FC2ブログ
旅のしおり
プロフィール

Author:黒部のシュンちゃん
還暦を過ぎました。思えば遠くへ来たもんだ。人の命はいつか果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおりはさむよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録です。適当におつきあいください。
since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



墓参 -20190813(火)

ぼさんです、ぼーさん、じゃありません! 、、という自虐ネタ( 一一)
sosite
雨じゃなく青空広がっているのはよいのですが、このところの酷暑、堪えます。
 
現在わが家は私の家のと、亡き母の実家…戦前に埼玉に行ってしまった…
の二つの墓を守っているのですが、今年は息子が墓掃除してくれ助かりました。

墓参1-20190813(火)

親やご先祖様が偉い、とは思いませんが、みなそれぞれ辛抱苦労して、
その結果、今自分がここに生かされているのだ、そう思うと頭が下がります。

墓参2-20190813(火)
母の実家となって久しい埼玉の墓、もう何年も参ってない。 すみません。

帰り際、一番の幼なじみ いっこちゃんに会った。 変らずべっぴんさんだった。 


大型連休や盆休み正月休みと無縁な暮らしの家族は今日も誰も家にいない、
盆やし、一人、寿司に んまいもんでも食べようかとスーパーに出かけてみましたが、
敵もなかなか、商魂たくましい、財布のひも緩んでるの幸いに値段は高いし、激込み、、
あーあほらしー、と納豆と牛乳買ってあっさり撤収 (笑)  と云うことで、
冷凍庫にあるもんですませる、老人一人の、貴重な盆休みです、
、、、いるけどいない いないけどいる そんな感じが心地いい、気に入っている。


さて世間は盆休みですが、これにてまた山ん中で仕事であります。
黒薙川令和盛夏 -20190812(月)

こんなことなどして
黒薙の食堂 -20190811(日)

山道で時折吹く風、心地よいです。


今日の野外活動、僧ヶ岳 -20190805(月)

ここんとこ激暑だし天気良さそうだしで、山の娘と僧ヶ岳に出かけました。
道中ミストワールド、眺望はあまりありませんでしたが、
風衝地、仏ヶ平の植生と吹き抜ける風、やはりすばらしかったです。

今日は第4登山口標高1280mまで車が入りました、ラッキー!
加えて平日にもかかわらず先行者アリ。 安心感増量~(^^)/

と云うことで烏帽子尾根を登り、親子連れと思われる二人と前後しながら、
ちょうど1時間で宇奈月尾根との分岐に至りました。 15分休憩。
分岐に至る -20190805(月)

好きだった道 今は昔、廃道となっていた。
好きだった山道は廃道 -20190805(月)

前僧ヶ岳1775m超え、標高1750mの仏ヶ平にて腰下ろし15分休憩、
有紀子、仏ヶ平にて -20190805(月)
2000mないとは言え、下界より10℃程気温低い。下が35℃ならここ25℃
そして裏切らない吹き上げてくる風とても気持ち良かった。

のち急登一本こなし、今回は2時間35分で山頂に至る。 
風の通りそうな場所でしばし休憩。
山頂休憩 -20190805(月)
今回が産後2回目という娘の山歩き。 いい足の運びをしていた。

仏ヶ平に向けさがる。 東布施から吹き上げる風がこの風衝地を作っている。 好きな風景。
仏ヶ平に向け下がる -20190805(月)

今日の仏ヶ平のようす


今日を象徴する山道、大かたこんな感じでした。
今日を象徴する登山道 -20190805(月)

下山は1時間35分、
山宿仕事で使う骨,筋肉、と少し違う所が今よろこんでいます。


暑い夏が今年もやってきた -20190729(月)

いやはや今年も暑なりました  ふぅ

暑中お見舞い申し上げます


汗っかきなわたし山宿からひらばへ大汗かいて帰り、
洗濯機回し、のちほぼ水風呂、にどっぼぉーん ぶくぶく ふぁー
ほぼ水風呂でサッパリ -20190729(月)
オジジの見苦しい画すみません。 これめちゃ!さっぱりします。 カ・イ・カ・ン (笑)
ほぼ、です、ほぼ水風呂です。 水だけだと冷たすぎて年寄り心臓麻痺しそうですから、
そして 日中に、暗くなる前に、と云うのが、庶民ゴージャス感ちっちゃな優越感に包まれいい。

あとは山ちゃんの猿、、正確には、トロッコ沿線での仕事中に、
山ちゃんが撮った 「涼を求める猿」 ながめて涼もうと思います。
山ちゃんの猿 -201808
            送水管に貼りつき、お昼ね決め込む黒部の猿  photo by K.yamamoto

寒さはともかく、歳を重ねるごとに暑いのが苦手になってきている、
しかし、四季の移ろいは好きです。 ふだん聞かない永ちゃんでも聴いてみるか!(笑)
追伸、私は高橋真梨子が矢沢永吉カバーしてるのが一番好きです。

