旅のしおり
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



バイク事故から一年 - 2012.10.19(金)

事故から1年のsara -2012.10.19(金)
          僕と一緒に谷底に落ちたsara。 元気に復活し、今もたまに遊んでくれます(^^)
                    1年の記念に、夕方海沿いを散歩しました。  2012.10.19(金)

昨年の利賀の山中でのバイク事故から、今日10/19でちょうど1年が経ちました。 

通りがかりの方に助けていただき命拾いしたのも束の間、入院後わずかな日々でしたが生き地獄味わい、程なく体と共に精神の安定を取り戻しやっとほっとしたこと、退院後の一人での単調なリハビリがつらかったことを思い出します。 今こうして山を歩ける、スキーができる。 こうして何事もなかった様に以前と同じように毎日が過ぎてゆく。 なんちゅーありがたいことかと心から思います。

家族・親戚、友人・知人、そして仕事関係の皆さんに大変心配をおかけしましたし、沢山のお見舞いに励ましのことばをいただきました。 おかげで、気持ちが明るくなりましたし、リハビリをがんばることができました。 改めて感謝致します。 

人の命って、いつどんな形で終わりを迎えるか、それは本人も誰も分かりません。 一度消えかかったこの命。 生かされてることに感謝し、残された命を自分らしく灯そうと思います。  


事故から半年 ・・・2012.4.19(木)

春の四重奏(^^♪-120419
                                 舟川べり 春の四重奏   2012.4.19(木)

今日で、昨年のバイク事故からちょうど半年が経ちました。 
命落とさず、こうして以前とほぼ変わらない生活ができるようになりました。 

このところ天気予報晴れマーク出てても、花曇りな日が多かったのですが、今日は久しぶりにまずまずすっきりな一日だったので、朝日町舟川べりの桜がそろそろ満開かと合間をみて寄ってみました。 後ろ北アルプスとチューリップに囲まれたさくらがとてもきれいでした。 あー今年も桜が見れた。 四季の移ろい、何気ない暮らしに 「生きている」 ことのありがたみを今改めて思います。

春の三重奏2(^^♪-120419 春の三重奏3(^^♪-120419





金剛堂山周遊スキーツアー(リハビリ最終山行) -2012.4.8(日)

金剛堂山山頂-120408
  金剛堂山(1637.9m)山頂。 青き空と360°の白き峰々に囲まれた別天地でした 2012.4.8(日)

今日は、takiさん企画、金剛堂山に、10名+現地同行者1名の計11名で行ってきました。 ルートは、利賀のスキー場Pを出立し、金剛堂山に至り、尾根上をスキー場のトップまで縦走(大小10回ほど登り返しがあったでしょうか)。 で、滑り込み、出立点に戻ろうと言う、天気も良かったので周遊ルートとなりました。 

今回山スキー同行するの初めてだった方が、7名おられたのですが、正に “男の山歩き”  みなさん殆ど休憩をされずにガンガン行かれます。 山頂までで言いますと、積雪期であり若干アップダウンある中、移動速度としては1時間に標高を400m以上上げるペースでした。 リハビリ中+途中腹痛抑える+どうしても催し^^;ウ○チしてたぼくでも、平均移動速度から割り出すに、結果山頂まで350m/1時間ペースで板進めましたから、今回同行の多くのメンバーのペースは久しぶりに目の当たりにしたハイペースと言えます。 先行組には時折待っていただき、またtakiさんにはしょっぱい登行地点で見守ってていただきありがとうございました。
登る-120408金剛堂山スキー登山 -by 太田雪舞さん
 
さて滑りですが、桜の花見ピークな地域も多いこの4/8にあって、雪国富山は雪量豊富雪質まぁまぁ。 登行時そして昼休憩地点までの雪質はGoodでした。 が、昼休憩後はよくある話で、あれっと思ったその瞬間からやはり徐々に重くなりまして、もう終わってるゲレンデに出てからの特に後半はかなり苦戦。 まぁそれが実力ですが。 1384Pへからスキー場上部までは、シール歩行&時折シール滑走(踵フリーのまま)というスタイル。 太田雪舞さんにtakiさんにラガーさん、そしてテレの方々の滑りが何故か気になりましてロックオン。ん~優雅だ~ みなさん上手い。 
 昼休憩の地に至る -120408 無事カエル-120408

