旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



浪速より友がき来たる - 2017.6.18(日)

帰りの山道1 -20170618(日)
                           帰り、旅館から黒薙駅までの山道にて   2017.6.18(日)

今年も浪速から山友たちがくろなぎにきてくれました。

大露天風呂楽しむおなご衆
大露天女子衆 -20170617(土)

おとこ衆はあんまり画にならないのでパス(失敬)
お部屋に戻って一杯飲りませう。 目に青葉まぶしき黒部奥山。
お部屋に帰りませう -20170617(土)

まずはシャンパンでかんぱ~い(^^)/ とても美味しかった(#^^#)
まずはシャンパンで乾杯 -20170617(土)
                                           ∫しげっぱただ今お昼寝中

夕餉
夕餉 -20170617(土)

おしゃべりしたり温泉に浸かったりしてる内に、辺りは漆黒の闇につつまれていった。

で、朝もゆっくりし宿をあとに。
宿の前にて -20170618(日)

宿の前にて2 -20170618(日)

大人の遠足だねぇ(^^♪
帰りの山道2 -20170618(日)

道中ササユリがひっそりその命咲かせていた。
山道に咲くササユリ -20170618(日)

宇奈月に下がりませう。
帰りのトロッコ車中 -20170618(日)


湯はいわずもがな、質素な料理に、水に空気にグリーンシャワー極上なる黒薙、
また、過去にタイムスリップしたよな感に包まれる黒薙という地、
デトックス効果も大きいとわたしは思います。 
忙しい都会暮らしからひと時離れ、心身ともにリフレッシュされたかな。

まっちゃんみいちゃんまめちゃんゆきりんしげっぱおちかちゃん、
いつもながら竜宮城のような楽しい一夜をありがとう。
そして、今回も美味しい酒、たん!とゴチになりました。 
ここんとこ毎年顔見せてくれる。 重ね重ね重ね、ありがとう。

去年の様子
おととしの様子
その前の年の様子


みやちゃんオカリナ奏でる -2017.6.16(金)

みやちゃんオカリナ奏でる - 20170616(金)

みやちゃんとO田さんが顔見せてくれた上に、みやちゃんがオカリナを奏でてくれた。
それも今は亡き私の母が歌ってくれてたmy子守歌、ゴンドラの唄であります。 
感動しきり。 黒薙と云う地にもとても似つく。 ありがとうございました。





70年代ソングにも話題及び、しばし口づさみ楽しかった。
同年代同じ時代を生きてきた同輩、いっぺんじっくり一緒に歌いたいものだと思いました。


ヤマカガシ - 2017.6.7(水)

ヤマカガシくん - 20170607(水)

日向ぼっこしてるマムシにはこの春すでに何度か出くわしてるものの、
今シーズン初めて会ったヤマカガシ
黒部奥山、幽谷の地黒薙に 同じ息づく暮らす者同士ながらこの子も毒蛇、
お肌黒々黒光り、精力のかたまりって感じ。 そしてでかかった、
優に1mは超えており腹まわりもなかなかなものでした。
知らずに近づくお客さんがいたら、、、まーそんな方はまずいませんが、
お風呂楽しみに訪れし人々に、もし害が及んだら事です。
可哀そうですがこの後頭つぶし川に。 心で手掌わせ葬送した次第であります。
これも私の仕事の一つなのであります。 ヤマカガシくん人間て勝手でごめんね。

山菜仕込み、ほか - 2017.5.17(水)

ウドの皮むき - 20170516(火)
                                  ウドの皮むき (この後7,8人まで増員の模様)

お客さんに出す山菜の下仕事もこの時期の作業、 
この日はウドの皮むき。 手が荒れるので手袋して行います。
身はもちろん、皮はきんぴらにしてお出しします。
この後も、
大量塩漬け保存、使う分だけ煮て、塩抜き、調理、
等等、昔ながらの手間ひましっかりかけてゆきます。

黒部峡谷も、遠くを見れば新緑鮮やかな季節になったわけですが、 
ふと山肌足元に目をやると、可愛いお花たちが姿を見せてくれています。

クリンソウ - 20170516
ヒメシャガ - 20170516
可憐で清楚そして品があります。

この頃の食あれこれ。 
山では調理の方が三食作ってくれます。感謝。
ある朝 ・・・これは自作。

ロンリーワンダフォーナイト、からの独り朝メシ - 201704
ある日の夕食。
賄い夕食 - 201705

山では麺類と云うと蕎麦以外食べることないので、
家に帰ってソース焼きそば。 定期的に体が欲します。
特別なものじゃありませんが、ん~美味し!

