旅のしおり
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



春山救助訓練山行 - 2016.3.13(日)

黒菱山頂から大地初雪方面 - 2016.3.13
                              黒菱山頂から、大地初雪方面    2016.3.13(日) 朝

所属する山岳救助隊春の訓練山行で、夢創塾から大地、黒菱、焼、大鷲、そして日本海(R8まで)へと、2日かけて歩いてきました。

隊長お見送り。 無事帰還し反省会での再会を約束し出立。
夢創塾、隊長の見送り - 2016.3.12(土)
準備してるとyちゃんが 「あれー3人除けばみんなランやら自転車してるじゃない!」 と。 そもそもが超人と超人的なるつわもの達なのにさらに強くなろうと精進してるという。 おいおいプレッシャーかけんなよー、ですが、のちにそれは現実のものに、トホホ( 一一)

大地山頂。
※カメラの調子悪く撮った雪景色写真ほとんど白飛び。 補正し何とか見れるののみアップです。 
大地山頂 - 2016.3.12(土)
前述私といえば、いつもに比べちょっと大きな荷だった事に加え、なんつっても!このひと冬のくうねるのむ動かずスキーせずという怠惰な暮らしのツケが回ってきて、途中から両足攣りまくり、這這の体にて着。  歳取ると筋力低下速度早い、そしてそうなると膝にあちこちの筋に、より負担かかること再確認。

ここで日帰り組み3名下山。 
山本君はこの翌日フルマラソン走りサブ4達成。 
若いってすばらしい。 若いだけじゃない。

で、本隊は昨年の宿題消化スべく、黒菱への縦走路に入り込む。 わたし復調、徐々に覚醒。
黒菱への縦走路 - 2016.3.12(土)


今回は縦走路の雪の量,地形から、ツェルトビバークも想定しての訓練だったのですが、黒菱山北東斜面の雪量はすばらしく、大きな雪洞を確保できました。枝木もほんのすこし顔出しただけ。 雪洞掘りの様子少し。

 雪洞掘り1 - 2016.3.12雪洞掘り2 - 2016.3.12(土)
   雪洞掘り3 - 2016.3.12     トイレ - 2016.3.12
                                         トイレ内部も大人が直立できる豪華スペース

完成。 熟練,職人の技目の当たり、「いい仕事」見せてもらいました。
雪洞あらあら完成 - 2016.3.12


雪洞内は極楽なり
雪洞は極楽1 - 2016.3.12

        雪洞は極楽2 - 2016.3.12   
  
   雪洞は極楽3 - 2016.3.12


朝起きると外泊者おりびっくり! 修行僧の行のようでした。
降られなかったものの標高1000mオーバーには春近しなる平地とは別世界が広がっています。
寝入り一度もトイレに立たなかったというからこれまたすごい。
外泊者も - 2016.3.13(日) おはようございます - 2016.3.13


黒菱山頂から黒部川扇状地に富山湾。 天候良ろし。 では行きましょう。
黒部川扇状地、富山湾 - 2016.3.13(日)
黒菱から焼へ - 2016.3.13

焼山から大鷲山へ向かう。
焼山から大鷲山へ - 2016.3.13

大鷲山山頂。 先客複数。
その後もたくさんの登山者が登って来られました。 訓練ルートとして良かったと思いました。
大鷲山頂 - 2013.3.13(日)

ここからは総じて傾斜の大きな雪と泥のツルりんこ道、2日間のフィナーレがこれかよーって思わせるに十分なる難度高き下り道と化しており、忍の一文字にて慎重に下りまして、無事任務遂行となりました。

ログ
ログ -2016.3

高低、距離 - 2016.3


帰宅しての熱っつい風呂が気持ち良かった。 
ほどなく○くんの車で再び朝日町での反省会に向かい、
泡が超うまかったことは言うまでもありません!(^^)!