今日の鉄板生活 -20190726(金)

ステーキ -20190726(金)

今日の鉄板生活、ステーキ!
ステキです!! 、、、あーあ( 一一)

最近いきなりステーキで食べたので、サイゲン。
同じような厚さの入手できなかったのですがまずまず(^^♪

暮らしの圧倒的過半数である山宿でいただく食事が日本古来の、
と云うか、体にやさしい食材,もの、がほとんどなので、
ひらばに帰ると単品,動物性高タンパク質ワールドに傾倒。
これ280gです。 週一程度ならこんなのペロリ!です。

そろそろ土用丑の日、でしょうか、
ならばウナギ、なのでしょうが、高くて手がでません、
輸入もんの牛肉の方が断然安い!!
土用丑の日、、わたし素直に 「どうよ!牛の日」 と読み書きすることにしました!(笑)
バレンタインや恵方巻みたいな、業界ファースト、
やらせ,洗脳的ものに安易に流されたくない、と云う気持ちもあります。
ウナギなんて食べなくていいんデス!
と云うちょっと負け惜しみ からな今日の鉄板生活でした。 

白鳥山 -20190723 (火)

栂海新道に出た -20190723
                                   栂海新道に出る  20190723 (火)

白鳥山にでかけました。 山姥ルートピストン。 写真にて備忘録。
端的で分かりやすい案内図
案内図 -20190723

このルート、コンパクトながら見所が、程よい間隔であります。
山姥の洞
山姥の洞 -20190723(火)

山姥洞2 -20190723 山姥洞3 -20190723

鼓ヶ滝
鼓ヶ滝 -20190723



鼓ヶ滝2 -20190723

鼓ヶ滝の上を登る -20190723(火)

鳥居杉
鳥居杉 -20190723

鳥居杉2 -20190723

山頂小屋着
山頂小屋着 -20190723(火)

     白鳥小屋二階 -20190723

手弁当でおひる
おひる -20190723

吹き抜ける風がとても心地いい、身も心も涼んだ。 大自然,山のクーラーはやはりいい。
風が心地よかった -20190723

小屋の利用について -20190723(火) 1999安達作 -20190723(火)

日本海から太平洋まで抜ける、という札幌の青年を見送る
札幌の青年 -20190723

19991231 k.ono -20190723(火)

同行の岳友と 山頂小屋で
山頂小屋で -20190723(火)

気をつけて下がる
下山中 -20190723

無事帰る
無事カエル -20190723

梅雨を登り、夏を下がる、そんな山歩きだった。

「旅サラダ」に黒薙がでました -20190722(月)

旅サラダ6 -20190720(土)
                                 2019年(令和元年) 7月20日(土) 放送

過日のことですが、神田正輝さんがメインMC務め、三船美佳さんも出てる、
土曜朝のさわやか番組「朝だ!生です旅サラダ」 に、黒薙温泉が出たので備忘録。
勝俣州和さんの 俺のひとっ風呂、というコーナーにです。

さわやか青年ハマショーお出迎え
旅サラダ1 -20190720(土)

旅サラダ2 -20190720(土)

旅サラダ3 -20190720(土)

旅サラダ4 -20190720(土)

旅サラダ5 -20190720(土)

旅サラダ7 -20190720(土)

取材当日、勝俣さんとハマショー
勝俣さんとハマショー -20190626(水)
芸能人やタレントさんたまに来られますが、気さくで飾らない好印象な方でした。
そしてハマショー、こうやって見ると、劇作家,野田秀樹さんの若い頃彷彿させる。
nodahideki -20190722


で、今日はカミさんと珍しく休みが合ったのでランチにでかけました
いきなりステーキ魚津店 -20190722(月)
                                      いきなりステーキ魚津店

ジメジメッと してるはしてるが、どこか
夏の感じるさせる雨に うっとおしさ和らぐ昼でした、
梅雨明けはそう遠くない、降られながらそう思いました。

みょうが寿し -20190716(火)

昼メシ -20190716(火)

まかないで、みょうが寿しを食べさせてもらいました。
梅雨真っ最中、酢飯に、茗荷のシャキシャキ感、香り、なかなかいい。

四角い上にほんのちょい茗荷が乗ってる、と云うのが一般的ですが、
山宿らしく!?、、ちっちゃなおにぎりの形にどんと茗荷が乗ってる、 
ワンプレートの上、今日はお祭りみたい。 何かほっこり、心も和みました。
みょうが寿し -20190716(火)
茎は茎で、とみょうが寿し二種。 おいなりさん付き です(^^ゞ
肉厚丸丸とした棒鱈の甘煮も美味かった。 ごちそうさまでした。