ともあれ、シールつけずな微妙な登り返しの連続に久しぶりに体力使い果たし(大袈裟ですが)、そして、通してみても自分としては昨年の事故からの復帰以来では良く歩きました。 歩きについては十分な満腹感が残っています。 そして北アルプスに白山山系の眺望もよろしくで、結果すばらしい充実のスキー登山でした。 板に乗り思い切って滑り込む事はまだできませんが、今日の山スキーで「山」については完全復活を宣言することと致します(バイクはまだ)。 takiさん、参加されたみなさん、ありがとうございました。 

今日の
本日のログ-120408


帰りに利賀豆腐を買い、天竺の湯でさっぱり。 帰路は残雪期のピーカンならではの絶景な山並み拝みながら、のち魚津でしんきろうソフト食べて帰りました(冷たくて甘くておいしかった)。 
家に帰ってからワサビ醤油で利賀豆腐をいただいたが、品のある味でこれまたとても美味しかった。
 帰りの車窓より富山の北ア1-120408  帰りの車窓より富山の北ア2-120408  帰りの車窓より富山の北ア3-120408
 


久しぶりのプールリハ ・・・2012.3.13(火)

今日久しぶりにプールを歩きました。 5週間ぶりでした。 今日も日中は時折雪が降る寒い日でしたので、温かな室内温水プールはありがたかったです。 そして2ヶ月以上通い続けたプール。 つらかった思い出と共に、水に半身預けて歩く感覚をなつかしく思いました。 顔見知りの方々が何名かおられ、みなさんそれぞれに頑張っておられました。

リハがどうだったかと言うと、脚は順調に回復してるので歩く動作はできてる筈なのですが、久しぶりで勝手がわからないというか忘れてると言いますか、1時間(距離にして2.7-8㌔)だけだったのですが、今日は実に疲れました。 一往復50mが以前通い続けてた時は70秒だったのが、今日はav.63秒。登山とゲレンデスキーという実践リハビリで大腿四頭筋の筋力が確実にアップしてる結果だと思われますが、以前の一回2時間の半分なのに、歩くコツを忘れてるからなのでしょう、大きな疲労感が残り、どっと疲れました。 今日はほぼ一日軽事務作業だったのですが、先程体重計ると、朝食前に計った体重が、朝食・昼食ちゃんと取ってても、1時間歩くことにより0.5㌔減ってました。 あービールでもぐびっと飲みたい、今そんな感強しです。
 
そして、今日のプールリハから思ったのは、筋力つけるのが目的じゃなくて痩せるのが目的ならば、プールで歩くことに慣れない方が良いのかもしれないということ。 歩くのがあまり上手くなると自然と負荷が小さくなる。 実際、以前も来ておられ今日もがんばっておられるご婦人方が何名もおられましたが、殆どダイエット効果認められない様に思いました ・・・その方々の目的が、健康増進であったり、以前の私の様にケガや病からの回復の為という方が多いのかも知れませんが。 つまりプールで痩せようと思ったら、毎日の様に通うより、一回1時間程度、週に2,3日、だらだらではなく集中してしっかり歩くのが、効果的の様に思います。 もちろんその効果、帰っての食生活と表裏一体ですが。 

 
アンリの頂上 (908m/リハビリ山行) ・・・2012.3.4(日)

800m付近をゆく-120304
    “アンリの頂上” に向け尾根道標高800m付近をゆく。 後方は富山平野  2012.3.4(日)

先月ハレルヤで行った大倉山から西方に延びる尾根上の908m無名峰ピーク。 何やら長ったらしく説明しにくい。 ので、最初行ったのが、hシェフと彼の奥さんのアンリさんの3人でだったので、「アンリの頂上」と呼ぶ事にしました。 ・・・シェフ及びご本人のご了解得ていないのですが、ご勘弁下さい(ダメけ?!)。 今日のメンバーは、馬場島街道、すっごい近くに住んでおられるDHご夫妻に、山ちゃん(何度も朝日小屋に来て下さっている)、シゲちゃん(赤谷友の会所属)、コウちゃん(早月小屋所属)の6名。 僕にとっては今日もつまりはリハビリ山行でした。

 460m付近-120304  535m付近をゆく-120304  565m林道直下-120304
 ぼく以外全員かんじき装着。 近年僕の周りでは珍しいので目がどうしても足元にいった^^;
  (僕はスノーシュー常用になって久しい)