夏山事前パト -2015.7.13(月)

栂海山荘の朝 -2015.7.13
                                      今回の最終泊地、栂海山荘  2015.7.13(月)
                         栂海の男たちの優しい気持ちと朝のやーらかい雰囲気がダブッた。

所属する山岳救助隊夏山事前パトロールでゴタテ北部を歩いてきました。
初日 蓮華温泉→白馬山荘
2日め 白馬山荘→朝日小屋
3日め 朝日小屋→栂海山荘
4日め 栂海山荘→栂海新道終始点の国道8号まで

・時系列的に備忘録
■7/10(金)
蓮華より白馬大池に至る頃
白馬大池着 -2015.7.10(金)

白馬山荘
白馬山荘 -2015.7.11(土)

■7/11(土)
北上、私らの現場に向かいませう。
三国境から僕らの現場へ北上です -2015.7.11(土)

作業1 -2015.7.11(土)

作業2 -2015.7.11(土)

作業3 -2015.7.11(土)

作業4 -2015.7.11(土)

朝日小屋着 -2015.7.11(土)
朝日小屋では疲労回復滋養強壮に効果大な美味しい物を沢山頂きました。蓄積疲労な頃、そして後の二日間アップダウン繰り返しながら標高ぐっと下げてゆかなければならない。集団行動ゆえ自分のペース守れない事もある。百戦錬磨な兵ぞろいだし。 これで大いにスタミナつきました。 今ルートのミッション成功は朝日小屋にあり、と云っても過言ではない。ありがとうございました。

■7/12(日)
作業5 -2015.7.12(日)

作業6 -2015.7.12(日)

黒岩平上部 -2015.7.12(日)

黒岩平から黒岩山 -2015.7.12(日)
昼メシの後に黒岩平の冷水で飲んだ、ドクターから頂いたコーヒー美味かった。ありがとう。

お気に入りなさわがに山、向うに初雪山 ・・・さわがに山はどこからアプローチしても遠い。
さわがに山 -2015.7.12
3日め、最終日は昨年亡くなられた「栂海のオヤジ、小野健氏」とその周りの岳人方の顔がどうしても心から離れませんでした。「思い一生」すばらしい、ありがとうございますという気持ちで歩かせていただきました。

北又の水 -2015.7.12(日)

栂海山荘着
栂海山荘着 -2015.7.12(日)

■7/13(月)
栂海山荘出立前に
栂海山荘出立前に 2015.7.13(月)
                                          Yukari Shimizu さんとこから拝借

菊石、下駒を経て、白鳥小屋着
白鳥小屋着 -2015.7.13(月)

坂田峠着
坂田峠着 -2015.7.13(月)

そして4日間のゴール
ゴール -2015.7.13(月)

祝杯 -2015.7.13(月)by taniguchi
                                                      photo by taniguchi
※この日の朝日町の最高気温37.2度。

齢五十八、騒がずハジケず一登山者の目線を大切に今回も歩かせてもらいましたが、手放しお楽しみ山行と異なり、任を背負っての北ア3000mから日本海まで4日間ってーのは10年前ならいざ知らず今のアラカンな私にはやっぱなかなかハードなわけ(;一_一) 取分け下駒への登りはしょっぱかった。 なので夜の部は次の日の歩きのために養生の日々でした(笑) 

しかし、無事下がり来て振り返れば4日間梅雨開け前だと云うのにカッパ要らずつか晴れ続きというにゃんともすばらしい条件に恵まれ今任務遂行する事ができました。 下りてのT也から差し入れのコーラこれまたサイコーに美味かった、サンキュー。 そして同行のみなさんに、白馬山荘、朝日小屋、栂海山荘のみなさん、世話になりました、ありがとうございました。

今週の野外活動、朝日岳山開き -2014.7.6(日)

3班集合写真 -2014.7.5(土)
                                           
三浦豪太さんと共に朝日岳を背に3班集合写真  2014.7.5(土)


北ア北端朝日岳の山開き登山会が今年も行われました。 15年連続の参加(登山会が中止でも上がっている)。 そして昨年までの11年間は厨房手伝う、通称「エプロン部隊」の引率役でしたが、今年は登山会に参加された方々の引率として参加しました。 迷走的梅雨前線に雨が心配されたものの、あららけっこう天気いいじゃないな両日、2日目は久しぶりにご来光拝みに山頂に至るという儲けもんな山開きとなりました。 同行の3班中心に写真だらだら備忘録です。

□ 初日は北又小屋から朝日小屋まで。 つり橋渡り、では行きましょう。
吊橋渡り出立 -2014.7.5(土)

        オオサクラソウ -2014.7.5
                                                          オオサクラソウ

標高差1100mキツイ坂登り上げ、イブリ山頂。 ここで行程の2/3。 3班、さぁ、小屋までガンバルゾ~(^^)
イブリ山山頂にて -2014.7.5(土)

