旅のしおり
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



年の初め - 2017(H29)年 元旦

雑煮 - 2017(平成29)年元旦


あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします



黒部は昨年に続き平地に雪のない正月を迎えております
どちらさまも健やかで平穏な一年になりますようお祈りいたします。


糸魚川大火 …忘れないために… - 2016.12.23(金)

糸魚川大火1 - 2016.12.23

でかいニュースが飛び込んできた。
昨日12/22(木)糸魚川で過去20年の日本で最悪という大火災が発生。
363世帯744人に避難勧告、約150棟が延焼、けが人11人(住民2、消防団員9)
という被害を出した。

ここまで甚大な被害が出た要因として、
現場が、駅前の古い木造住宅密集地であったことに、当時の気象状況。
フェーン現象で異例の高温のところに、台風並みの南風が火の勢い煽ったこと。
具体的には、屋根伝いに燃え広がるのに加えて、
100mも離れた家に飛び火、空から火の粉が降ってきて燃え広がった。
近隣消防も加勢、午後には知事が自衛隊に災害派遣要請をしたものの、
狭い道幅と水不足で消火活動が追いつかなかった、思う様にできなかったこと、
が挙げられる。 大火となる条件が重なったようです。
糸魚川大火2 - 2016.12.23

糸魚川大火 飛び火 - 2016.12.23
                                         飛び火、、、まるで火山の爆発だ

火は走るが、消火のための水が不足するもどかしさ。。。
午前10:28に出火し燃え広がり被害拡大、
夜9時には雨となったものの鎮圧まで10時間以上要した。
(翌日の昼にまだ燃えている映像テレビでやってたが)
※鎮火は12/23(金)午後4時半、発生から30時間後だった。
糸魚川大火3 - 2016.12.23

糸魚川大火記事 - 2016.12.23(金)朝刊
                                               2016.12.23(金) 朝刊

糸魚川大火一日後空撮 - 2016.12.23(金)


個人的に落ち込んだのが上海軒が焼けたこと、それも焼けたは焼けただが、火元だったこと。
風前の灯火な富山の昭和食堂文化が、ここ糸魚川にはまだまだある。
その中でもなかなかな存在な上海軒。 お世辞にも清潔感あるとは云えない。 
が、この食堂にも思い出がある。 もう食べれないかも?と思うと寂しい。
ほか蕎麦の泉家に、古い造り酒屋に料亭、
そして時代を感ずる雁木造りな街並みの一部が焼失したことは文化的損失でもあります。

これから責任問題や賠償問題、再建問題に健康問題へと話しは移ってゆく。
ともあれ、海沿いの街が火の海となった正月目の前にした今回の大惨事。
寒い時期であり雪も降る。 住み慣れたわが家を追われ、
どうやって正月迎えよか、これからどう暮らしてゆけば良いのかと悩み沈む人々の姿が浮かぶ。
心よりお見舞い申し上げます。

年の初め - 2016(H28) 元旦

自宅から白馬近景 - 2016元旦
                               自宅からの白馬岳方面  平成28(2016)年 元旦の午後


あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします



年が明けました。 
今年の元旦は時間の経過とともに天気回復、明るい好天になりました。
まずは去年一年何とかかんとか家族共々生き抜き、年を越せたことに感謝しております
そして今命あることを有り難い事と思い、一日一日過ごせたら、と思います。


山に雪はありますが、黒部の平地は雪のない正月です。 現在の家の周りはこんな感じです。
元旦の家の周り -2016.1.1午後
                                                        元旦の午後


年賀状もたくさん頂き恐縮しております。 私はその習慣がないもので何卒お許しください。

年改まる - 2015(H27) 正月

正月の朝 -2015.1.2(金)
                                              平成27(2015)年  正月の朝


初春のお慶びを申し上げると共に、昨年賜りましたご厚情に深く御礼申し上げます。 

わが家は、家族5人猫3匹そろって何とか年を越し正月を迎えることができました。 家族全員がそろうと云う事は自分自身が子供の頃は思いませんでしたが、幸せなことだとありがたいことだと、今はそう思います。 そして雪の正月、真っ白な中での正月は、雪かきエライけど、気持ちがより引き締まり良いものです。 年賀状もたくさん頂き恐縮です。 私はその習慣がないものでお許しください。


うちの雑煮。そういゃ年末に高原兄が富山県内あちこちの雑煮を紹介する番組やってた。うちのは、そうごった煮なり。醤油ベースに具のメインはふくらぎ、餅は四角でも丸でもそして焼こうが茹でようが決まりなし。餅以外の事を「コート」と呼んでいる、正確には呼んでいた、かな^^;  ともあれ自分ちの雑煮は、やはり美味し。
うちの雑煮 -2015.1.2

