FC2ブログ
旅のしおり
プロフィール

Author:黒部のシュンちゃん
還暦を過ぎました。思えば遠くへ来たもんだ。人の命はいつか果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおりはさむよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。
適当におつきあいください。
since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



昔なつかし小さな旅 -20181215(土)

還暦を過ぎ、社会人として一区切り、家庭人としても大きな役割あらあら終えた今、
生きしこの世来し我が身少し振り返るのもいいかなと 「昔なつかし旅」 に出かけました。 
山もスキーもまだまだいきまっせー!ですが、たまには大人の小さな遠足と洒落こんでみました。

朝の黒部は雪が積もっていました。
黒部朝雪 -20181215(土)

今日はここから                        これで(高岡まで行くのでこれの方がお得)
今日はここから、魚津駅 -20181215(土) 1日フリーきっぷ -20181215(土)
                                       これだと途中下車も好きにできる

車とちがって電車は本が読めるのでお気に入り、 
また今の電車は昔のようにガタゴト揺れない。スーッといく、乗り心地良くなったもんです。

高岡の麺屋やす (元、らーめん世界)で昼メシ
ご主人黒部、奥さん蛭谷の出。 極み醤油豚骨らーめん、品がありおいしかった。
やす、極み醤油豚骨らーめん -20181215(土)
          このチャーハンがまた良く出来ててウマウマ~! ごちそうさまでした。
          やす、チャーハン -20181215(土)
この店自宅から10㌔圏内にあったら毎週でも行きたい、
そんな、クオリティーもコスパも高いお店でした。
奥さんが、歳が近いので、私の姪っ子や甥っ子を知ってるのもなにかうれしかったです。

のち、ご岳友、山の歌さんちでゆっくりお茶
たくさんごちそうになり、また車に乗せていただきありがとうございました。 
で解放感につつまれのんびり電車で富山駅前へ。

やっと来れました、かど屋さん
かど屋さん -20181215(土)

さしみ -20181215(土) 酔鯨 -20181215

この日は、以前の職場の方との寄り合いでしたが、
山岳ガイドでもある、かど屋のご主人にお会いするのも楽しみでした。

かど屋にて1 -20181215(土) かど屋にて2 -20181215(土)
ご主人川尻さんとは、駅前メインストリートと云う立地もあり入れ代わり立ち代わり客が来るので、多くを話すこと叶いませんでしたが、久しぶりにお元気そうな姿を拝見。 奥さんとは、好きな時代小説作家の話しが通じうれしく、しばらく話し入ってしまいました。忙しいのに失礼しました。 
かど屋にて3 -20181215(土)
今は写真家である岡田さんともお会いしました。また、才女hさんとは、神戸での仕事をご一緒した際、三宮立ち飲み酒場放浪したことがなつかしい。 私はおでぶな上に髪の毛もなくなりましたが、彼女は変わらず光放っていた。 わたしにとって竜宮城のような、夢心地な、ステキなひとときをありがとう。
あいの風富山駅にて -20181215(土)

ほうびメシ -20181209(日)

春からの山宿仕事が今年も終わり、しばらくゆっくり、 
食べるのがスキなので、自分へのご褒美、うろちょろ食べ歩いてました、
と云うことで、外ほうびメシ、感想含め画で備忘録。

李白(りはく/射水市,旧大門町) 五目汁そば 880円(税込)
  味 …甘めで上品。 具も適度なシャキシャキ感残し、美味し!
        ・・・麺だけは細くて好みじゃない
  量 …麺、具共にボリュームあり  ※新宿食堂の10パーマイナス位。
  コスパ …上上。 黒部からでも月一通う価値ある名店。 
  ほか …これに限らず五目もの、あんかけもの、どれも美味いと思われる。
         以前は、今はもう跡形もない高岡駅前の古いビルの裏側一階にあり、知る人ぞ知る、と
         云った店舗だったが、現在は、旧道沿いとは云え人の流れ、多くの人の眼に触れるよう
         になった。 駐車場の確保もできており、入りやすい。 今の方が繁盛してると思う。
         中華料理屋にありがちな華美な店内装飾がない、と云うのも庶民の食堂ぽくていい。
李白、 五目汁そば 880円(税込) -20181201(土)1340
李白、 五目汁そば2 -20181201(土)1340


黄鶴楼(こうかくろう/入善町) 五目あんかけラーメン 972円(税込)
  味 …甘めで控えめながら完成度は高い。 
       具にもう少しシャキシャキ感ほしいところだが、一つ上の味には間違いない。
  量 …麺、具共に普通 (麺は太麺で好み)
  コスパ …中。日替わりランチは上。
  ほか …日替わりランチがリーズナブル。 昼の注文は過半数がそれかな。
         開店当初に比べ年年進化、おいしくなってる。
         オーナーシェフは同い歳だから、店ができて35年前後だと思う。
黄鶴楼、五目あんかけラーメン972円(税込) -20181207(金)
黄鶴楼、五目あんかけラーメン -20181207(金)