一旦下ろされ、鎖場、馬の背過ぎて “夕日” の雪に乗る。 雪はやっぱいいにゃ~(#^.^#)
“夕日”に乗る-2014.7.5(土)

夕日ヶ原中央で一本立てる。
夕日で一本立てる -2014.7.5(土)

淡々粛々朝日小屋に到着。
今宵の宿に到着 -2014.7.5(土)

山への思いなど自己紹介しながら部屋でしばしくつろぎタイム(*^_^*)
部屋で懇親 -2014.7.5(土)

全隊到着後山開き神事が行われました。
山開き神事 -2014.7.5(土)

富田隊長 -2014.7.5(土) 清水管理人 -2014.7.5
三浦豪太さん -2014.7.5 トモ夫妻 -2014.7.5

で、集いて夕食。
しっかり仕事された手作り感あふれる朝日小屋の夕食。
山では食べることって殊の外楽しみですね(#^.^#)
朝日小屋夕食 -2014.7.5(土)

厨房手伝う通称エプロン部隊の一部の方々             
美味しかったです、ありがとう。                      その昔剱岳をご一緒したa倉さんと、こーちゃん
エプロン部隊の方々 -2014.7.5 a倉さんとこーちゃん -2014.7.5(土)


食後は落日雲海ショー楽しみました。 ん~にゃんとも、、、つてき(*^_^*)
夕日雲海 -2014.7.5(土)



□ 2日め、ご来光拝みに暗い内から山頂へ向かいました。 

夏近しだが、やうやう明るくなりにける山ぎわなかなか良ろしなり。 つか「急がねば」が内心でした(*^_^*)
明るくなってきました -2014.7.6(日)

山頂に至る。
早朝の朝日岳山頂 -2014.7.6(日)

タイミングバッチシ、寒い思いすることなくご来光。
朝日ご来光 -2014.7.6(日)

ご来光シャワーに輝く3班の面々。 それぞれにそれぞれの思いがあったことと思います。
ご来光浴び3班集合写真 -2014.7.6(日

朝食待ってる小屋見ながら下がります。 こうして見ると朝日平は細長い。
山頂より朝日小屋見ながら下山中 -2014.7.6(日)

なごり惜しいですが、お世話になった朝日小屋を後にします。
バンザイの丘 -2014.7.6(日)

ん~みなさん余裕、いい動きしてますね~(^^)
3班夕日元気に下がる -2014.7.6(日).

        キヌガサソウ -2014.7.6
                                                          キヌガサソウ

1合目まで下がる。 私の好きな構図の一つですこれ。
1合目に下がる -2014.7.6(日)

で、無事下がって、北又名物 ”ぶっかけそうめん” いただきました。
名物北又そうめん -2014.7.6(日)

サブリーダーを務めて下さった小坪さん。 すばらしいペース配分ありがとうございました。
SL、小坪さん -2014.7.6(日)


参加された3班のみなさん、みなさんと山を歩けて楽しかったです。 ありがとうございました。
どこかでお会いしましたらまたよろしくお願い致します。 そしてみなさんこれからも良き山旅を。


本日の野外的活動 -2014.6.23(月)

北又 -2014.6.23(月)

週末から行われている、朝日小屋の荷揚げがまだ終わっていないということで、平日の兵隊も少なかろうと、北又ヘリポートに手伝いに行ってきました。 予報に反し集まって即効的に荷は揚がり始め、楽勝やにかーと思ったのも束の間、視界不良に付作業中断、結果夕刻まで待機してたものの今日も全部の荷を揚げることできませんでした。 上にいる人たちも難儀なことです。 また訃報も入ってきましたが(自分だけが浦島太郎かな)、久しぶりにお会いする顔顔は懐かしかったです。 


朝日岳方面パトロールPart2 -2013.9.2(月)

イブリ登る -130831(土)
          イブリ尾根を行く  2013.8.31(土) Photo by 雪舞ちゃん

先週に続き朝日岳方面山岳パトロールに出ました。 台風接近という気象予報に、より気を引き締め北又を出立したのですが、振り返ればカッパ着ることなく小屋入り安堵。 登山道ほかあれこれ確認&おしゃべりしながらも、個人的には降りそうで降られなく時折強風にさらされながらの登行は、「空と雲と風と、そして山と話しながら歩けた」良い登行でした。 今山行カメラ忘れたので人様のとスマホで撮ったもので備忘録です。