にゃんこも元気に年を越しました(^^)
にゃんこも元気です -2015.1.2


呑む食う寝る&テレビ、ただただだらっだらな正月。そろそろ動かんとヤバイ(-.-)
では、皆様のご健康ご多幸をお祈りしますと共に、本年も相変わらず何卒よろしくお願い申し上げます。 

 

迎春 - 2013(H25) 元日

新年あけましておめでとうございます。 今年は久しぶりに山の中(燕山荘…標高2700m)で新年を迎えました。 年末も年始ももう何年もずっと山に入ってますが、年越しと言うのは7年前のエベレスト街道以来のことでした。 

小屋入りの日の稜線上では、お約束ではありますが西から吹き上げる風速優に30m超えてたと思われる猛烈な風の洗礼を受け久しぶりに身が引き締まりました。 耐風姿勢とるも尚も吹っ飛ばされそうになるは、少ないまつげは真っ白に凍り付くは。 この日の気温氷点下18℃。 ひらばも寒いは寒いが、やっぱこの季節この標高の寒さはハンパなかったです。 と言っても今回のメンバーほとんどが日頃から山と係わる者たちでしたので、恐いもの知らず向こう見ず行き当たりばったり遭難予備軍ではなく、恐さ知ってるからこその慎重さ落ち着きある山行を結果終える事ができました。

燕山荘22-130101
                                     年越しをした燕山荘にて   2013.1.1

元旦、燕山荘 出立前に-2013.1.1
                                       元旦、燕山荘前にて  2013.1.1
                   
いい再会にいい出会いもありました。 「燕」という字も書けるよになりました(*^^)v すぐに忘れそうですが(-.-) 以下備忘録写真日記です。

12/30(日)
宮城ゲート手前駐車場(標高755m) → 中房温泉(標高1465m) (泊) ※ 距離13㌔ 標高差710m
         中房温泉4.5-濡れた衣類処理ししばし寛ぐ -121230
中房温泉1-121230 中房温泉4夕食-121230 
中房温泉2社長にフットワーク軽いハマショウ、ナイスガイだ 中房温泉3イクミ&ヒロシ-121230

  中房温泉5ヒロシ&ハマショウ-121230 中房温泉6周さんと-121230 中房温泉7裸のつき合い盛り上がる(^^)-121230


12/31・大みそか 
中房温泉(標高1465m) → 燕山荘(標高2700m) (泊) ※ 距離5.5㌔ 標高差1360m
第一ベンチ(標高1675m) -121231
合戦小屋(標高2380m) -121231
燕山荘(標高2700m)着 -121231

燕山荘1-121231 燕山荘2-121231
燕山荘3燕山荘赤沼社長に入ってもらいパチリ-121231 燕山荘4社長vs社長-121231
  燕山荘5ヒロシ髪の毛フェチ?-121231 燕山荘6ハマショウ&イクミ-121231 燕山荘8飲めない御酒を飲むゆうきくん-121231

燕山荘9晩餐会始まる-121231

燕山荘11従業員紹介-121231
燕山荘12イングリッドの兄と同級生の黒部の林さん-121231 燕山荘13朝日小屋清水さんも紹介され挨拶される-121231

燕山荘14-121231 燕山荘15-121231
燕山荘16ハマショウ&ゆうき、若いもんは美しい-121231 燕山荘17大阪中尾さん&京都浜谷さん-121231
燕山荘18僕らに、周戸さん越後ご夫妻山下祐輝くんと-121231

燕山荘19チラ見したサブちゃん風雪ながれ旅-121231 燕山荘20 年越しそば御神酒が振る舞われた-121231


元日 
燕山荘 → 中房登山口 → 宮城ゲート駐車場  ※ 距離18.5㌔ 標高差2070m  
燕山荘21-130101

燕山荘23(朝は水作りから)-130101 燕山荘24(雑煮も振る舞われた)-130101

下山時合戦小屋-130101


下山後、最寄りの風呂でさっぱりし静岡に帰るikumiを穂高駅に送り、小谷まで戻り軽く夕食。 後、黒部に帰りました。 や~自然牙向く高い山で迎える新年はやはり格別なものがありました。 いい思い出がまた一つできました。 同行の朝日小屋清水さんのおかげでいい思いさせてもらった。ありがとうございました。 そしてシュウさんとの再会に越後ご夫妻に神奈川のゆうきくん、燕山荘の社員で黒部の林さんとも出会え楽しくそして嬉しかった。 ありがとうございました。 また留守を守ってくれたイングリッドさんきゅう。 ではみなさん良い正月をお過ごしください。  