おまけ。。。大葉めし。 醤油と酒に漬け込むだけ、それ白メシにON!
細かく刻んでごはんにまぶして良し、広げてごはん巻いて食べても良し。
食材をムダにしない、そんな有効利用の一つですが、これまた梅雨時期には、
サッパリ、食が進んでいい。 私はあまり進んではいけないのですが、
大葉めし -20190716(火)朝

昭和な食堂めぐり好きな私ですが、
山宿では居ながら人生の達人でもあるがっつり!昭和な(失敬) 四人の調理人の
食事を日替わりで食べれる。 うちの昭和後半なカミさんのメシも含めると、
向こうから五種類の趣き異なる食事が頼まなくても毎日やってくるという仕掛けです。
いろんな調理法も聞けるし、なんとすばらしい環境にいるのだろー、そう思います。

大きな人来館 -20190712(金)

黒部奥山の小さな宿に大きな人来館、
天井間に合いませんでした。
すばらしい、ワンダフォー! 聞いたら212㌢desu、と。
「7尺かよー!」 大きな人見慣れていないのでただただ驚きました、
心のやわらかな、日本の文化伝統が好きな、ナイスガイでもありました。

天井が足らない -20190710(水)mr.HD
江戸時代151年前からの当館、宿全体そもそも天井少し低くできてます、
座るとOKなんですが、立ってる時は不自由かけました。ごめんね。 2019.7.10(水)
二組セットしてある布団、どの様にひいたのかな、とも思いました。

DennisMaria -20190710(水)
Maria&Dennis  仲良しなふたり、とてもいい雰囲気デス!

2m12cmのなせる日常 -20190711(木)朝
2m12のなせる業  
脚立ナシで軒樋の掃除ができます。

ステキな洋服なMaria&Dennis -20190711(木)朝
ステキな洋服かわいいMaria & Dennis  、、個人的に好きな一枚。
おいおい、寄り添い方尋常じゃーナイゼ~!! 微笑ましい。
長渕の ♪幸 せ に な ろ お ー よー が口をついて出たおっさんでした(笑)
黒薙に来てくれてありがとう! 幸せになられ。

さてさて今日も今日とて
調理人さん、三度三度ありがとうございます。
まかない -20190711昼
まかない -20190711夕
まかない -20190712朝
まかない -20190712昼
レアなる贅沢なBeer
贅沢なBeer -20190710

去年は7/10に梅雨明けしました。まーあの40日間に及ぶ酷暑はもうヤですが
...黒薙にはクーラーないので2F西日な部屋での午後の休憩は地獄、体が休まらない
のみならず、ジリジリ体力が消耗してゆきます  desuga!
四季の美しい日本、20日過ぎ月末までにはスッキリ梅雨明けしてほしいものです。

宮ちゃん姉ちゃんときたる -20190706(土)

今日は私の山の姉ちゃんが、またその姉ちゃんと顔見せてくれた。
いやはやうれしいネー、同じDNA受け継ぐだけに面立ち似てる、
、、本人がたそう思っていないかもですが。

昼食後しばらく話しにまぜてもらいました。
黒薙キャンバスで、つまらん私の話しにしばし興じました、ありがとう。
私たちのお年頃になると上下も男女も、限りなく消え失せてゆくもののようです、
互いの距離が一気に、即座に、元元無かったかのように、縮まります。
山の中、川音…瀬音,とは言えない、聞きながら、澄んだ静かな空気感の中で、
同じ時代を生き抜いてきた者同士、と云うのは心地よかったです。

宿の前で
宮ちゃんとお姉さん1 -20190706(土)

宮ちゃんとお姉さん2 -20190706(土)

さてー、♪お姉さんの好きな人の歌

これ学生時代の友人、福岡久留米の最所くんが好きだったことで印象深い
ちなみに、わたしは 「悲しみは雪のように」 も好きです。

人として品を感じる姉ちゃん、また姉ちゃんと山に入りたい。

今日も今日とて
20190706(土)朝メシ

20190706(土)昼メシ


デカ・ジャガカレー海鮮風 -20190703(水)

暑くなってくると妙にそーめんそばカレーが食べたくなります。
と、云う事で今日の夕飯カレー。デカ・ジャガ海鮮風。
最近しょっぱいのとの遭遇多かったので ;w)
          自分の味覚確認、リセットでもあります。

休みの午後ゆったりと作ります。 
料理と云えるようなものでもありませんが、料理も楽しい、、
、、し、カミさんへの点数稼ぎにもなるので、一石二鳥です。簡単だし。
カレー1 -20190703(水)

白メシ少なくてもいいように、小さいじゃが芋、まんま投下。
カレー2 -20190703(水)

カレー用なメシ炊き準備完了。
カレー用白メシ -20190703(水)

では いった だっき あーす(^^ゞ
ジャガイモごろり海鮮風カレー -20190703(水)