今日の昼メシ - 20170517(水)

今日はoffでしたが、草刈りして、
古本屋回り(買わないのに)して、近くのスーパーに行ってと云う、
気がつけば、いつもながらのルーティン的徘徊行動。そしてこれから晩酌。
昼は暖かかったのに午後から肌寒くなってきた。 燗酒でも。
これが今の私にとっての幸せなのかな、そう思ったりします。


っで、半額ハンター集う時間に原信に行ったら小鯛安いじゃな~い!
小鯛で一杯 - 20170517(水)
ポン酢でいただきます。

燗酒飲りながら、体つま先まで財布も少し温まりで心穏やかであります(#^^#)


れいちゃんみやちゃんが顔見せてくれた - 2017.5.1(月)

れいちゃんみやちゃん - 20170429(土)


黒薙は、やさしい若葉が目に心に染み入る頃を迎えました。
過日のことですが、一昨年黒部・下ノ廊下をご一緒した、
みやちゃんれいちゃんが顔を見せてくれた。 ありがとう。

で、夜の甘い誘惑(#^^#)
夜の甘い誘惑 - 20170429
みやちゃんに頂いた自家製りんごのドライフルーツもとてもおいしくいただきました(^^ゞ
ご両人、重ね重ねありがとうございました。

黒部奥山も新緑の頃になりました - 2017.4.23(日)

自分の布団、干す - 20170423(日)


この26日の開業に向け準備は粛々と進んでいるのですが、
このところどうもはっきりしない天気の日が続いていました。
と、今日は久しぶりにおひさまサンサン、大サービスDay!!
風吹き渡りとても気持ちの良い日でした。 やっと自分の布団干すことできました(^^♪


今日は下山日。 営業始まると日中は女性専用露天風呂となる「天女の湯」に。
好天明るい景色の中での露天風呂はやはりこの上なく心地良いものです。

天女の湯 - 20170423(日)

天女の湯からの景色、
宇奈月温泉全てをまかなう湯はここからスタート、送湯されています。

天女の湯からの眺め - 20170423(日)

通勤トロッコの車中より
おてんとさんのした 緑まぶしく 風さわやかなり

黒部も新緑の頃になりました - 20170423(日)

黒部奥山はもうすぐ緑まぶしい頃を迎えようとしています。

上山会 - 2017.4.11(火)

上山会1 - 20170411(火)

黒部にもようやく春が来て、いよいよ今年も山仕事が始まります。
今日はオーナーの元にメンバーが集合して上山会でした。
一つ屋根の下で寝起き苦楽共にする兄弟姉妹の様な人々との久しぶりの再会に、
今年は新メンバーも加わり戦力強化、心機一転です。


上山昼食会
上山昼食会 - 20170411(火)

上山会2 - 20170411(火)

黒薙温泉は、正保2年(1645年)、現在の黒部市音沢村の太郎左衛門によって発見され、
慶応4年(1868年=明治元年) 加賀藩に開湯を許可され営業を始めました。
剱立山に名を残した宇治長次郎と並び称されし明治の名山岳ガイド、
音沢の佐々木七之助は厳冬期黒薙の番人をしていたと云う。(黒部奥山史談、湯口康雄氏著より) 
そして折しも今年は明治150年という節目の年にあたります。 先人たちの魂宿りし 幽谷の地、黒薙
歴史由緒ある湯場の湯守として、思い新た、身引き締まる思いがしました。



終わりて昼下がりぼんやりと独り酒しばらく楽しみました。
独り昼酒 - 20170411(火)

飾らないイタリアン、庶民のサイゼリア。 コスパ高く好きです(^^)/

エスカルゴのオーブン焼き、野菜ソースのグリルソーセージ
エスカルゴにウィンナー - 20170411(火)