朝日小屋に到着しました(^^) 同行のみなさんもお疲れさまでした。 
朝日小屋着-2013.8.31(土)
                                                Photo by 雪舞ちゃん

で、急登にややこしい長い山道こなし小屋に入れば、2000m超えもありテンションあがります(^^) 
テンション上がってく(^^) -130831+

小屋では、同行者は元より、由緒ある山崎体協主催の登山会で来ておられた方々とも交流懇親させていただきました。 おれがおれがわたしがわたしが、、、自分中心山自慢な方が多い最近の山岳事情の中、参加された方々の、静かながら山への熱い思いに触れることができ嬉しかったです。 ありがとうございました。 主催者側として参加する予定だったひろりんとは小屋では会えず残念だったけれど、山崎体協サイコーだったよ(^^)

二日目は山頂まで。 生憎の雨模様。 まっこれも山です。 で中日は小屋スタッフと一緒にごはん。
まかないいただく -130901(日)

再び一夜明け、下山。 足が揃ってて快適に下がりました。 で、ヨネ仙人のそーめんいただき、結構なザンザン降り温泉へ下がり、熱っつい湯に固くなった筋肉沈め、あーっ( 一一)とか一言うなって、役目の報告を当局にし、帰宅。 家に帰りまだ午後2時。 荷を片付け洗濯機回してもおりょ、まだまだ早い時間。 と、

何故か、な~ぜか(笑)カレーが妙に心に引っかかってたので、思い成就とばかりに夕食に作りました。 食は生命維持との位置づけ強い僕には、巷で言われるこだわりなどと言うものはありません(-.-) どこにでもあるつーかこれしか作れない、ハウスバーモンドカレーであります(*^_^*) 強いて言えばごろっとしたでっかいジャガイモが食べたかった。 それと3日うち空けてたイングリッドと家族への感謝の気持ちってことです。 味? さすがハウスです(^^ゞ スタンダードな第二のおふくろの味といった感じが、疲れた身と心を満たしてくれました(*^_^*)
今日の夕食-130902(月)


帰り来ればこよみは9月。 
夏山感じることは今年はもうこれでないなと、下がりながら今回そう思いました。

朝日岳(2418m) -2013.8.26(月)

朝日、ご来光-130826(月)
                           朝日岳山頂からのご来光   2013.8.26(月) 5時18分 

所属する山岳救助隊のパトロールで朝日岳(標高2418m)を歩いてきました。 所属している以上出来る事で少しは奉公しなきゃです。 今回は同行希望者がおられ楽しい業務遂行となりました。 そして帰り来れば両日朝日岳方面異常無しに加え、素晴らしいご来光を久しぶりに拝むことができた、一石二鳥的パトロールになりました。 写真中心にサクッと現場の様子です。

朝日岳山頂より黒部川扇状地方面。 向こうに陰朝日岳が現われた。
朝日岳山頂-130826(月)

朝日岳中腹より、朝日平、朝日小屋を見る。
朝日岳中腹より朝日小屋-130826(月)

初日居合わせた方々。 馴染みの顔ぶれの中に、薬師岳遭対協のシノドクターがおられたのには驚いた。 レアなこともありならばとちびちび飲りながらよもやま話しに花が咲きました。その昔、K端さんにドクターからワインゴチになった早乙女岳での真相も聞きおっと&成る程でした(*^_^*)
居合わせた方々-130825(日)

小屋スタッフの「カールおじさん」みすずとりょうこ。こいつら二人すばらしくいいよ !(^^)!、いい味出してるしよく頑張ってる。 また番頭トモに男子たちも無口ながらこれまたよくやっていた。 どなたにでも気軽に来てね、とは言えない中上級者向け玄人好みな登山道ではありますが、みなさんぜひ!小屋に行ってやってくださ~い。 
カールおじさん・みすずとりょうこ-130826(月)

好きな秋の高山植物、タカネマツムシソウ
タカネマツムシソウ -130826(月)

役目で伺ったとは言え、小屋番清水さんには今回も世話になりました、ありがとうございました。 そして山にはもう確実に秋がやって来てますし、下界今日は朝は涼しかった様ですが、下がり来ればありゃだんだん暑くなってくるじゃない(-.-) 、、、おいおい季節逆戻りかいな~な感強しな本パトロールでありました。