※ 標高、距離はMy GPS値より。 お会いしたみなさん写真はお好きにお使い下さい。



初春 - 2012(H24) 元旦

 
 初春のお慶びを申し上げます


   本年も何卒よろしくお願い申し上げます

   今年は静かで良い一年になりますように

   みなが幸せな気持ちで過ごせますように
  
  
              2012年 元旦  黒部のシュン
     


宮城・茨城沖で大地震(後に東日本大震災)発生 - 2011(H23) 3.11(金) 14:46

今日午後大きな地震が続いて起きた。他にも列島の何ヶ所かで、影響し合うのか連鎖するように起きている。こうしてる今も、津波に余震のニュースが続いています。揺れはもちろん、今回は大津波の底なしの怖さがどんどん写し出されている。車がブリキのおもちゃの様に流れてく。そして家までもが。宮城県北部では一昨日9(水)に震度5弱を記録する地震があったばかりなのに。

これだけ大きな地震があると思いだすのが'95年の阪神・淡路大震災。これ言わずもがなですね。そして今回の様にこれだけ広域に及ぶと「日本沈没」・・・SF小説であり映画・・・を思い出します。

そういえば当時('70年代初頭)と今、世相似ているように思います。 現在の「2012年人類滅亡説」に対し「ノストラダムスの大予言」。オイルショックでガソリンの価格急騰。世の中に訳のわからぬ不安が蔓延していた。と、すれば、保身ばかり・勢力争いばっかしてて、国民不在、日本を守りきれないよな今の、なんかふらふらな日本のリーダーから、その頃登場した、功罪あれど、ガンガン引っ張る政治家・田中角栄の様な、あんな大きな政治家がもうすぐ出るのだろうか。

話しは戻り、被害の全容まだまだ分からないものの、自衛隊や消防など、多くの救援隊が被害が大きかった地域に向かう準備をされていると思います。これから夜を迎えます。今は、これ以上、大きな余震・津波が来ないように、そして甚大な被害が出ないようにと、ただただ願うだけです。


PS.地震発生の夕刻以降送信された携帯メール、通信障害で翌真夜中に続々受信。
    つながるものであれば、意思疎通には「もしもし電話」がやはり確実、一番だと思いました。

   翌朝4時の長野北部で震度6強を観測した地震。富山県東部は震度3だった様だが、
   やはり何とも気持ちの悪いめまいを感じて、すぐにぐらりときた。


おめでとうございます - 2011(H23) 元旦

元旦朝食-110101


あけましておめでとうございます

昨年は30㌢程積雪があり、雪降るそんな元旦だったのですが、
そして、昨日大山で雪崩事故があったり、今その鳥取では大雪で
600台の車が立往生してるというニュースが報じられていますが、
ここ黒部は、田んぼが白い程度で、今の処雪の少ない正月です。

我が家は、朝家族5人そろって雑煮いただいたものの、すでに解散、
5人それぞれ別行動。まとまりのない、不経済な過ごし方ですね^^;
私と言えば、この正月、くうねるてれび一時山(スキー)といったところでしょうか。


本年もよろしくお願い申し上げます

                                  2011(平成23)年 元旦 
 


おめでとうございます - 2010(H22) 元旦
 
  うさぎの足跡-500ta


  あけましておめでとうございます
  本年も宜しくお願い致します

  ここ黒部の自宅は、朝8時現在積雪30cm
  久し振りに除雪車のチェーンと警笛の音行き交う
  底冷えする寒い、そんな元旦の朝を迎えました。
  ただ、外が真っ白だと雪灯りで家の中は明るいです

  みなさまの所はいかがでしょうか
  心安らかにお過ごしのことと思います
  良い正月をお過し下さい。

  また、拙いブログですが
  本年もお引き立て下さいます様、宜しくお願い申し上げます。
  
               平成22年 元旦  黒部のシュン  


おめでとうございます - 2009(H21) 元旦
  
  年賀

   寒いですが、黒部は平地に雪がほとんどない正月を向かえました
   今年が皆様にとって良い年になりますことを心よりお祈りいたします

   わたしの 人生という旅 2009年版が始まった
   正月早々除雪車じゃなくて救急車のゆく音がした
   まずはお餅でのどつまらせないようにしなきゃね