山仕事終わる - 2016.11.30(水)

雪囲いオッケー - 2016.12.29(火)

雪がそこまで来てるので黒部奥山黒薙も小屋閉め 
作業あれこれ終わらせ下がってきました。
黒薙温泉旅館もこれで来春GW前まで冬ごもりに入りました。

雪囲いOK - 2016.11.29(火)
                           なかなかきれいに仕上がりました。


ちょいと時間見つけ運動兼ねなめこ採りに。
実はわたくし、山菜にもきのこにも、トン!と興味が無いのですが、
せっかくいつも山ん中、いいとこに居るわけなのでたまには勉強です。
ありましたありました、すばらしい。
まーるでやーらかいおっぱいさわり放題みたいな感じ~
興味のない人間もこういったのに出会うと、人が変わるってことわかりました(笑)
黒薙某所 - 2016.11.30(水)

天然な上物は実が厚く開いてても香りが良くぬるぬる感バツグン!です。
ぬるぬるちゃん - 2016.11.30(水)


今年は作業はかいきました。 では、下がりませう。
では帰りませう - 2016.11.30(水)


ダム湖が広がりとちの湯が見えてきた。 
身も心もゆったり感に包まれる瞬間です。
トロッコにゆられまどろみながら宇奈月へ下がりました。
宇奈月へ - 2016.11.30(水)


下がり来て宇奈月麦酒館にて昼食会して解散。
あー今シーズンも山仕事が終わった。 健康と家族に感謝しました。

イケメン “有紀之進” きたる - 2016.11.22(火)

黒薙大露天風呂全景 - 2016.11.22(火)

黒部奥山幽谷の地 黒薙温泉は、
明日11/23午前中を以って今シーズンの営業を終え来春まで冬籠りに入ります。 

と、若き岳人 “イケメン有紀之進” が訪ねてくれました。  
今年夏前だったか黒薙に来てくれこの夏雄山で再会した彼女、ん~変わらずイケメンだ(失敬)。
この日客一人だったので、ならばとしばし腰据え山話しなど。 おみやもありがとう。 
そして、太ももフェチな私の期待裏切らない張りのある発達したそれ、すばらしい! 
おやぢ、もううっとりとろり(#^.^#) 人って変ですね。ってわたくし変態ではありません( 一一)
イケメン“有紀之進” - 2016.11.21(月)
体育会系の香りぷんぷん。 
ジャージパンツ似つく。 イメージ、職員室にいる体育の先生(^^)

ゆきちゃんありがとう。 健康と男運祈るです(^^ゞ また会う日まで。
あっ!今度は私と同い歳なる母上にご登壇いただき、でき得ればピンクレディーを。
イケメン“有紀之進” - 2016.11.22(火)

若いもんに活力気力もらい、齢ゆくものが山を人生を少し指南する。
いい関係じゃない、、、とわたしは思うわけであります。

タイヤ換え、ほか - 2016.11.13(日)

タイヤ替えた - 2016.11.13(日)

今日は画に描いたよな小春日和、で休み。 早めですがスタッドレスに交換しました、
大体が今の時期、こいつひと月に100㌔も走らせませんから^^; そして、
休み周りに天気周り、取分け晴れ晴れした日お天道さん浴びながらやるのが気持ち良く好み。

黒薙番人稼業に入るまで休みと云えば山の中或いはひら場にいても無意識に山眺め、
山気になったものだが、今と云えば、書に親しむか家事雑事近所に買物ぐらいなものです。


今年の黒薙の紅葉、悪いながら比較的赤が素敵なので様子少しアップ。
今年は赤が素敵1 - 2016.11.12(土)朝

今年は赤が素敵2 - 2016.11.12(土)朝

立山かんじき、ただ一人の作り手、佐伯英之氏が、
みやちゃん通し頼んでたのをわざわざ山ん中まで届けて下さった。
佐伯英之氏かんじき届けてくださる - 2016.11.13(日)
立山かんじきの今昔にノウハウ、あれこれ聞かせていただいた。
みやちゃんにはおみやもいただいた、重ねがさねありがとうございました。