めん屋一丁(糸魚川市) ネギチャーシューメン・豚骨醤油味 900円(税込)
  味 …控えめながら品が良い。
        前回はも少しスープに透明感があった。 少々残念。
  量 …並盛,大盛,特盛、が同じ値段で選べる、、並盛だと糸魚川エリアにしてはやや少ない。
  コスパ …中上。 冬季、あっちの方からの山帰りに寄る店の選択肢の一つ。
  ほか …シャルマンスキー場に向かう途中にある割烹わたせ、あそこが出した店。
         麺(やわらかめ,かため)、味(薄め,濃いめ)、油(多め,少なめ)
         が選べるので、ベースから、ある程度好みの味に変化させることもカノー。 
めん屋一丁、ネギチャーシューメン900円(税込) -20181206(木)


八角(はちかく/黒部市) トンテキ定食 1,200円(税込)
  味 …肉のうま味とやさしいソースのハーモニーが考えられている。
        ・・・私は素な、と云うかニンニク効かせたのが好みですが、この上品さにはやられた(笑)
  量 …肉、見れば誰もが喜ぶボリューム、250㌘ほどと思われる。
        白飯が小中大と選べる上におかわり自由。 キャベツの量もハンパない多さ。
  コスパ …中上。※肉好きには上。私は近いので行き過ぎ要注意。
  ほか …二人用テーブルが7つなので、混みあう時間帯は待つこと要覚悟。
         殆どの人はスマホさわってる。 この日は息子娘と一緒だったが、
         わたし一人なら本でも持ってけば一時間は優に待てる、そう思いました。
         宮野山にあるこの店、年内は12/16(日)で営業が終了する、
         、、街中でほかに飲食店(ハナブサ)もやってる。 年末はそちらが忙しいからか。
トンテキ定食1 -20181208(土)
Df.八角トンテキ -20181208(土)
ポチると肉欲マックス、そそられキケン!(笑) 見た目肉肉ですが上品な味です。


いわた(黒部市) かつ丼 950円(税込)
  味 …普通の食堂の味、と云うのが似合う。藤沢周平「普通が一番」って感じ。新鮮さないのが新鮮。
      この日はつゆだく、とお願いし、青海大むら風にしょんだ味濃ゆめでいただきました。
      できる時だけでしょうが、こういった融通効くのもここならでは。ありがとうございました。
  量 …これまた普通、白メシの量も全体としても。ただ、ごろんとした大きなカツがすばらしい!
      分厚くデカいとんかつブロックが5つのっていた。
  コスパ …中上。※肉好きには上。
  ほか …昼間はガテン系ご用達の匂いがする。 4ナンバーのハイエースとかから、
       頭にタオル巻いた兄ちゃんおっさんらがやって来て、無言で待ち、黙って食べている。
       家庭料理の域を少し出た感が強い。そんな、飾り気も愛想もそこそこ、と云うのが私の好み。
       昼前に開けたら昼休みなしで夜までやっており、酒もいつでも出してくれる、と云うのもいい。
いわた、かつ丼 -20181209(日)
いつみてもすばらしいぶ厚さ
いわた、この厚さ -20181209(日)


飽食生活これでおわり。

雪に追われるように、娘の車のタイヤ交換を終え、
これでわが家は今家にいる者全員の車が雪タイヤになりました。
yokoのタイヤ替え -20181208(土)
12/9(日)朝起きると家の周り平地も一面雪景色だった(朝の積雪は1,2㌢程度)。

読了 「富山県警レスキュー最前線」 -20181203(月)

富山県警レスキュー最前線 -20181203(月)

編者 富山県警察山岳警備隊、取材構成 羽根田治 「富山県警レスキュー最前線」 読了。
救助活動に訓練の様子、思い出などが、隊員の文集、と云う形でまとめられている。

目次1 -20181203
目次2 -20181203

中堅以上の方は、現場以外では黙して多くを語らない、静かで温和、そのような方が多いのですが、彼らの現場での胸中を一部ですが見ることができました。 顔を思い浮かべながら読むのも楽しかったです。 また、内容は元より、隊員各位それぞれの文章文体がこれまた良かった。 国語算数理科社会、などなど、各自に得意分野があるように、理路整然淡淡としたものから文字踊る!これ文学作品じゃない!!と思わせるものまで多種多様。 ある者はやんちゃ坊主大胆な椎名誠の様に、またある者は静かに花や自然にそっと触れる如き藤沢周平の様に。すばらしい。改めて驚きました。 そういう意味では楽しめました。