今週の野外活動、3年ぶりの朝日岳山開き登山会 -2013.7.7(日)

土砂崩れなどでこの2年間実施できなかった朝日岳(2418m)の山開き登山会が3年ぶりに行われ、参加されるお客様をお迎えする朝日小屋にて、主に厨房をお手伝いする通称エプロン部隊の引率担当ということで行ってきました。

7/6(土) 天候 曇り後 “階段” より大粒の雨に叩かれる

お約束的8合目下、色濃いオオサクラソウが出迎えてくれました。
8合目下のオオサクラソウ -130706(土)

鎖場上部から先は夏道がまだほぼ雪に覆われてます。 残雪に時折行く手ロストしがち。 思い込みとか感が山岳遭難につながります。 そしてガスれば地獄にも。 十分お気をつけ下さい。
夕日ヶ原の様子-130706(土)

エプロン部隊全員小屋入りの頃。
朝日岳山開き-130706(土)

降雨の為、山開き神事は小屋の中で厳かに行われました(写真2枚ひろりんより拝借)。
朝日岳山開き神事1-130706(土)

朝日岳山開き神事2-130706(土)


山神様にお許しいただき、晴れて夏山オープンです(^^)
で、腹が減っては(*^_^*) 美味しい夕食いただき、のち三々五々懇親。


7/7(日) 天候 ほぼ大雨

エプロン部隊が活躍した、朝日小屋厨房。 つわものどもが夢のあと、戦い終えて静寂が戻った。
戦い終えた厨房-130707(日)

明けない夜はない、止まない雨はないは世の道理なれど、この日は北又に下がるまで降られっ放し。 ぬれネズミで北又に帰りました。 で、久しぶりにヨネ仙人お手製つゆの絶品そーめんをいただく。 繊細な味付け、品があり変わらず美味かった(*^^)v
北又小屋ヨネちゃんの絶品そーめん-130707(日)


こうして3年ぶりの朝日岳山開き登山会が粛々と盛会のうちに終わりました。 エプロン部隊も大活躍。 県内外遠くは東京埼玉からもこの日の為に手伝いに来ていただきありがとうございました。 もっともっとみなさんの写真載せたいのですが、カメラ持ってたのにありゃ(>_<)SDカード入ってなく申し訳ありませんこれにて失礼です。 さて、今年も朝日夏山が始まった。 夕食もめちゃ美味いです。 みなさん、静寂な雲上のオアシス、朝日岳・朝日小屋、この夏訪れてみませんか。


今週の野外活動、朝日小屋小屋開けしたものの本日物資揚がらず(-.-) -2013.6.23(日)

もっこ作り1-2013.6.22(土)
         もっこ作り…ヘリで空輸する物の荷作り…の様子  北又ヘリポート  2013.6.22(土)

北アルプス最北端の営業山小屋・朝日小屋の、小屋開けに伴う物資のヘリコプターによる輸送がこの週末予定されてたので手伝いに行ってきました。 写真中心にさくっと備忘録。

カツミおやびんの指導の元、ほなやりましょう。
もっこ作り2-2013.6.22(土)

去年不注意で割っちまったワインたち、今年はバッチシよ先生。 ここまでは、ですが(*^_^*)
隆ちゃん今年は大丈夫よ(^^ゞ -130622(土)

質素ながら超高級食材に調理の腕前ときてる。ごっつォさんでした(*^_^*)
今日は北又小屋で夕飯-130622(土)
北又の夜は、昔ネパールご一緒したクニオさんと久しぶりにゆっくり飲んで話しする機会に恵まれた。 古き良き時代に全盛期だった山屋しか知らない語れない山の話しは、いつ聞いても引き込まれそしていつまでも心に響いた。

翌朝メシ。 どたかが差し入れてくれた水橋の両面貼り鱒寿しなり。 
あーまいう~(^^)  これじゃ今日も働かなきゃいけませんね(*^_^*)
一夜明け朝メシも豪華版だ-130623(日)

今日は大蓮華山保勝会の夏山準備の日。 小屋の整備が進みます。
北又小屋の準備も進みます-130623(日)

草刈り部隊もがんばっておられました。 写真はヨモちゃん。
草刈り部隊よもちゃん-130623(日)