 山頂にて1-120304  山頂にて2-120304  山頂集合写真-120304(日)
 好天に恵まれ、尾根手前で鍬崎山や大日岳が、尾根をゆくと尻高山に白倉山、濁谷山に大倉山、
 遠くに駒ケ岳、そしてお待たせしました、剱岳が姿を現した。あーいつ見ても絶景な場所です。
 道中に山頂では、DHさん、山ちゃんに美味しいもん沢山いただきました。 ありがとうございました。

 穏やかな山岳景色ながめ、腹膨らませ、四方山話しに花が咲き、では、下がりましょ。
 東屋も見えた-120304  ウサちゃんの足跡-120304  つぼで下がるこうちゃん-120304
コウちゃんが、尾根から左に下がり始め、程なくだったか、ツボで下り始めた。 下山時の腐り雪、かなりゴボるし足とられるのに、いったいどして? と思ったが、体重50㌔台な彼にとっては、かんじきの浮力ってそう意味がないのかも?  また、自らも花粉症なのに花粉症が好きだ、鼻水じゅるじゅるも好きだと言っていた。 それもあって、久しぶりに見るそのように歩く彼の姿はカッコ良かったのですが、僕から見れば、ん~「ドMなコウちゃん」って感じでした(失敬)。  今回新しい出会いもあった。 同行のみなさん、ありがとうございました。


さて、左股関節に違和感あるのは否めないものの、リハビリとしてはまぁ歩けたって感じ。 しかし急斜面ではやはり必ずと言って良い程、無意識に左脚をかばってしまっていた。 全体的な歩行バランス、まだまだ戻らない。 そしてそれが原因なのか? 近年筋肉痛って、出ても翌々日位からだったのが、昨日の山スキーもそうだが、当日夕刻からもう出る。 な~ぜ??



山スキー、暫定再デビュー ・・・2012.3.3(土)

嶋田、足づくろい-120303
                          嶋田の足づくろい  (野沢温泉スキー場 2012.3.3)

今日、山スキー再デビューが叶いました。 と言っても、スキー場エリア内ですが。 相棒は、山スキーを覚えたいと言う嶋田。 リハビリ中の僕とのニーズが一致し、本日決行(^^)  出がけは新田山へと思い、車走らせたのですが、時折のザンザン降りに気持ちブルー。 ならば一か八か行ってみるか野沢か志賀高原、ってことで、気がついたら野沢温泉スキー場におりました^^;

ゲレンデ沿いの樹林帯を単純標高で300m登行。 谷狭くなり周り中から雪崩押し寄せた形跡ある地点で終了。 あーシール剥がすの久しびり~!(^^)! 嬉しいもんだった。 長居して雪崩られても困るので早々に下がる。 長坂ゲレンデ降り口まで山の中を滑りました。 下りはモナカ雪に難儀。 僕は兎に角ころばない様にやっとかっと。 嶋田は嶋田なりに楽しんで滑っていた。 つまり、お互い自分のことで精一杯やったわけ(-.-)  ただ、久しぶりのスキー登行で、登りはとても気持ち良かった。
 登ります-120303  本日終了点-120303  滑って下がります-120303

 脅威の左キックターン-120303
 難儀したものの下りるは下りれた。 が、
 左キックターンだけは股関節痛く参った(>_<)
 でも、今どこに障害が残っているのか知れて良かった。

余裕もって早朝に出かけたので、山から下りてきてもまだ昼まで1時間以上ありました。 なので、ゴンドラ1本上がります。 やまびこ駅降りて(標高1420m) うっひょ~!スッゲー賑わいに驚きました。 にぎわってるね~ ゴンドラ内で一緒だった、ドイツ人で現在オーストラリア在住というご家族は、サマーホリディで2週間野沢にいるのだとおっしゃっていた。 外人さんは笑顔がきれいですね。 で、緩斜面、風に身を任せ気持ち良~く滑り下りるも、途中濃いガスに一面巻かれ一服タイム。 程なく再び下がれば青空も。 今日は野沢まで足のばし良かった、とその時思いました。
 やまびこ駅-120303  視界不良-120303  日陰ゲレンデ-120303