好きで行った登山者を、税金使って捜索救助する、と云う事に異論反論はあるでしょうが、
彼らの使命感、思いには敬意を表したい。 それとやはり丸ちゃんの書いた文章も読みたかった。

長次郎 -20181203

前剱大岩下付近 -20181203

前剱転落事故現場 -20181203

剱岳周辺図 -20181203

山宿仕事終わる -20181130(金)

川側雨戸 -20181130(金)

今年も山宿仕事が終わりました、
ほっとすると同時に、今少しさみしい気もします。
また一年一年そうですが、関係者と家族、
そして健康でいられたことに感謝しなければいけない、そう思いました。

11/22、今シーズン最後の宿泊客夕食会場
1122の夕食会場 -20181130(金)

翌23日勤労感謝の日、泊まられた方方を見送りながら、
昼まで日帰り入浴の方を受付け、今シーズンの営業終了(毎年同じです)。
その後、休みを取りながらですが、一週間小屋閉め作業がつづきます。
本館 -20181130(金) 湯霧館 -20181130(金)

管理人をしてると、お風呂は衛生管理と温度管理の為に入る日日ですが、
この時ばかりは! ゆっくりゆっくり自分のために湯に身を沈めることができます。
内風呂 -20181130 内風呂2 -20181130
天女の湯 -20181130

今年は暖かいうえに連日雨にも降られずで作業捗いきました。 そして本日11/30下山。 
トンネル道1 -20181130(金) トンネル道2 -20181130(金)

   駅階段 -20181130(金)

黒薙川が黒部川と合流するところ
黒薙川黒部川出合い -20181130(金)
手前から、向こう左から右に流れる黒部川に合流します。

通勤トロッコ
通勤トロッコ -20181130(金)

無事宇奈月に下がる
宇奈月に下がる -20181130(金)

お偉いさん方交えみんなで昼食会
昼食会1 -20181130(金)
      昼食会2 -20181130(金)
       味,盛りつけ 共に品があり、器もステキ、おいしかったです(#^^#)

去年の様子
※写真の一部は、今月ではありますが今日のものではありません。


今日の昼メシ -20181128(水)

分厚いステーキ1 -20181128(水)

このところ肉に飢えている、いい歳して(笑)
体が肉を欲しているので、今日はガツン!といただきました。
安い肉ですが厚さ3センチ! 
、、、安いと云っても昨日火曜特売日だったらもっと安かったのかも、、、
まーそれは忘れるとして、焼き具合い上手くゆき、おいしかった。 
筋肉が喜んでいる。 山宿仕事ももうすぐ終わる。

分厚いステーキ2 -20181128(水)

読了 「博士の愛した数式」 -20181127(火)

博士の愛した数式1 -20181127(火)

読了 「博士の愛した数式」
時代もの 時時 山関係、というジャンルを手にすることがほとんどなので、
たまには毛色の違うものを、気分転換を、と読んでみました。 
(2003年発表、第一回本屋大賞受賞作品)

ある家政婦が、交通事故で記憶が80分しか続かない、
という頭(脳)になってしまった、元数学博士のところにやってきた。 
数字でしか殆どもの事を考えられない博士と周囲の人人。 江夏豊も登場。
家政婦とその息子、博士の義姉、四人の日常が描かれている。
いつしか家政婦には、博士に対し、愛情でも友情でも同情でもない、、、
数字数学を通しての憧憬の向こうに、慕情の様なものがめばえてゆく。 

数学好きな私にとっては、とても興味深く面白かったですし、
ちょっぴりせつないながら、なにかほんわかする内容でした。
人の幸せとはなんなのだろう、、、そんなことも少し考えた一冊でした。

博士の愛した数式2 -20181127(火) 博士の愛した数式3 -20181127(火)

博士の愛した数式4 -20181127(火) 博士の愛した数式5 -20181127(火)

博士の愛した数式6 -20181127(火)


以下、自分メモ
--------------------------------------------------------------------------------
  友愛数(双子数、親和数)
  完全数、、とりわけ28
  実数、虚数、複素数
  合成数、素数、、、巨大素数、双子素数、メルセンヌ素数
  素数定理、三角数
  回文、冷凍トイレ
  714と715
  フェルマーの最終定理、ピタゴラスの定理
  オイラーの公式等式、対数
  0、ギリシャ数学、インド数学
  アルティン予想
  あけぼの家政婦紹介組合
  √、 80分しか続かない持たない記憶
  メモたくさん貼り付けた背広
  4Bの鉛筆で博士が書く数字の形
  江夏のプレミアムカードとグローブ 