ヘリポートではもっこ作りが進みます。
もっこ作り3-2013.6.23(日)

集まってくる気持ちのいい仲間がいてこそ、この大変な作業が終わるのです。
これにて荷づくり完了-2013.6.23(日)

一通り終わり皆ほっと一息。 今年は2週間後の山開き登山会にお手伝い出来ないからと、冬限定ハレルヤの同人、近所の整形外科医の玉ちゃんも来てくれた、忙しいのにさんきゅう。 「玉ちゃんメスとカルテより重たいもの持ったことないやろから大切な商売道具の手傷つけられんなー」って言ったら「お札も一杯持ちますよ」と、関西出身らしいギャグでみなの爆笑を誘った、さすが(^^) もうりっぱな朝日小屋ファミリーの一員です。 
荷づくり終えてほっと一息-2013.6.23(日)


と、Lamaちゃんがやって来ました。


ラマ来る-130623(日)

マヤ・パイロット
マヤパイロット-130623(日)

結納済ませたばっかなふたり、ヘリで新婚旅行ってのどうでしょう(*^_^*)
ヘリで新婚旅行ってのどうでしょう-130623(日)


そんなこんな、今日日曜はヘリ飛ばすに午前中条件は良かったものの、諸事情により午後にずれ込んだため、結果視界不良、本日大量物資の荷揚げも人送も叶わず( 一一)  ヘリの荷を捌くべく前日土曜に歩いて小屋入りしたメンバーの食料にアルコールの残量が気になります(*^_^*) 私はと言えば夕刻外せない所用あり無い後ろ髪引かれる思いで現場を後にしました。 ・・・早々に揚がってほしい。


追伸
一夜明け6/24(月)早朝、荷揚げ作業が始まったとヒロシより情報が入りました。
良かった良かった~!(^^)!
荷揚げスタート-2013.6.24(月)早朝



今週の野外活動、北又 -2013.6.16(日)

今日の北又ヘリポート-130616(日)
                                   今日の北又ヘリポート  2013.6.16(日)

先週は偵察登山と云う事で小屋に行ったわけですが、いよいよ翌週となった、北アルプス最北端の営業山小屋・朝日小屋の小屋開け。 同時に大量物資がヘリ輸送により揚がります。 今日はそのヘリによる荷揚げ作業に必要な資材等の確認に、最前線基地となる北又小屋(小川温泉から10㌔山ん中)まで行ってきました。 降雨も予想されましたが、愛車saraちゃんと!(^^)!

尾安谷にある資材チェックし北又へ向かう。 越道峠はまっちろガスん中(>_<) そして霧雨。 
ウィンドブレーカーに雨具着てても寒かった( 一一)
越道峠、ガス&霧雨-130616(日)

今年は残雪多いものの、途中所々に咲くタニウツギが綺麗でした(^^)
残雪多いもののタニウツギがきれいだった北又林道-130616(日)

ヨネ仙人に、横のダムに仕事で入ってた甥っ子タカヒロ(蛭谷出身)としばし歓談。
ヨネちゃんタカヒロと北又小屋にて-130616(日)

本日のメインテーマ完了。 小川温泉に下がり、久しぶりに荒戸谷林道saraと走る。 
酸素濃いと言うかグリーンシャワー感じると言うか、ん~やっぱ僕は山の中が好きだなぁ(*^_^*)
sara喜ぶ荒戸谷林道を散歩する-130616(日)

と、山岳官能短編小説家として県内外に熱狂的な隠れファンを持つ妖怪大猫さんとその一味にお会いした。 派手さ好まない我が道行く(ここが好き)、歌の文句じゃないが「おれ達ゃ街には住めないからに~」な、シャイで静かながらかなりの実力派山屋集団です。 
妖怪××チームとお会いする -1306016(日)
大猫さん、貧乏話しにエロイやつもっとがんがん書いてくださーい(*^_^*)  hさん、ごぶさたでした。と、前から痩せてたけれど痩せすぎ~ もうちょと脂肪つけましょう、山で冷えたら体もたんよ~  yたん、人生いろいろあるけど変わらず前向きだねぇ僕の生き方の先生だよ、グッドタイミングつーかゴッドタイミングと云うべきか、戸出じゃないとこで久しぶりに会ったよ(*^^)v  3人に会えてうれしかった(^^)