 無事帰る-120303
        無事スキー終了

まだ12時半です。 でいつものコース。 良味で昼メシ。 日が高いので通りに人は少なく・・・というか殆どいない・・・なので、店も相当暇やろーと戸をあけるとびっくり。 僕らが入ってカウンター以外満員御礼。 本当に驚いた。 女将さんが「時間かかりますがいいですか」といつもながらの控えめな雰囲気で聞かれるが、それはお構いなし。 カウンターでもいい、と尋ね座る。 そしていつもの頂く。 蕎麦だけは今日はちと色気出し「冷やしたぬきそば」で。 マスター(若旦那)も忙しそうに厨房で動いておられた。 書き入れ時だったのでちょっとだけだけ話し「また来るわー」と店を出た。
 良味、馬さし-120303  良味、なめこ豆腐-120303  良味、冷やしたぬきそば-120303

四次会(一次会…山スキー、二次会…ゲレンデスキー、三次会…良味)は、良味となりの野沢温泉外湯13の内の一つ「麻釜の湯」。 汗流しさっぱり。 着替えて気持ち良かった。 野沢を後にし、程なく車のメーターに4が並んだので路肩で記念撮影。 4は僕の大好きで、ラッキーナンバーなので。
 麻釜の湯へ-120303  麻釜の男湯-120303  4がならんだ、だけです。-120303

途中SAでアイス食べ(アイスクリーム症候群はまだ完治していない)、土産など買って黒部に戻っても、まだ午後4時前だった。 早めに出れば、野沢は日帰りでもいろいろ楽しめる、かわいいリゾート地です。  そして、生きてて五体ある程度動くって、すばらしい。 




◇ 今日の形態は山スキーに間違いないのですが、ゲレンデ内なので、暫定です。
◇ スマホに変え電話かかって来て、出方がわからず失礼した(__)



スキーリハビリ(AKAKAN) ・・・2012.2.27(月)

山に入ってゆく人々-120226
       妙高・前山(1932m)を目指しスキー登行してゆくメンバーを見送る  2012.2.26(日)

昨年も行った妙高・前山にnoriさんbanちゃん、ワイラビメンバーが今年も出かけると言うので、ゲレンデリハビリ兼待機係として同行。 いつも期待を裏切らない山域ですが、今年の大雪に加え気温が低く推移してることもあり、底ありではありますが、ゲレンデでも場所によっては上質な粉雪を舞いあげながら気持ち良く滑る・・・おっとー、リハビリすることができました。 山の中の視界はどうだろうと思いながら下でうろちょろしていたのですが、なものですから、山中はそれはそれは昇天しそうなくらい気持ち良かったものと思います。

 僕はゲレンデリハ-120226
              半日券で、あれこれ確認しながらリハビリしました。

 ゲレンデの様子1-120226  ゲレンデの様子2-120226  ゲレンデの様子3-120226
  比較的ゆるゆるで安定したバーン、何度も行ったり来たり。
  今回はちょっとスピードに乗り滑ってみました。 現在、太ももpanpan  でも心地良い。


満足そうなみんなが無事帰って来て、JR妙高高原駅前の加藤そば屋でちょっと遅めの昼食。
 加藤そば屋-120226  加藤そば屋の店内-120226
店内は昭和レトロ。気さくでにぎやかなお母さんがホールを仕切っていた。

 君の井-120226  もりそばの並-120226  温かいきつねそば-120226
蕎麦と言えば、まずはひや酒をぐびっと。 
サービスで味のよ~くしょんだ漬物が出てきてアテに。 
で、最後は冷たいのでしめましょう (もりそば並 490円也)
香りはそんなになかったが、もっちもちで美味しかったです。ごちそうさまでした。


あっ、スキー登山の様子は、はっぱちゃんyamanoutaさんnoriさんbanちゃん の所でどうぞ。



実地リハ開始(新川牧場) ・・・2012.2.12(日)



先日、プール歩行リハビリ卒業宣言してはみたものの、雪の日が多く、なかなか実地リハができなかったのですが、今日ようやく歩いてみました。 場所は新川牧場。 標高にして300m~365m間。 積雪量は2mオーバーと言ったところ。 昨秋の山歩きから4ヶ月以上経ってるし、今までプールで自重かけずに歩いていたしで、果たして歩けるんやろか??? と言うのが正直な気持ちでした。 自重+、最初なので、荷の重さ5㌔。 そして、スノーシューではなく、より浮力の大きいファットスキーを使用(シール歩行のみ)。 気持ち逸るというより、心底、恐る恐るのスタート。 高低差小さい放牧地を登ったり下ったり。2周し終了。 受傷部に違和感はあるものの、痛みは感じなかった。 久しぶりの雪上歩行・・・ 「何とか歩ける」 「また山を歩ける目途が立った」 これ実感。