--------------------------------------------------------------------------------
おまけ 今日の昼メシ
丸亀製麺 牡蠣づくし玉子あんかけ(並)670円也
いつもながらのコシあるうどんに、牡蠣やや小粒ながら7こ入っておりおいしかったです。
牡蠣づくし玉子あんかけ -20181127(火)

読了 「黒部の山人」 -20181121(水)

黒部の山人 -20181121(水)

読了 「新編 黒部の山人 山賊鬼サとケモノたち」
以前読んだ伊藤正一氏の 「黒部の山賊」 の中に登場した、ボッカでガイドで遭難救助隊員であり、イワナ釣り師であり猟師である、足のめっぽう速い鬼窪善一郎さん、いわゆる黒部の山賊と云われた一人、が語るのをまとめた一冊。 鬼窪善一郎、大正三年七月生まれ、平成八年十月没、享年八十二歳。

イワナ釣りにしても熊やカモシカ撃ちにしても、頭っから効率やスマートさを求めるのではなく、歩いてると、そのノウハウは川が山が、つまり大自然が教えてくれる。 また、山と云うものは、楽しみ娯楽で入っていると良いとこだけに目がいきがちですが、仕事となると自分と家族が食べてゆくための原点現場。 生業となると違った風に映るものです。 そこは自然相手の戦いの場であり、喜怒哀楽が常に寄り添う。 そして鬼サには、山にのみ生きた者にしか見えない、奥深き神々しさ、そのようなものも見えたのだろうと思います。

さて、人類は今、狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会、に続く、5番目の新しい社会(ソサエティー5.0)に入ろうとしている。 大きな文明刷新がまた目の前に迫ってる現代にあって、人類の最も原始的、かって側にあった暮らしを生涯通した稀有なる山男の語ることに、山力、人間力を感じました。

黒部の山人2 -20181121(水) 黒部の山人3 -20181121(水)

黒部の山人4 -20181121(水)

黒部の山人5 -20181121(水)

黒部の山人6 -20181121(水) 黒部の山人7 -20181121(水)

黒部の山人8 -20181121(水)

黒部の山人9 -20181121(水) 黒部の山人10 -20181121(水)

今日の昼メシ -20181116(金)

ブラックチャンポンめんちゃーしゅーどっさりのせ -20181116(金)

今日の昼メシ、
イトメン ブラックチャンポンめん チャーシューどっさりのせ
麺はこれ元元やーらかいので一分半程度しか茹でません、
食べる頃ちょうどいい塩梅になります。
今日はいつもより上質なチャーシューをたーっぷり投下、
味はもちろん、その食感、とろみとろり感ほどよく、んまかったです(^^♪
そしてやはり! ブラックらーめんには黒胡椒が似合います。

この頃の家メシ昼は麺類が多いです。 元元の麺好きもありますが、
山宿稼業では落ちついて食事とることができないので、
まかないで、麺類を食べることは全くありません、
(スタッフ昼は順順交代で食べますし、
朝夕は食べててもお客さんのおさんどん、あれこれ呼ばれるからです)。
その反動あり、寒くなってきた事もあり。 どちらにしても、体に悪そうなものはうまい。

天気がいいので夕方散歩に出ました。 
母校荻生小学校とゴタテの山並み。 中央右、白く見えるのが雪倉岳
母校、ゴタテ -20181116(金)


今日の昼メシ -20181112(月)

つゆ焼きそば1 -20181112(月)

今日の昼メシ、つゆ焼きそば。 いつだったか北関東の食堂で紹介されてたmenu、 
秘密のケンミンSHOW!で、青森の黒石が発祥、ということで最近やってました。
で、久しぶりに作ってみました。 ソース焼きそばに蕎麦つゆを投下、のち天かすとネギのせのせ。
食欲そそるソースの香り、妙にうまかった。 当地にはさまざまなバージョンがあると云っていた、
あれこれ自分流にアレンジ、トライしてみる価値あるひと品だと思いました。

つゆ焼きそば2 -20181112(月)


小佐波御前山 -20181111(日)

小佐波御前山に出かけました、
登り、好きな舟倉用水ルート。 下りはポピュラールート。

山寺部落跡
山寺部落跡 -20181111(日)

小佐波御前山にて
北陸の貴重なハレ日。 次から次に登って来られました。
小佐波御前山にて -20181111(日)

里山の紅葉もステキでした。
おざなみ紅葉 -20181111(日)

獅子ヶ鼻にて
獅子ヶ鼻にて -20181111(日)

久しぶりにポッカポカおひさまの下、たっぷり日向ぼっこでき、山の空気すい込み、
ちょっと耳よりな情報もあり 気持ち晴れ晴れ いい山歩き、いい休日になりました。