アルミかんじきにスノーシュー巾効かせる現在の雪山世界、
やたら急峻でなければスキーに優る踏破力はありませんが、
スキー登山の際の装備(共同)としての思いありますし、
あらゆる雪山シーンに対応できるすぐれものとして見直しております。
そして、こいつの持つ伝統性、美術性、芸術性と云うか、
「物」としてプラス芦峅の遠い昔を彷彿させる証人的なその存在感が好きながであります(#^.^#)


黒部の冬はそこまできています。
黒部の冬は近い - 2016.11.10(木)朝

一日の仕事終え帰りゆく山の男たち
「あーさみぃさみぃ、熱い風呂に入って一杯やっかー」って聞こえてきます(#^.^#)
山の男たち下がりゆく - 2016.11.12(土)夕刻

秋深まる - 2016.11.7(月)

錦秋黒薙 - 2016.11.7(月)

朝夕めっきり寒くなり、黒薙は秋が深まりました。

竹本さん母娘が顔見せてくださいました。
この8月立山でお会いして以来。 
足運び、元気なお顔見せてくれ、おやぢ感激(#^.^#) うれしかった。
寒向の折、ご自愛下さいね。
竹本母娘 - 2016.11.5午後に
                                 2016.11.5(土) 午後

そして幼なじみの、まゆみちゃんよしこちゃんのりこちゃんがやってきた。
みんな家付娘なので動きやすい、、、、、おこられそう^^;
幼なじみで同じ村に住んでると云っても、暮らしに接点なくずっと会ったことなかった。
まゆみちゃんよしこちゃんのりこちゃん - 2016.11.6(日)午後に
                                                2016.11.6(日) 午後
久しぶりに会ったのでそうなると「近況」に「あの人は今」なわけですが、
美由紀ちゃんがこの7月に死んだと聞いた。。。唖然。。。。。。。。。。。。。。。。。合掌

のりこちゃんは山を歩いているとも。 いいね~ 
機会を作り、ご一緒しましょう。

人里離れた黒薙でひとときゆっくりできましたか?
おみやたくさんいただきました、ありがとう。
正月に還暦行事に同級会があること知らせてくれ、
「ちゃんと来られやー!」と念押し、三人は帰っていった。 
わたしら齢あらかん。 生かされし命、朝に夕にありがたく思い、やわやわいきませう。

すっかり秋になりました - 2016.11.4(金)

人の一生片道切符なれど季節は巡る、
黒部奥山黒薙、今年もいつの間にか秋本番をむかえました。
派手さはないがやーらかく渋い大人な秋色、私好みであります。
秋の山道 - 2016.11.3(木)昼過ぎ

トロッコ秋をゆく - 2016.11.3(木)

薬師様の上に後光が - 2016.11.2(水)七ツ


黒部に冬がもうそこまで来てると、山は顔色で知らせてくれる。
雪迫る黒部 - 2016.11.3(木)



過日の事ですが、
子供の頃からの旧友堀くんにたまちゃん先生に仲間たち今年もやってきました、
ゆっくりできましたか。 竜宮城の様な楽しいひとときに、差入れもありがとう。
持つべきものは腐れ縁な友と云うところでありませうか。
堀くんら来る - 2016.10.29(土)

堀くんら帰り際に - 2016.10.30(日)朝に


と、ここは山小屋か(笑)  まー確かに山にある宿ではありますが。
剱沢はレアなる小雪であれなものの、昨年ほぼ不通だった下ノ廊下、
今年は登山者多く、その流れで沢山寄って頂いた。 ありがたいことです。
ここは山小屋か - 2016.11.1(火)朝


そして、奈良の島村氏が御家内さまと来館。 
おらが村に以前から知り合いがいるとおっしゃった、あービックリ!! 
齢も然ることながら山においても大先輩。
そして何よりすばらしい体調維持管理に驚きました。 極めし男はやはりカッコもいい。
もっとゆっくり話したかったが他のお客様もおられます、叶わず残念。
奈良の島村貴雄氏とご家内 - 2016.11.2(水)朝に
                                                    2016.11.2(水)朝に

1/365の出会い - 2016.10.25(火)