霧雨に小雨と山の中は時折震える位寒かったが、家に帰って温かいもの食べたら、気がつけばなんちゅー暑いがいねって位暑い午後だった。 さて、今年もこうして、一人ひとりが自分の出来ることで少しずつ力出し合っての小屋開け準備、粛々と進んでいます。 あとは、当日天気に恵まれ一発で飛んでほしいものです。 

昨年の様子
一昨年の様子

朝日小屋偵察山行 -2013.6.9(日)

夕日からしばらくガスられる-130608(土)
      行く手ガスれど、遊びじゃないので行かないけません。 夕日ヶ原登行中  2013.6.8(土)

2007年4月の水晶岳でのヘリ事故の、あの年からの小屋開け前のヘリポート確認兼ねた朝日小屋偵察山行・・・今回で5回目。 今年も行って参りました。 ミッション遂行すべく粛々小屋入り。 両日天候に恵まれそして小屋も大きな損傷なく安堵。 なので後は飲みに専念(*^^)v 写真中心に備忘録。

つり橋渡りスタートです。
朝日小屋偵察山行、ほな行きましょう-130608(土)

3合目休憩中。
3合目休憩中 -130608(土)

イブリ山(標高1791m)から朝日岳(2418m)方面の様子。 鎖場下雪がつながってなくて、今年も直登できなかったのが寂しかったものの、ん~素朴で静かな大いなる里山、つてき(*^_^*)
イブリ山頂から朝日岳方面 -130609(日)

オラの昼メシ。贅沢なものはもう持ち歩かない。熱い味噌汁が、んまい(^^)
イブリ(1791m)おらの昼メシ-130608(土)

夕日ヶ原上部を登行中。
夕日上部、わだっしさわちゃんイナりんのつわものども -130608(土)

バンザイの丘で丸ちゃんやおやっさんと泡で乾杯と行きたかったが、小屋に至りて乾杯。
小屋着乾杯 -130608(土)

小屋の状況あれこれ調べ、大きな被害認められず安堵。で早めの夕食会に。
僕以外はみな料理上手。なかなか食べれない高級食材が次から次。ごっつあんでした(*^_^*)
今宵のアテ -130608(土)

まだまだ明るいので、前朝日岳へ散歩に出る。
前朝日1-130608(土)

ほろ酔い長靴、ノーアイゼンノーピッケルで出てきた僕を心配してでしょう、ひろりんが程なく上がってきた。 それもちゃんとビール持ってきてるじゃない。 ありがたいねぇ、、、でミニ宴会。
前朝日2-130608(土)
前朝日3-130608(土)

前朝日4-130608(土)

小屋に戻りて、ステキな落日にまどろみながらまた飲む(*^_^*)
密かに好きなこの食堂からの景色 -130608(土)

血の繋がってない姉弟。すばらしいコンビ。やっぱさわちゃんおらんにゃダメやちゃ(*^^)v
血のつながってない姉弟 -130608(土)

一夜明け、この時期この山域にはまだまだ静寂なる時が流れている。
早朝の白馬方面 -130609(日)

朝日小屋と黒部川扇状地方面。
早朝の朝日小屋そして黒部川扇状地方面 -130609(日)

求愛モードな雷鳥のカップル(*^_^*) じゃましてごめんね。
雷鳥さん邪魔したね-130609(日)

下山前に全員入りて集合写真。
朝日小屋偵察山行、下山前に-130609(日)

前朝日、男前剱岳眺めながら下がる。この時期ここ歩けて良かったと思う絶景ポイントの一つ。
因みに、雪量と眺望の良さから、イブリ山頂より槍ヶ岳も見えました。
朝日小屋偵察山行、男前剱岳見ながら下がる-130609(日)

そして、雪のあるうちは楽しい・・・好きなんだけれど、のち7合目上部から続くヤんなるほどたいくつな夏道下山道に足元人生すくわれないよう気をつけて下がり、仙人(誰)の待つ北又小屋へ無事帰還。 帰りは小川温泉の熱っつい湯でさっぱり、筋肉喜ばせ帰りました。 この様に今偵察山行は無事終わりましたが、2週間後一発でヘリが飛び小屋開けが完了し、そしてこの白馬朝日エリアでの今シーズン山岳事故無き事を切に願うところであります。