うなだれ丼 -20170914夜

黒作り食べ比べ
えびよねの黒作り -201709 石橋水産の黒作り -201709
10g当たり、108円(最近値上げした)と38円。値段さ2.8倍 …市内O阪屋調べ。
ほんの一口(1本)なら気づきにくいですし、ご飯に乗せて食べるならそれはそれですが、
二口三口or多めに口に運ぶと、甘めで品よく仕上げられた前者が舌触り後味まろやかで美味し!
(まぁ私の父親たちが日本酒のアテにしてた当時のネイティブもんは、
              もっと生臭くて、もっともっとしょっぱかったように思いますが)

天高く馬もわたしも肥える秋であります。