 久々に板に乗った-120212  雪の上はやっぱ楽し-120212  牧場から自宅方面-120212

身体への影響は1,2日慎重に見てみなければならないと思いますが、ともあれ今日の実地リハで、5㌔担いで2時間行動できるという事は証明された(笑) そして、シールが鳴く音久しぶりに聞いた。 あーやっぱり雪の上は気持ちがいいな~ (^^)v



プール卒業 ・・・2012.2.4(土)

昨年の12月から開始した市民プールでの歩行リハビリ。 これで2ヶ月が経ちました(バイク事故から3ヶ月半,109日)。 下半身水の中に身を置き歩くという事は、脚にほとんど体重かからないけど、思ったより水の抵抗は大きくで、脚の筋肉、ゆっくりですが付きますから、リハビリにはもってこいです。 週に2,3回行くので精一杯でしたが、大体ですがこれで距離にして約100km歩きました。 そして一定の効果も見た様です。 しかし、やはり水の中は水の中。 現実の暮らしはGかかる世界ですね。 

そして今日は立春。 ぼたぼたと湿気の多い雪が降り続く一日でしたが、春が始まりました。 受傷部にはまだ鈍痛感じ、意識しないときれいに歩けませんが、そろそろ山を歩くことを想定した、次のリハビリメニューに移行しようと思っています。 具体的には、来週からは週一を基本に、だだっ広い新川牧場or宮の山で、自重かけながらの歩行リハに移ろうと考えています。 ラッセルになれば、本来の脚の運び・動き、動作の確認にはスノーシューが良いのでしょうが、雪がより深ければ浮力の大きいファットスキーで、ゆっくりゆっくり歩くことから始めようと思います。 ただ、荒天続きならプールに即行き先変更です(軟弱~)。



思ったより積もらなかった ・・・2012.1.26(木)

昨日は午後から雪が断続的に降り、そして寒かったしで、おっとこりゃどんだけ積もるんやろー、と心配したのですが、昨夜から今日中にかけ、時折雪は舞ってたものの、陽も出たりして、結果あまり積もりませんでした。 現在、標高30m程のわが家の積雪は35㌢と昨日より減りました。 今週末は小康状態の様ですが、来週はまた気温低く、べったり雪マークが出てるので注意はまだ必要でしょうが、どこか心穏やかです。

そう言えば、先日受けた3D-CTの結果ですが、「左股関節臼蓋骨折部分はほとんどズレを生じていません」との病状説明をいただき、前向きにリハビリを続けています ・・・天気によりちょっとサボりがちですが^^;  今日は金太郎温泉で1時間、体を温めストレッチ。 後プールで2時間、歩行筋トレをしました。 温泉でゆであがった後の2時間のプール歩行は結構フラフラになり疲れました。 そして先日の便秘以来どうも冷たくて甘いもんにハマり困っています。 あのーそのーつまりがアイスクリームであります 夕食後に多い時は2カップ+棒の1本。 これじゃー痩せない訳だ~

と、今日プールで桜井中学校の先輩にお会いしたのですが、「仕事も辞めたし、酒もタバコもあれ(何)もやらんし、な~んも楽しみないちゃー。 まだ生きてかんなんと思うとつらいわー ・・・」と人生を嘆いておられた。 先輩は以前(と言うか若いころからずっと)飲食店をやっておられて結構繁盛店だったのですが、どうも腰を患われてから、体力・気力共に萎え、7,8年前だったか定かじゃないが店を閉められた。 今おひとり様なのかとか家族構成がどうなのかは会話に出てこなかったが、そんな事はどうでもいい。 後輩の僕が言うのも何ですが、50過ぎれば皆同じ。 そして “あるべき論” や “もっともらしい前向き論” は要らない。 人間って弱いもんなんだよ。 愚痴りたい時は愚痴ればいいじゃない。 泣きたい時は泣けばいいじゃない。 そう思います。 でも、先輩、愚痴って泣いて、その後はまた元気になって下さい。 自分のために体も心も。 生きてくのはつらいけど、生きてるだけで、いいこともありますよ、たぶん。 いただいた命大切に燃やしましょうね。 隣りで一生懸命トレーニングされてる先輩目に入りながらそんなこと思い、そして、自分も頑張らなきゃと思い今日は歩きました。