世の中には生きてておっとー!!って思う瞬間があるものです。
山宿番人稼業な私、一杯風呂に宿泊で来られる方々からいろんな話し聞けるの楽しみですがほとんどがさらりと。 しかしTPOによりしばし話し込むこともあります。 宿であればプライベート個人情報には触れない流さない、が常識ですので、それ以上話すってことは、何かに導かれしご縁だとわたしは感じます。

前置き長くなりましたが、金沢マラソン走られた翌日黒薙に宿泊されたf谷女史、齢うちのイングリッドと似通っておりお話しした流れから、なんと!な、なんと!!誕生日 私とドンピシャ一緒、確率1/365。 宿に来られて互いの誕生日に触れることってめったにないですしまして女性に齢や誕生日なんて。。。なのでビックリ!!(@^^)/~~~ 
もちろんこんなおやぢよりずっとお若いですが。 疲れは取れましたか。 静かな口調に物腰、インテリジェンス感じる女性でした。 
誕生日同じなfさん - 2016.10.25朝
                     あとにされる前にムリ云って一枚納めさせてもらった  2016.10.25(火)

人は365まで生きられない。 同じ世代生きて来た同級生より確率小さい、誕生日が同じと云う共通項、
人生という旅の途上、レアな出会い、ありがとうございました。
次回機が熟す事があればもっとゆっくりお話ししたい、そう思いました。


さて、今日わたし下山。 通勤トロッコの車窓より。
今日はふみおちゃん(誰)ちの近くの猫又で仕事してる姉さんとまた一緒だった。あれこれ情報交換。
人は何だかんだ強がってみても、人と係わって生きてゆかなければならない、
そして男は女、女は男と関わっていると楽しい、またそれが自然だと、そう改めて思った次第です。
互いに名前も聞いたことないが時折話す。 
そして駅に着けば互いに自分の暮らしに戻ってゆく。次いつ会えるともわからないままに。
そんな感じが心地よい。
通勤電車 - 2016.10.25(火)

少し色づいてきました - 2016.10.21(金)

紅葉間近 - 2016.10.21(金)

人の一生一度きりなれど季節は巡ります
今年も紅葉の頃となりました
黒薙もそれなりに色づいてまいりました。


と、剱北方稜線最寄な池の平小屋の主人が小屋閉め後、黒薙に足を運んでくれました。
黒薙とは大変さの種類異なる、自然環境大いに厳しい小屋守る男の話ししばし聞かせていただいた。
三月一度も山を下りなかったと云うからすばらしい、
同じよな頭のおやぢふたり、しばしコップ酒で宴であります。
佐方さんと一杯 - 2016.10.19(水)
                                                        2016.9.19(水)
実は私、彼のFB投稿ファン。 これからもがんがん書いて下さいませ(^^ゞ

この頃のくろなぎ - 2016.10.16(日)

朝晩少し冷えるようになり、黒部奥山幽谷の地・黒薙は秋本番を迎えようとしています。
日曜日久しぶりに青空が広がりとても気持ちの良い一日となりました。



今年はカメムシ・・・こちらではヘクサンボ、の発生早くそして異常発生と云える多さ。
私は「触らなきゃ気にならなーい」なのですが、みなさんやたらと気にする。
まー食事に混ざったら困りますが、あまりこちらから追いかけ回すのもどうかと思います。

湯霧の滝に光のシャワー

滝の音に瀬音、ずーっと聞いておられるから不思議。 
人間の心と体の奥深い所まで届き、やさしく癒してくれるのでしょう。 全画面で見ると現地的。

そして人と比べた時最後落ち込む滝ですら結構デカイことが分かります。
滝は結構デカイ - 2016.10.16

と、お昼ねから目醒ると、ひろこ姫が家族でいらしてた。
3世代で下ノ廊下少し歩いてきたとのこと。 若い山屋育成ッスね\(^o^)/  
久しぶりに顔見れうれしかったです。そして世話になりました、ありがとう。
ひろこ姫一家 - 2016.10.16(日)


※帰ったら2週間近くという長期に渡り改装してた向かいのコメリHCがリニューアルオープンしてた。
  結構なにぎわいをみせてるらしい。 うちは歩いて行けるので駐車場の心配無用であります。